main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



波の高い位置で



ここのところ2週連続で週末は波が上がっていたのですが、サーフィン検定当日にかぎってサイズダウン。 春に続き小波中止になってしまいました。 また、来年の春に挑戦します。

そんな小波だった次の週末です。 先々週の夕闇ロングライド以来、なにか一皮むけた気になっています。 今日もあんな感じに乗れたら、実力だと思っていいのではないでしょうか。

波は胸から肩のスケパー前です。 トロ速いので、なかなかぬけきることはできず、ロングライドに至らない中にそのときがやってきたのです。

グーフィーです。 トロい波に無理矢理乗り込むようにテイクオフ。 いつもだったら左斜め下に、グワーと滑り降りていくのですが、このときはすぐに軽いワンターンを入れて、高さをキープしました。 波はぼくのすぐ左側でブレイクを始めています。

ボードを少し波の下に向けて速度を獲得し、また波の上の方に引き戻します。 それを3回ほど。 

これだ! 

この波の高い位置でのアップスンダウンスがやりたかったのです。 なんかレールも入っている気がします。 スピードもかなり出ています(本人比)

と思うまもなく、すぐ先にロングがテイクオフ。 わおー(泣)とワイプアウト。 とはいえ、ぼく史上最高のグーフィーライドだったことはまちがいない(^-^)


他のサーファーブログはこちら







久しぶりの海



2015/9/19
スケパー前
肩〜頭

「ずいぶん体調わるそうですね」
夜間作業の待ち合わせ場所で、マスクをしてコンコン咳き込むぼくを見て、お客さんがそう言いました。

「前回の夜勤の時、風邪引いてたじゃないですか あれ以来咳がとまらないんですよ(泣)」
「あれは8月の末でしたよねぇ」

風邪をひいても熱が出ることがないぼくですが、咳が長引く傾向にあります。 それにしてももうじき1ヵ月。 いいかげん治ってほしいものです。 この咳のおかげで、もう1ヵ月近く海に入っていません。 最後に入ったのは、前述の夜勤明けに体調わるいのを押して入った日です。 そのせいで体調不良が長引いているのかもしれません。

この日の夜勤はあっさり終わり、家に戻れたのは夜中の3時半ぐらい。 6月頃ならそのまま海へ、とも考えられますが、日の出もすっかり遅くなって、4時ではまっくらです。 2時間ほど眠りましょう。


目が覚めたのは6時でした。 ごそごそ起き出して用意を始めます。 久しぶり過ぎて何を着ていけばいいのかわかりません。 寒いと萎えるのでジャーフルを着ていくことにしました。

海につくと大きな波が割れていました。 肩から頭はあります。 すいていそうなスケパー前に向かいます。


久しぶりの海です。 夏と比べると、ほんのすこし冷たくなった海水を、確かめるようにゆっくりとパドルしていきます。 

ボッキュンボンで遊ばせて〜♪

夏の間流れていた、スパイシーマドンナはもう聴こえてきません。 夏はもう終わってしまったのです。


そんな感傷にひたりながら、きたるべき来月のサーフィン検定にむけてテイクオフを重ねます。 今日のテーマは「縮んで伸びる」です。 とにかく波を上下しなくてはなにも始まりません。

波を上下するには、今日の速い波はなかなかきびしいです。 それでも何度か繰り返しているうちに、なんとかフェイスに戻れました。 

「今のは最近1ヵ月でいちばんのすべりだ!」

そりゃそうです。 1ヵ月ぶりなんですから。




他のサーファーブログはこちら







笑顔



2015/7/3
鵠沼 スケパー前



平日のお休み。 トロ速いという波情報に、あまり気が乗らないながらも朝飯前に海へ。 引地川から海へ出ると、銅像前はけっこうな人出な上に、ダンパー気味。 スケパー前を見ると、人は少ないし波もキレてなくはない感じです。 よし、今日はスケパー前に行きましょう!


うまそうな人たちが入っている、河口の脇の次のピークあたりにエントリー。 このあたりは10m〜15mに一人ぐらいという人口密度です。

波は基本的にワイドですが、川の向こう側から観察したときに見えた、キレる波もときどき入ってきます。 サイドカレントが辻堂方向にあるので、場所をキープするのに、ひんぱんにパドルをする必要があります。


何度もテイクオフするのですが、そのほとんどが波を抜け切れずにつかまってしまいます。 思い返せば、「ロングライド」という言葉は、はるか昔に体験したできごとのようです。 ショートライドを終えては、「次こそ!」と沖へ戻ります。


ときおり強く降る雨にたたかれた海面は、海面のざわざわ感が消えて、いい波に見えてきます。 


時計を忘れてしまったので時間がわかりませんが、感触としてはすでに2時間半は経っている気がします。 脇の下がすれてきて痛くなってきました。 そろそろ帰った方がよい気がします。

でも、パッとしたライディングがないまま、このまま帰るのは・・・ けれども今いるここは、波の割れ具合がかなり悪くなってきました。 潮が満ちてきたのでしょう、たぷたぷしています。

とにかくここは離れよう。 そう決断して、浜に上がります。 


このまま帰る決断はつかず、うまそうな人が群れている河口横のピークのいちばんはじっこに再エントリーです。 とにかくじゃまにならないことだけを意識してポジショニング。 時々ショートライド。

じゃましないように気をつけていたのに、あっさり前乗りされてしまいました。 二人してワイプアウト。 浮かんできた、前乗りした坂口憲二似のイケメンさんが申し訳なさそうに謝ってきました。 いえいえお気になさらずに。 手をあげて応えます。 このとき笑顔になれるのがぼくのテーマです。



近くに波待ちしている、遠目にいかつい感じだったお兄さんに時間をきくと、すでに10時。 そう答えてくれた時の笑顔はとても優しいものでした。

しかしそのすぐ後です。 そのお兄さんと同じ波にトライ。 ちょうど分かれ目だったので、左右に散るかなぁと思いながら気にせずテイクオフ。 しかし失敗。 波にもまれながら、ちらっと左を見ると、お兄さんがこちらにライディングしてくる映像が・・・ やっちゃったぁ

もまれた波からはいあがってみると、やはりお兄さんが近くにいました。 ごめんなさいとあやまると、右手をあげていい笑顔。 それだ、それだよその笑顔。 あなたはぼくの理想です。


  

他のサーファーブログはこちら







オフザリップ!?



2015/4/29
鵠沼 スケパー前~銅像前
はれ
腰 ひざ
セミドライ

2年使うボードということで購入した2枚のボード。 ニューフライヤー2とパワークエストですが、当初パワークエストは難しく感じ、ニューフライヤー2に比べてドルフィンが楽なので、「大波用」と位置づけていました。 

ところが、ちょっと使ってみると、パワークエストはテイクオフが速いことに気づいたのです。 板は薄いですが、テールの幅があるからでしょうか。 そういえば、5'10タブレットと比べて、遜色ない幅がありました。

そうなると使う機会も増え、使う機会も増えればボードにも慣れ、そもそもタブレットからのプレセボ使い(たいした使い手ではないが)ということもあり、すっかりパワークエストしか使わなくなっていました。

ゴールデンウィークも近づいた4月のある日、NSAのHPでサーフィン検定のスケジュールを見ていて気づいたのです。 今度の日曜日に静波でサーフィン検定があるよ・・・

去年の秋のサーフィン検定4級に失格し、今年の春は小波で中止。 当初の計画では今年の秋には3級を合格するはずだったのに、このままでは完全に1年遅れとなってしまいます。 静波に行けば、それを回避できるかもしれません。

ということで、久しぶりにニューフライヤー2を試してみたのです。 すると、今や使いなれたパワークエストより、細かなターンができる感じです。 はたから見たらどうみえるかわかりませんが、本人はリップからノーズが出たトップターンができています。

なんちゃってオフザリップ・・・


そんな練習を重ねてはみましたが、残念ながら静波のサーフィン検定の日も波は小さく、やはり4級受験は秋へと持ち越しとなりました。


 

他のサーファーブログはこちら







沖縄の海 湘南の海



2015/4/15
鵠沼 スケパー前
晴れ
もも腰
セミドライ

沖縄に行ってきました!(^o^)/

といっても、なんちゃら旅行なのでノーサーフでしたけどね。 その代わりと言ってはなんですが、青の洞窟でスキューバダイビングをしてきました。 初めて入る沖縄の海。 マスクを装着した顔を海中に沈めてびっくり! 

「魚が!」 「おいしそうな魚が!」

「なんという透明な水!」 「飲める!(いや飲めません)」

すばらしい体験でしたが、正直怖かったです。 やっぱり海面にいる方がいいですね。 またやりたいとは思っていますが。


さて沖縄から帰ってきた翌日。 旅行疲れを癒すために、もう一日休みをとっていたので朝から海へ。 ひざももでトロいとの情報を受けてファンボです。

強めのオンショアが吹く平日とあって、人は少な目です。 無人のスケパー前へエントリー。

いやあ、砂が黒い。 沖縄は白かったなぁ・・・

水がきたねぇなぁ 昨日結構雨ふったもんなぁ

ひざももって情報じゃなかったっけ? 腰ぐらいのがばんばんきます。 ファンボじゃなくてよかったじゃん。

とはいえ、1か月近く続く右腕の痛みを考えれば、ファンボでらくらくテイクオフが正解かもしれません。

オンショアでまとまりがない掘れた波を、おそいかかる白い泡から逃げるように斜めにボードを滑らせます。 そしてつかの間のグライド。 まあ今日の波ならこんなもんで満足。

空は蒼く、雲は見えず。 平日だからか波が悪いからだか、近くには若い女の子のショートボーダーが一人だけ。 ボードにまたがって次の波を待っていると、

「ああ 湘南の海は最高だぁ」

って思うのでした。

他のサーファーブログはこちら







<< | 2/4PAGES | >>