main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

2年使うボード選び その2



「うわっ こんなに浮力あるのかよ! 2年間これでがまんしなければいけないのか・・・?」
天気のよい平日の朝、足がしびれるほど水の冷たい引地川河口でぼくは途方にくれていたのでした。


新しく手に入れたニューフライヤーは、とてつもない浮力の持ち主だったのです。 それは同じ長さのタブレットと変わらないぐらいです。 タブレットよりちょっと浮力のないボードが望みだったので、大失敗と言わざるをえません。

サーフボードって高い買い物なのに、試乗できないのはおかしい!

途方にくれながら初テイクオフ。 2度アップダウンすると一気にくずれそうになったのでプルアウト。 うわお 乗りやすい♪ これなら4級あっさり合格だ(^-^) なんだかめちゃめちゃコントローラブルな板です。 複雑な心境で初乗りを終えました。


その日の夕方

風は強いオンショアに変わり、腹胸ぐらいですが力強く数多い波が打ち寄せています。 ためらいつつも銅像前に入ります。

ドルフィンきびしい・・・

沈まんぞぉ

時おり、スパッと持っていかれたりもします

こりゃダメだ・・・

すっかりブルーになって、すごすごと家に帰るのでした。



さあどうしよう?

1日考えて出した答えは放出でした。 残念でなりませんが、このボードを2年使い続けることはできません。 タブレットと同時にヤフオクに出品です! 

そして、2年使うボードをどうするかを考えます。 体積だけじゃあわからないことは、ニューフライヤーで実証済みです。 

(-_-;)


翌朝、そんな悩みとは裏腹に、タブレットは即決で落札されていきました(^-^) それを受けてふんぎりがついたあのです。 次のボードは、パワークエストの5'8です。 以前からブックオフにあって、気になっていたのですが、5'8というサイズが中級の推奨サイズだったので、決めかねていました(そもそもパワークエストは中級以上向けですが)。

ですが、きっとぼくが納得できる浮力は、これぐらいのサイズに違いありません。 体積もニューフライヤーの5'8と同じぐらいです。 つまりきっと、ちょうどいいはず(だから体積はあてにならないってば)。 とにかく店に行って、ボードを持ってみよう。 持ってみればどれぐらいの浮力感かわかるぐらいの経験は積みました。



「うん微妙(-_-;)」

パワークエスト5’8を持ってみると、ぼくが求めている理想より、ほんの少し頼りなげです。

だがしかし 完全ではないながらも正解に近い(!)  これでいってみよう! 


こうしてパワークエストがわが家にやってきました。 嫁ぎ先が決まったタブレットと比べてみます。 ほどよくボリュームダウンした感じです。 こうしてみると、正解感が増していきます。 早く乗りたいなぁ(^-^)


その夜、入札される気配すら感じられないニューフライヤーに、おどろくべき問い合わせが来たのです。

「ぼくのニューフライヤー5'8と、交換してくれませんか?」

つづく 

 




他のサーファーブログはこちら







2年使うボード選び その1

タブレットの後釜にすわる、もう少し浮力の小さなボードをさがして失敗をし、もうこんな失敗をしたくない、これから2年間使えるボードを探そうと、12月の中旬にムラサキスポーツに相談に行くことしました。 

なんでムラスポかと言うと、ほしい板がプレセボだったからです。 ラブサーフは会社からすごく近いので、そちらにいくというてもあったのですが、型落ちが安くなっているムラスポへと足が向かったのです。

ムラスポについてプレセボ売り場を物色。 うんうん。 さて話を聴こうかとカウンターへ向かうと、その前にアルメリック売り場にエポキシボードが。 

「おっ ニューフライヤーじゃん」

実はこれも前から気になっていたボードです。 モノクロームなカラーリングが、スポンサーのついていないレーサーっぽくていい感じです(おいおいまたデザインか)

店員さんに、ニューフライヤーだったらどのサイズがあうのかきいてみます。 自分の使っているボードとサイズ、身長体重、そしてスキルをきかれました。

「波がよければアップスンまでもちこめます」

きっとこんな自分評をする初級者、たくさんいるんだろうなぁ と自嘲しながら答えます。

「お客さんとぼくはほとんど同じ体重ですね。 ぼくは5'6使ってるんですけどぉ」

「それはあなたがうまいからでしょ?」

「いやまあ いやらしい言い方しちゃうと、そうなんですけどぉ(笑)」

なんてやりとりの中、すすめられたのは5'10でした。 タブレットが33Lぐらいなので、5'10で十分に落としているとのこと。 5'8だと落としすぎが懸念されるそうです。

ニューフライヤー5'10を手に取ります。 ワイドはタブレットよりあります。 スカッシュのテールに向けて、きゅっと細くなっています。 ひっくり返すとボトムはシングルーダブルコンケイブからのVEEです。 テールには5つのヒューチャーフィンボックスがあります。 見てる分には、100点満点なボードです。

「ほんとはプレセボがほしいと思っているんだけど、プレセボならなにがおすすめですか?」

ときくと、すすめてきたのはリップクエストとV3ロケットでした。 リップクエストはスワローテールなので恋愛対象ではありません。 V3ロケットはプレセボ内では、とても気になるボードです。 いちばん気になっていた、売れ残りパワークエスト5’8はすすめられませんでした。

やっぱりV3ロケットかぁ。 でもニューフライヤーもよかったなぁ。 プレセボ高いしなぁ。

検討してみることと、お礼を告げて店をあとにしました。 



悩んで悩んで年が明け、なんとなくムラスポのホームページを見ると、正月セールでボードが10%オフ! なんと今日が最終日! これは行くしかない。 待ってろニューフライヤー!

こうして、アルメリック ニューフライヤーのサーフテック版が、我が家にやって来たのでした。

つづく



他のサーファーブログはこちら







さよならネズミちゃん



衝動買いじゃない!

なぜなら、いちにち考えたから。 

「買っちゃおっかなぁ 買っちゃおっかなぁ」


買っちゃったぁ(o^o^o)


買ったのはM10のラットボーイというボードです。 ファイヤーフレアーがテールからメラメラっと出ています。 かっこいい・・・ もう初めて見たとき、「これだ!」って思いました。 やっぱ見てて、にんまりしてくるデザインのボードがいいじゃないですか?

5'10として売られていましたが、並んでる中でひとつだけ半インチほど飛び出ていました。 実測すると、四捨五入して5'11です(笑) 幅は18 3/4ぐらい。 厚さは2インチほどしかありません。 ぺらっぺらです。

このぺらぺら感がたまんないんですが、かなりな不安要素。 浮力足りないんじゃないのかなぁ? でもサーフテックのボードはポリボードより浮力あるとか言うし・・・

欲しいのは、最近買ったノーブランドのポリボードより、ちょいと浮力があるエポキシボードです。 全体的なフォルム、サイズはほぼ同じ。 この薄さは・・・? 浮力はサーフテックの浮力増を信じよう!

こうして、ボードをレジに持っていったのでした^^


さて、ボードを手に入れたら、即海へ行きたいところですが、なんだか風邪らしきものをひいてしまい、肺が苦しくてなりません。 月曜日には波があがる情報を得て、週末から薬漬けで治癒を目指したのでした。


月曜日


体調の不良は、完全には治っていませんでした。 しかし波もありません。 NSAの波情報をスマホでチェックするとひざセットももです。 波があがるまで、家でじっとしていましょう。

昼に、昨夜ユニオンで買ってきたインスタントのカレーうどんを食べたあと、波チェックに出てみました。 うんうん 銅像前は、もも腰ありそう。 

「よ〜し そろそろ行ってみるか」

家に戻り準備をします。 まだ全然不調なのでセミドライを着こんで自転車にラットボーイを積んで、目指すは銅像前です。

銅像前では、ピークに集中して30人ぐらいがプカプカしていました。 その集団の左側、少し離れたところで体の具合を相談しながら、のんびりやっていこうと思います。 海に入ります。 水はまだまだ冷たくありません。 元気ならまだ3ミリジャーフルでしょう。

一人だけ集団から離れているおじさんの、さらに左に到着しました。 よいこらしょとボードにまたがってびっくり! 体がずいぶん沈んでいます。 海面が脇の下に触れんばかりじゃありませんか。

「これは・・・ いくらなんでも沈みすぎではないのか?」

ここまで沈んでいる人は、なかなかいません。 こんなんでテイクオフまでもっていけるのか? 心配になってきました。

波は厚く、そこそこのうねりがきていますが、割れるまでにはいきません。 ここはだめみたいです。 少しずつ銅像前の集団に近づいていきます。

パドルしてる感じは、それほど浮力が足りないとは思えません。 ノーブランドボードよりちょいと浮かない感じです。 ノーブランドボードより、もう少し浮くボードを探していたのに、逆をいってしまったようです。

集団のはじっこあたりにまぎれて、乳首まで海につかりながら波を待ちます。 「これは失敗だったなぁ でもなんとかなんねぇかなぁ」 いろいろ考えます。

30分後


「これはだめだ!」

やはりこの板では安定したテイクオフはのぞめないようです。 うまく立てたのは1度だけ。 あとは、うまく波に合わせることすらできませんでした。

「即、放出だな・・・」

波乗りを始めて2年とちょっと。 今まで9枚のボードを手にしてきましたが、最速さよならです。 かっこよかったんだけどなぁ



他のサーファーブログはこちら







さよなら人魚ちゃん



セールに出していたセミロングの人魚ちゃんを、藤沢のボード屋さんに買い取ってもらいました。 USED SURFさんです。

販売しているのはロングボードがメインなので、ショートボーダーには、おもしろくもなんともありませんが、きれいなボードを眺めるのも楽しいものです。 

買取り価格ですが、1箇所リペアの必要があり、その分をマックスの査定からひいた額になりました。 たぶんブックオフとかより高いのではないかなと(希望も含み)。 人魚ちゃん、新しいご主人にはかわいがってもらうんだぞぉ。


話はかわって、おニューのショートボードですが、あまりの見た目のチープさ払拭するために、フィンを変えてみました。 FRP製で色は赤です。 タブレットで使っているサイモンアンダーソンのフィンによく似た感じですが、価格は半分程度のお値打ち品です。 

サイモンアンダーソンのクワッドフィン


今回買ったのはこちら スナイプフィンのハニカムコア




始めた頃は、「フィンなんてどうでもいいじゃん」って思っていましたが、フィンって結構ルックス的には重要ですよね? 海に入っているときには、ひっくり返らない限り見えないんですけど(笑)



フィンの交換ともうひとつやったのが、デッキパッドのカラーリングです。 用意したのはこれ。



黒いマッキー1本です。 こいつで、波のしぶきというか、流れというかを表現してみました。 なんて、ほとんどタブレットに貼ってある、DAKINEのデッキパッドのぱくりなんですけど(^_^;)





これは、足の裏が黒くならないか、じゃっかん不安でしたが、じゃっかん黒くなりました。 でもまあ、そのうち完全乾燥すれば大丈夫なのではないでしょうか。 だってキャップのなくなったマッキーは、すぐにかけなくなるでしょ(笑)



ああ それにしても波が上がらないですねぇ・・・

他のサーファーブログはこちら







初心者向けショートボード売ります

当ブログで何度も紹介しております、Bill Johnsonsのショートボードを、売りに出します。 半年前に中古で買ったもので、大きな傷はなくきれいです(主観)。 スペックは、6'5×19 3/4×2 15/16です。 ヒューチャーのクワッドフィンです。





◆このボードの良いところ
長く・厚く・広いので、浮力が大きいです。 テイクオフが早いので、練習は数が命と思っておられる方、パドル力のまだ小さな初心者の方におすすめです。 割れにくい波や、サーファーが多い場所で、一歩先に波をとれます。

エポキシなので頑丈です。 サーフボードの扱いに慣れていなくても、ぶつけて壊してしまうことも少ないでしょう。



◆このボードの悪いところ
ぼくは63キロなのですが、完全にオーバーフロートでした。 ドルフィンがかなりきびしく、波数が多いとゲッティングアウトに苦労します。 適正体重がどれぐらいかはわかりませんが、初心者でも、あと10キロは重くても大丈夫だと思います。


価格は35,000円で、鵠沼周辺での手渡しのみさせていただきます。 現物を見たい方は、都合があうかぎり対応します。

商談は、連絡の先着順とさせていただきます。 メールで連絡ください。 アドレスは
kiryu☆46surf. com
(上の☆をアットマークに代えてください)です。

本文に名前と連絡先をお忘れず。 

お買い上げ決定もしくは売り出し終了は、このページにて報告いたします。


214/7/5 おかげさまで、本日お買い上げいただきました。 ブログを読んで連絡くださったYさんならびに、ブログへの応援の言葉をくださったYさんのお友達様、ありがとうございました!



他のサーファーブログはこちら







<< | 2/5PAGES | >>