main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

ひどい雨は優しい雨


朝から降り始めた雨が次第に強さを増してきました。 風も吹いています。 波予測だと夕方から明日の午前中まで、かなり波があがるようです。

現在、都心の地下施設の工事現場に入っています。 午後3時、休憩に地上に上がってきた仲間が、作業場所に雨水が入りこんできてひどいと言っています。

みんなが地下に戻っていってほどなく、様子を見にぼくも地下へ向かいました。 地下への入口は、床に大きくあいた開口を単管パイプで仮の屋根をつくり、そこから足場を使って降りていきます。

仮の屋根には水が溜まり、そこから水道の蛇口をひねったように水が流れ出ています。 資材を下ろすための開口からも、地上に溜まった水がどんどん流れ込み、下へ垂れています。 ダダ漏れです。

地下2階では別の業者が作業していました。 そこにも雨水は垂れてきています。 小さな滝の裏にまわったようです。 滝の裏で働いている図は申し訳ありませんが滑稽です。

地下3階まで降りると仲間が作業していました。 でもそれは本来の作業ではなく、溜まった雨水を集めて処理をするものでした。 この階は上の階ほど滝の裏感はありませんが、すべてのものが濡れています。 高価な電動工具までもです。

「休憩から戻ってきたら、くるぶしまで水が溜まってましたよ」

自嘲気味に話す仲間。 それから考えればだいぶ水は減っていますが、普通に作業できる状態ではありません。

「こんなところで いい仕事はできないよ」

「そうだね 今日はもう上がろう」

いつもより1時間早く現場を出ると、会社に戻ってきたのはちょうど5時を知らせるチャイムがなっている時でした。 今日は早く帰れるじゃん( ̄▽ ̄)ニヤリッ

波情報をチェックすると、湘洋中前は「ジャンクでほぼクローズ」となっています。 ですが、えのすい前はセット肩で、数名入っているようです。 ようしこれは久々のえのすい前だな!

いそいそと会社を出て駅に向かいます。 今は梅雨なのでバイクではなく電車通勤です。 風はまだ強く吹いていますが雨はもうやんでいます。

電車に揺られながら、ツイッターで呟きます。

そのつぶやきに応えてくれたかのように、フォローしあっているももさんから 動画つきのツイートが。

う〜む やめておくか

明日の朝に入ることにしました。 おそらく頭は残るでしょうから、今年初のパワークエストの出番です。 古いワックスをはがして塗り直しました。

翌朝です。 4時です。 スマホのアラームに起こされるも、眠くてたまりません。 もう1回寝てしまおうか そんな気持ちが11割方で波情報をチェックします。

肩セット頭

すくっと立ち上がります。

海です。 でかい波が押し寄せています。 人はまだ100mに1人ぐらいです。 どこへ入るか波を見ながらストレッチをします。 どこでも同じかなぁ とにかく沖に出やすいところから入ろう。 潮の流れを観ながら海に入ります。

沖へはなんなく出ることができたのですが、まったくテイクオフできません。 大きくても厚くて割れないか、割れる時は急激に掘れあがって割るので危なっかしくて近づけません。 そんなのに翻弄されていると、自分のいる場所より沖で割れたりしています。

出勤前なので時間がありません。 50分で立てたのはたったの2回。 しかもどちらもほんの一瞬のできごとでした。

その日の夕方です。 波情報をチェックすると、まだセットで肩ぐらいは残っている様子です。 そそくさと家に帰ります。

「海行くの?」

普段より早く帰ってきたぼくに嫁が声をかけます。 察しがいい。

「うん 行ってくる」

自転車を押しながら国道を横断して防砂林の間から見えてきた海を見てつぶやきました。

「波ないじゃん…」

セット肩どころか、やっと腰です。 せめてブルアントならよかったのに、持ってきたのは朝と同じくパワークエストです。 

だらだらっとラインアップしている人たちの大きなスキマに入り込みます。 ボードの上で腹ばいになって見る波は、浜から見るより大きく見えて、少しだけ残念感が薄まります。

ところがいくつも押し寄せるこの小波たちは案外遊べて、人が少ないのもあいまって何度も何度も乗ることができます。 たいていゴニョゴニョしつつも結局まっすぐ進んでいるだけなのですが、ときには横にも進めます。

そんな中わかったこと。 小波でも案外パワークエスト楽しいじゃん! ってことです。

朝は50分で2回。 夕方は25分で10回以上。 赤い夕日に包まれながら満足気分で家に帰るのでした。




他のサーファーブログはこちら







クリスマスイブ



湘洋中­前
腹­ セット胸
晴れ オフショア
セミドライ


しまった…


朝です。 昨日まで続いた強い南風がやみ、今日からは北風に変わります。


案の定、波情報サイトをチェックしてみると、腰〜腹 セット胸 フェイスOKとなっています。 なのになぜしまったなのか?


気持ち悪い…


昨夜、会社の忘年会があり、うかつにも記憶を失うほど呑んでしまったのです。 どうやって帰ってきたのかもわかりません。 無事に帰ってこれたことが奇跡です。 


まあよくある事ですが。


気持ち悪さをおさえつつ海に到着すると、待っていたのは少々厚めですが、しっかりショルダーの張った波と雪をかぶった富士山でした。 水は? それほど冷たくありません。


キモイ ッキモイ


ファーストゲットなのに休み休みパドルする体たらくです。


今日はニューフライヤーを持ってきました。 このニューフライヤーを買う時、これから2年は新しいボードは買わないと心に決めて買いました。 同時にパワークエストを買ったのですが(笑)


あれから2年がたとうとしています。 実は最近、この年になって、いつまでもショートでがんばるのもそろそろやめようかなぁと思ったりしています。 きっかけは体操の内村選手のお母さんでした。


彼女は50歳を超えた今、体操選手として現役復帰したことを、彼女のドキュメンタリー番組でやっていました。 若い頃から毎日かかさずトレーニングしているそうです。 その試合映像を見たのですが、ロンダートからのバク転にすごさを感じることはできませんでした。 


もちろんこの年齢でここまでやるというのはすごいことです。 しかもどの程度の試合だったのかはわかりませんが優勝していました。 それでも思うのは、「言うてもこんなものか」ということです。


つまり、1週間に1回海に入るか入らないかのぼく程度が、リップをキメたりエアをやるのは、とうていかなわないものなのではないかと思うのです。


ではどうするのか? 2年もたつことだし、やさしいボードを買おうよ。 てことになるのですが、そうなると手持ちの1枚は放出が順当。 そうなるとキャラ的にあいまいなニューフライヤーが候補にあがって、まあ今日は言ってみれば最後のお別れってやつです。


2〜3本乗ったところで、沖へ戻るセミロングのお兄さんに進路をはばまれ波から一度離脱。 再度戻るもすでにおいしいところを離れてしまったのでそこまで。 するとお兄さんは手を挙げ頭を下げて笑顔で


「ごめんなさい! じゃましちゃいました」


ぼくも笑顔で手を挙げます。 こんな気持ちのいいに、なにをされたって全然平気。 早く沖に戻って波を待とうぜ。


その後もそのお兄さんは、そんなとこ全然関係ないよってところからでも、謝ってくること数回。 周りの人たちとの会話を聴いてるとあきらかにこの場所の常連さん。 ただでさえ青い空と冷たい空気で爽やかなこの海を、さらに爽やかにしていくお兄さん。 あなたはすばらしい。




レギュラーにテイクオフ。 じゃっかん遅れ気味。 波の下で小さなアップスンで推進力をかせぐ。 今日はずいぶん軸足の動きを自覚しながら乗れている。 デッキパッドのどこに足を置いているのかもわかっている。 


波に追いついたのか、それとも波がまっていてくれたのか、上下する斜面にひろがりが出てくる。 意識してボトムターン。 からのトップターン。 おぉ いつもは下手くそなレギュラーのトップターンが、それっぽく決まった気がする。


そのままゆるゆるアップダウン。 このあたりでプルアウトの練習が頭によぎるも、そのままライディングを続行! 徐々に掘れあがってきた波に、ボトムでしゃがんで飛び上がるようにトップそして飛び降りるようにボトムへと動くと、バッ バッ とボードが海面を叩く音が響きます。


ほどなくブレイクしてきた波に足をとられるようにワイプアウト。 ロングライドの満足感に、ヤッホーと声をあげながら海面にたおれこみました。


うまくいかないこともあります。 悪いくせとも言えるのですが、実はリズム感がなかったりしてとも思える、ボトムでひざを伸びきらせてしまうことです。 おっとっとと、しきり直して次のボトムでしゃがむのですが、波につかまり勝ちになってしまいます。


二日酔いの中、ずいぶん楽しみました。 もう2時間が過ぎています。 そろそろ帰りましょう。 


グーフィーにテイクオフしました。 ボトムでしゃがんで、伸びあがってボードを波の上に引き上げます。 それを数回。 軽くリップっぽいのをかまして、くずれかけたバランスを修正しながら、さらにアップダウン。


なんとなく浜辺にいる人の視線を感じるところまでやってきました。 俺はやってるぜって感じで、もう1回リップっぽいのをいっぱつ。


海面があわあわになってきました。 だいぶインサイドまできちゃったけど、浅くねえかな? 大丈夫か? と思った瞬間、前足を滑らせてそのまま転落。


う〜ん このボードは手放せねぇ



他のサーファーブログはこちら







つかの間のサイズアップ



連休です。 あいかわらずのリフォーム生活です。 波はオンショアを受けて上がるはずでしたが風はふかず、静かな午後を迎えています。 

ああ 今日は一日床張りか・・・

あきらめて作業していたのですが、3時に波情報をチェックしてみると、いつのまにか胸まで上がっています。 しかもオフショアではありませんか。

「海にいかなくちゃ!」

作業をほっぽりなげて海へ向かいます。

今日は試しに一直線に海を目指してみました。 国道を車の切れ目を縫って横断。 早い早い♪


海にはずいぶん人が入っています。 波は確かに胸ぐらい。 基本ワイドです。 でもきれるのもあるかも。 そんな感じです。

はじめの一本は、いつだって元気にゲッティングアウト。 波を待ちます。

さてここから1時間ほど入っていたのですが、良さそうな波はたくさん入ってくるもまったくいいところがなく、ただただ茅ヶ崎方向のサイドカレントに流されるだけ。 たまにちょこっと乗れるのが決まってグーフィーなものだから、流れに輪をかけて左へ左へと移動していきます。

あっ サーファー通りじゃん

あっ 辻堂海浜公園の駐車場越えた川じゃん

もはや漂流

5時になって暗くなってきたので上がることにしました。 こんな日は無理は禁物です。 それにしてもずいぶん流されたもんだ。 走って帰ろう。 砂浜をボードを抱えて走ります。

こりゃいいね 海から上がっても運動だ。 肥大化してきた下腹部の脂肪を燃焼させるにはちょうどいい。

そうは言っても走り続けられるほどタフガイではなく、とぼとぼ歩いて入水した地点へ向かいます。 ですがいくら歩いても知ってる場所が出てきません。 

まっくらの中、同じように江の島方向へ歩くサーファーがいます。 あなたも流されのですか? お先に失礼しますよ。 大股で抜いていきます。

江の島がようやくいつもの大きさ感を取り戻してきたのでもうすぐだろうと、波打ち際を離れて遊歩道側へ移動します。 冷えた砂に裸足がこたえます。

防砂林の切れ目から外界を観察するも、まだ元の場所に戻れていませんでした。 そもそも松波地下道がまだ相当遠くに見えます。

これはまいった・・・

冷たく冷えきった足が悲鳴をあげる前に波打ち際に戻ります。 ああ 海の水は温かきかな

歩き始めて30分にもなろうかというところで、ようやく元の場所と思われるところに戻ってきました。 ですが自転車もビーサンもありません(*_*) ここではないのか? 防砂林の切れ目はどこも同じようで、どこからはいってきたのかわかりません。

もうひとつ先の切れ目に行ってみると、あきらかにここではないとわかりました。 そしてその先はすぐに地下道。 ということは、少なくともひとつ手前まで戻らなければなりません。

ひとつ手前の切れ目に戻ってきました。 ここのような気がする。 でも確固たる自信がない。 そして自転車はおろかビーサンもない。 今まで海でなにも盗まれたことがなかったのに、いきなり自転車とビーサンを盗まれたのか?

「まじかよ」

ここから裸足で家まで帰る憂鬱さと、自分のものを盗まれたかもしれない怒りとが、胸の奥でぐるぐるまわっています。 




途方にくれながら、次の切れ目を目指していたときでした。 暗がりになにやら白く浮かぶものがあります。

「もしや?」

白いコンビニ袋です。 日の光に劣化して穴が開き、水が染み出るサドルにかぶせた白いコンビニ袋です。 

「うおお」

じゃあビーサンは?

ありました。 脱いだところにしっかりありました。 こんなに切れ目から移動してたんだぁ(^_^;) しかしここはさっき通ったはずなんだけど。 
 
なんとか無事に家に帰ることができたのでした。



他のサーファーブログはこちら







<< | 2/2PAGES |