main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



パーリングとNewボード 26回目のサーフィン @太東



太東
晴れ
腹〜胸 セット肩
3ミリジャージフル

朝、目が覚めた。 時計を見る。 7時。 

「7時!!」

やべぇ 完全に遅刻じゃん・・・
と、思ったところで気づいた。 今日は日曜日だった。 

「海に遅刻じゃん!!!」

ゆうべ飲み会があったのですが、帰り道になぜか駅から3時間放浪し、途中の記憶は、知らないバイクにまたがってハンドルを左右に動かしているのと、どこかの歩道で道行く車を眺めながら「ここどこだよ? 家はまだかよ?」って思ったことの2つだけ。 いやあ飲みすぎはおそろしいですね^^;

3時10分に布団にはいり、4時に目覚ましをセットしたのですが、まったく効果がなかったということです。 あわてて準備をして8時に出発です。


南風が強くなるとのことなので、今日は太東へ向かいます。 出発が遅くなってしまったので、アクアラインを使うことにしました。 先へ延びた圏央道も使うつもりです。 渋滞情報を確認して東へ向かいます。

延長された圏央道は、木更津東から1車線の対面通行。 日曜日ですが交通量はたいしたことがなく、のんびり走ることができます。 どこまで行けるのかまったくわからないので、北へ向きをかえだしたところでオフ。 茂原・長南から下道で太東へ。 結局2時間半ほどで到着しました。 いやあ素晴らしい(^-^)



今日は、金曜日に手に入れたビック(Bic)のショートボードのデビューです。

今日のテーマ
テイクオフを早くして、パーリングしない


 
太東海岸の左はじのショートゾーンまで歩いていきます。 いちばん左の、ひとつ手前のピークに入水することにしました。

パドルして進む感触と、波待ちでボードにまたがっているときの浮力のバランスは、とても良好です。 もう1枚のショートボードのような不自然さは、ありません。

テイクオフします。 パーリングせずにボードの上に立つことができました。
「よしよし 悪いのは俺じゃない やっぱりボードが悪かったんだ(にやり)」

ところがその後、どうにも波をつかまえることができなくなりました。 パドルがかったるくて仕方ありません。 ゆうべの3時間の放浪は、ぼくの体力を土台から破壊していったようです。


その上、うなじがウェットスーツですれて泣きたくなってきました。 これは、先週3ミリジャージフルを使い始めたらなりました。 去年使っているときにはまったく感じなかったのに、おかしな話です。 まだ1時間ちょっとしか入っていませんが、もうどうにも我慢できなくなってきたので、一度上がることにしました。

車に戻って絆創膏を出そうとバッグをがさごそして、気づきました。 「そっか ラシュガード着よう」 そしてラシュガードを取り出して思い出したのです。 昨年はジャージフルの下に必ずラシュガードを着ていたんです。 うなじの部分を見てみると・・・

うわぁ なんかすれてほつれてるじゃん^^;


上がったついでにおにぎり食べて仕切り直しです。 志田下横のピークがすいていたのでそこに入ります。 ところがパーリングの嵐です。 先週は「ノーズが刺さる前に空中で一回転しているかのよう」と言いましたが、本当にそんな感じです。 ぶすっとささって、ぐるぐる巻かれるぐらいなら、先に回っちゃえ「えいやー」てな具合です。

ああ乗れない・・・と途方にくれかけて、大事なことを思い出しました。 「今日のテーマは早いテイクオフ」だった。

そこからパドルに気合いを入れ直しました。 なんとなく肩も回るようになってきました。 あまりやらない、ばた足も自然に出てきました。

まあ、気合いをいれたからって、いきなり全部乗れるようにわけではないのですが、さっきよりはずいぶんまし。 パーリングも、それほど気にならなくなってきました。 

けれども依然気になるのが、うなじのすれ。 もう首をひねることが苦痛で苦痛で。 周りを確認する時は、肩ごとまわしていかなければなりません。 しかもなんだか寒いんです。 夕方の3ミリは、まだだめか? 寒さと痛みで「もう帰るか・・・」「もう帰ろう」 そんなことをつぶやきながら、延々波に挑み続け、4時をまわっていったのでした。



今日得たこと
うなじのすれにはラシュガード



【FOX】フォックスMENSラッシュガード

価格:6,090円
(2013/5/28 18:56時点)
感想(0件)




他のサーファーブログはこちら







日焼け止め 22回目のサーフィン @太東



太東
晴れ
ひざ セットもも
セミドライ 水温は15度らしい


「そんなに日に焼けると、年とってからたいへんだよ」

会社の仲間に心配されるぐらい、月曜日の顔は真っ黒みたいです。 確かにそのとおり。 ということで、前回から日焼け止めを塗っているのですが・・・

「今日は10mを越える南西の風が吹く」

げっ 先週と同じじゃん。 先週は、その風のために、サーフィンに行くのをやめました。 その前の週も、用事がありノーサーフ。 今週は絶対に行きたい! それだけの南風が吹いたら、ぼくの知識では太東しかない!

8時半に太東についてびっくり。 湘南か? っていうぐらいの人(ちょっと言いすぎだけど) おまけに波がちっさぁ 心配された風がそれほど強くないのが救い。 別のポイントに移動しようか思ったのですが、だんだん風も強くなると言うし、ここに入りましょう。



冬場、太東海岸の中央付近はほとんどサーファーがいず、中央付近はローカルルールで釣人用なのか? などと心配しながらサーフィンしていたのがうそのよう。 今日は堤防から志田下との境のテトラまで、ぎっしりサーファーで埋まっています。 でも、あらためて写真を見ると、それほどでもないな(笑)

見晴台を境に、堤防側にロング、志田下側にショートと、きれいに分かれています。 今日は波が小さくて心配ですが、ショートしか持ってきていません。

今日のテーマ with ショートボード
波を横に乗る


いつもと同じテーマです。 スケボーでの陸トレの成果を発揮して、今日こそ波を横に乗りたいです。

まずは見晴台の前あたりに入ります。 このあたりのピークに人が集中しているので、その集団の右側でやることにしました。 ところがあまり波がよくありません。 だんだん集団の方へ近づいていきます。

まあ、湘南から考えたら、まだまだすいてるほうだ。 でも多いなぁ。 夏になったらもっと多いんだろうな。 夏はサーフィンしたくないな。 

ぼくはまだ夏のサーフィンを知りません。

潮だか風に流されて、集団を通り過ぎて左側まで移動しました。 ここは集団のピークから、レギュラーに波が割れています。 それが小波で顕著に出ているので、ここで小波狙いにすることにしました。 同じ狙いをしていると思われる人が二人いました。 うまく波を分け合いながら練習です。

テイクオフして、右にボードの向きを変えるのが、今までよりスムーズにできます。 これは絶対スケボーによる陸トレの効果だ! しかも、まだフェイスが残っています。 これをうまく進んでいけば・・・

ところがこの先がどうもうまくいきません。 トップにボードを持っていったところで、ボトム側へ倒れてしまいます。 なんとなく根本的にまちがった動きをしている気がします。 ううむ・・・

ところで、なんだか目が痛い。 まだ入水後、1時間程度しか経っていないのに、右目が特に痛くてたまりません。 痛いだけでなく、なんだか視界がぼやけています。 感覚としては、角膜がはがれかけているようです(こわ) その後痛みと戦い、ほとんど泣きながら練習しました。 


いい感じを出しながらも、今日はひときわボードの上にたっている時間が短い日です。 普段だったら、まっすぐながらもロングライド(言いすぎ)する時もあるのに・・・

入水して3時間を越えたのでここで休憩にします。 駐車場の方にてくてく歩いてびっくり。 サーファーと同じぐらいの潮干狩らーが、一生懸命砂をかいています。 よくみると、数多くのサーファーも潮干狩らーと化しています。

ロータイドが近づいているのですが、今まで一度も見たことがないほど、潮が引いています。 浅浅ゾーンとぼくが呼んでいるところは、すっかり干上がっています。 逆に深深ゾーンはプールみたいになっています。 お〜 今度来るときは、クーラーボックスもってこよう!

休憩後、風速13m(予想)の風が吹き荒れています。 ワイプアウトしたあとは、自分のボードがくるくるまわって襲ってくるので注意が必要です。 

そんな風のおかげか、サーファーの数が少なめです。 志田下横の、ショートのうまい人ゾーンも数名しかいません。 しめしめ、このチャンスを逃してなるものか^^ 腹ぐらいの波で1時間ほど楽しみました。


それにしても、目が痛い。 午後はサングラスをつけたので、目に入った潮水をぬぐうこともできず、水没するたびに泣きそうになっていました。 なんでこんなに痛いのだろう? 家に帰ってから、検索してみました。 すると・・・

日焼け止めが目に入ると、とてもしみると出てくるじゃありませんか。 目より上には塗らないほうがいいとのこと。 げげ・・・ おでこどころか、まぶたにも塗ってたよ(x_x)

今日得たこと
日焼け止めは、目より上に塗ってはいけない



他のサーファーブログはこちら







パーリングしないために 18回目のサーフィン @太東



太東
晴れ
腹〜胸 セット肩
セミドライ、ブーツ、グローブ、キャップ

先週は片貝のダンパーに打ちのめされたので、今日はおとなしく太東です。 今年一番の寒さだそうで、到着した8時半で気温はおそらく0度。 しかも止むといわれていた北風がまだ残っていて、着替えも気合いが必要です。

まだ10人ほどしかいない海に入ります。 水が冷たい・・・ これが本当の冬のサーフィンなんだ。 今までだって寒い日もありました。 ただこれほど寒く冷たいと思った日はありませんでした。 今日は絶対水没しないと心に誓って沖へパドルします。

今日のテーマ
水没しない
ファンボードで波を横に乗る


ちなみにしばらくファンボードのみでの練習に専念するつもりです。 ぼくの買ったショートボードは、初心者向けではないと判断がくだされました。

腰ぐらいの波でテイクオフ。 よろよろ滑ってぼっちゃ〜ん 早速水没しました。 でも大丈夫。 サーフ8のネックウォーマーをモディファイして、セミドライスーツに密着するようにしたのが大当たりのようです。 頭を上にしての状態での水没なら、水の侵入ははほとんどありません。 このモディファイについては、日をあらためて紹介します。




今日はうまくテイクオフできるか、パーリングするか、ふたつにひとつという感じです。 パドルして、「よっしゃ波を捉えた!」と思っても、ボトムへ降りながら、そのままノーズから水中へ突き刺さっていきます。 もう、これでもか!ってほどの突き刺さりかたです。

何度目かパーリングで、耳栓をとばしてしまいました。 キャップをしていたので、油断していて、ルーズなままにしたのがいけなかったようです。 とばした耳栓が無事に救出されるには、とばしてから96秒以内にみつけなければいけません。

今までも何度かとばしていますが、その度、救出しています。 こつは、流される耳栓になったつもりで、流れていけばよいのです。 

しかし今日は並岸流がすごく、岸に打ち寄せられているのか、横に流れていったのかわかりません。 泡も多く悪条件が多すぎる・・・ 96秒はとうに過ぎたものの、2000円ぐらいする耳栓です。 あきらめられません。 
5分はたったでしょうか。 さすがにあきらめました。 次買うときは、白じゃない色にしよう(T_T)

さて午前中は横にもさっぱり動けず、岸に向かって一直線ばかりの1ラウンドを終えました。 おにぎりを食べて、いざ第2ラウンドです。




午前中は、堤防の横の横ぐらいのところでやっていたのですが、午後は志田下よりの方へ行ってみることにしました。 太東にきたときは、いつもこの辺でやっています。 志田下横のショートエリアとの境目あたりが、うねりの境目なので、小さめの波で練習できるからです。

というのは、北風が弱まってきたら、波が大きくなり、今やセット肩ぐらいになっていたからです。 肩は無理です。 ていうか腰ぐらいで練習したい・・・

ショートエリアの横でやっていたのですが、パーリングしてごろごろころがされて立ち上がってびっくり。 志田下との境の堤防が、めっちゃ近づいています。 今日はすごい流れだ。

怖いので一度あがって、思い切ってもっと中央よりまで移動しました。 そこでほそぼそと練習していると、ショートの若い子が近くにやってきました。

その子は、パドルで沖に向かいながら、ちょっと乗れそうな波がくると、ひょいと向きを変えてテイクオフしていきます。 水鳥のような動きです。 うらやましい! あんな感じで波に乗りたい!

違いはテイクオフの時点で進行方向へボードが向いていることだ。 

ぼくがパーリングしてしまうのは、波をまっすぐ降りているからだと思います。 これを避けるためには、滑り出しで横を向いていなければいけません。 どうすればいいんだ?

サーフィンのテクニック本によると、「行きたい方向を見れば、そちらにボードは自然に向く」とあります。 やってみましょう。


パドル!
レギュラーだ(確認)
よしとらえた!
右向け!
おっ ちょっとボードが右向いたかも
しかしおいていかれる・・・

波がでかくていまひとつ腰がひけてるような・・・ だめだ、場所変えよう。 堤防横の横へ戻ることにしました。


堤防横の横もセットは肩ぐらいなのですが、腰ぐらいのも入ってきます。 それを選んで練習です。 そこで練習しているうまい人を見て、波をとらえたあとに、ボードに立つ前に向きを変えるプロセスがあることがわかりました。

波をとらえてボードが滑り出したら、ボディボードのように向きを変えているのです。 これができれば、楽々横に滑りだせそうです。 では、ぼくがそれをできるのでしょうか?

想像してみましたが、波をとらえてからそんなことをする余裕は一切ありません。 波がブレイクしてしまうはずです。 つまり、もっとテイクオフを速くしなければいけないということでしょう。

そう言われてみると、波をとらえて腹ばいのまま、すいーっと向きを変えてから立ち上がってる人をよく見ます。 立ち上がる動作も余裕が感じられます。 とにかく、速いテイクオフこそが、初心者脱出のいちばん近道なんでしょう。


その後、何度も最速テイクオフをチャレンジしたもののかなわず。 今年一番の寒さのサーフィンを終えました。

今日得たこと
まっすぐおりてちゃパーリング


ドジ井坂のサーフィンが上手くなりたい! [ ドジ・井坂 ]

価格:4,500円
(2013/2/19 22:56時点)
感想(4件)




他のサーファーブログはこちら







初キャップ 15回目のサーフィン @太東



大東
晴れ
ひざ〜もも セット腰

毎週日曜日、海へ向かう車の中で波のチェックを兼ねて聞いているBayFMのオーシャントライブ。 湘南に向かう途中の国道246号線で、衝撃のひとこと。

「湘南はハードなコンディション。 中上級者でなんとか乗れているようです。」

なっ なにぃ!? どうする? 

車をとめて、しばし思案。 千葉はサーフィンできているとも言っていたので、千葉へ向かうことにしました。 とりかじいっぱ〜い


今日もできるだけ南よりと思って太東にきました。 やっべ〜 波無いじゃん^^;



ツイッターで調べてみると、一の宮も波がないとのこと。 まあ、堤防横はきびしそうだけど、志田下よりはそこそこできそうなのであっちまで歩いてみましょう。 小波なのでファンボードでいきます。

志田下よりのポイントはショートオンリーの匂いがぷんぷんしているので、その横で練習開始。 

今日のテーマ
波を横に乗ること


今日デビューのグッズがあります。 キャップです。 今日はドルフィンしそうもないんで、いらない気もしますが、北風が強いのでしてると寒くないかなと思いまして。 確かに寒くありません。 なんか守られている感じがします。

ただ、Mを買ったのにちょっとでかい? ルーズな装着感で、波に巻かれたらぬげそうな感じです。 顔でかい方なんですけどね。 モディファイが必要かもしれません。

頭まで水に沈み、水面にあがったときに髪から垂れる水がうっとうしいじゃないですか。 あれがありません。 この点だけでもうれしいところです。

SURF8(サーフエイト)1.5mmサーフキャップ/グライドスキン製【ポイント10倍】

価格:3,780円
(2013/1/28 00:18時点)
感想(1件)




ローカルのおじさん連中にまぎれて、しばらく練習します。 みんなぼくよりうまいです。 楽しそうにやっています。 1時間ほどでみんなあがってしまいました。

一人になりました。 50m左にショートの人。 右の堤防方向にはまったくいません。 大東はすいてていい! 心置きなく練習できます。


なかなか横に乗れません。 テイクオフが遅く、波の下に降りてから立ってるからのようです。 波のトップでテイクオフを気をつけてみるも、今度は降りながら方向を変えられません。 とりあえず下まで降りてから方向を変えることにしました。 まあ、正月初乗りと同じ状態です。

グーフィーきたぁ
ゲシゲシ(パドル)
テイクオフ!
シャー スピードでたよ
ここで左にターン
あれ? 波がない(沈没)

レギュラーきたぁ
ゲシゲシ(パドル)
テイクオフ!
シャー (右手で水面とかさわっちゃって)
ぎゅいんと右にターン (しっかり90度向きが変わったよ)
波きた (ボードに波がかぶさる 沈没)

横を向いて波に戻る(っていうか波がおいついてくる)のですが、ボードにその波がかぶさって沈んでしまうのです。 ここでなんかアクションしないとだめなんだろうなぁ。 みんなみたいにテイクオフの時点で向きを変えて乗るほうが横にのりやすそうだよな。

なかなかうまくいかないもんだ。



沖を見つめ、うねりの大きさをはかる。 
これか? 狙いを定めた波に向けてパドルする。
割れない?
波をとらえきれず、おいていかれる

振り返る
腹ぐらいの今日レベルでは特大セットが押し寄せている
うわ こっちだったか・・・
俺はこうやって人生のセットも逃しているんじゃないかなぁ

すいている冬の海は、いろいろなことを考えてしまう。



4時間1ラウンドで今日は終わり。

駐車場で着替えているとき、上半身のスーツを脱いだ状態のぼくをみて、観光の家族連れの方から
「はだかでさむそぉ」
という女性の声が聞こえてきました。 ペットボトルの水(30度ぐらいのぬるま湯だけど)を豪快に頭から浴びてごしごしやってやったぜぇ ワイル(以下略) 

今日得たこと
サーフィンは気持ちいい

他のサーファーブログはこちら







新年初乗り その2 13回目のサーフィン @太東


大東
晴れ
ひざ〜もも セット腰

その1の続きです。

いらっしゃ〜い

その男女のサーファーは、ぼくから50mほどはなれたところでサーフィンを始めました。 しかし、1〜2本波に乗ったら、元いた方へ戻っていきます。 どうやら中央はサーフィン禁止というのは危惧だったようです。 単に波が悪いのでしょう。 でもまあ初心者のぼくにとっては、これぐらいの波がちょうどいいし、まわりの人を気にせずに練習できるのはなによりのことです。

しばらくすると、波が今ひとつ割れなくなってきたので岸の目標物を見ると、50mほど堤防のほうへ流されています。 パドルで戻りましょう。 あれ? なんだかいつもと違う。 いつもより上体が起き上がって胸がそれている気がします。 自分のことなので見えないのですが、「これがパドルのお手本です」というぐらい決まっています。

これが正解だとしたら、今までのは間違いでしたねぇ。 自分ではまともにやっているつもりではあったのですが・・・ 背筋で胸をそらしているというよりも、パドルの反作用で胸がそっている感じです。 つまり、上半身の重量を、パドルエネルギーに生かしている気がします。



今日の練習で大きく進歩したなと思うのがテイクオフです。 今まではボードが前下がりの状態でテイクオフしていました。 つまりすでに波を滑り始めている状態です。 これだとボードにスピードがついているので、うまく立ち上がれない場合や、立ち上がれたとしても、そのころには波を降りてしまっているのです。

そこから横に移動するのは不可能のようです。 いくら体重を左右にかけても、曲がる気配すらありません。

今日のテイクオフは、波のトップでボードが水平な状態でテイクオフできていました。 波のトップでテイクオフするためには、普通のパドリングのように胸をそらして行います。 こうすれば十分な位置エネルギーを持ったままボードの上に立てます。

そしてそこから波のボトムへ滑り降るのですが、フェイスの途中での進路変更がどうもうまくいかずに、ボードから落っこちてしまいます。 よし、ここは最後まで降りきって、ターンしてみよう。 つまりボトムターンにチャレンジだ! 

波の高い位置でテイクオフ。 ぼくはレギュラースタンスなので左足に重心をかけ、波を滑り降ります。 今までに経験したことの無いスピードです。 

爽快です!


つま先に荷重して右にターン。 おおっ ボードの向きが完全に右を向いたよ。 初めてだよ。

でもここまでです。 押し寄せてきたスープにのみこまれてしまいました。 今日はダンパー気味だから仕方ないですね。



気づくと波に乗れていない時間が長く続いていました。 なんでだ? ちょっと自分を冷静に観察しみると、足の引きよせ、かなりたるくなっていました。 もう今日はこれぐらいにしよう。

ノロウィルス明けなので2時間でやめるつもりが、3時間半ノンストップでサーフィンしてしまいました。 あっ もちろんおしっこはしていないですよ。 セミドライでは絶対しないって決めましたからね。 

最後に腰ぐらいの波を横に乗って、新年の乗り初めをしめくくりました。


今日得たこと
波の高い位置でボードを水平にテイクオフする
立ちやすいうえに、ボードが走る

他のサーファーブログはこちら







<< | 2/3PAGES | >>