main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



ツインスタビライザー!




夜勤から帰ると、家に先日注文したフィンが届いていました。 さあ海へ行こう。




ニューフライヤーのフィンを換えたいと、ずっと探していました。 今ついているのは、ニューフライヤー購入時についていた、白いプラスチックの安っぽいフィンです。 ターンの性能が変わらないとしても、見た目性能はかなり低いものです。

思いつくと楽天でフィンを検索していました。 ただ、フューチャーは見た目グッドな安いものがあまりなくて、いいなぁと思うものはたいてい1万5千円ぐらいします。 「う〜む高い」そううなってブラウザを閉じていたものです。

つい先日もフィン探しの旅に出ていたところで、あるフィンを見つけたのです。 ツインスタビライザーと書いてあります。 トライフィンなのですが、サイドフィンが大きく、センターフィンが小さくなっています。 

「レトロ系やファット系のミニボードにもベストマッチする」

そんなことが書いてあります。 色は探していたオレンジ系ではありませんが、オレンジでなかったらと思っていたモノクロームです。 

「でも、ツインてどうなんだ?」

ツインフィンのボードに乗ったことはありません。 検索してみると、縦へのアプローチは鋭くないが、横へのマニューバには最適とあります。

「横へのマニューバ・・・」

近づいてきたサーフィン検定のことが頭に浮かびました。 4級の課題は横へのマニューバです。 値段もちょこっとお安目。 よし、これにしよう。 




届いたフィンと今までのフィンの比較です。 でかいです。 取りつけてみます。 



かっこいい・・・ イルカのひれって感じです。


いそいそと海へくると、平日の朝であることと、波もひざももなので非常にすいています。 夜勤明けなので念入りにストレッチをして海へ入ります。 ここのところ、最低気温が0度近くまで下がっていることと、最高気温が一桁になってきたこともあいまって、水温がかなり低くなっています。

早速2〜3本テイクオフするも、速いブレイクにまったく抜けることができません。 うーむ たいした違いはないのかぁ?

とりあえず今日の目標は、確実なプルアウトです。 まずは1ターンですぐにプルアウト。 次は2ターン、次は3ターンと、徐々にターン数を増やしてのプルアウトを実践しようと、波を待ちながら今日の課題をたてます。

成功の鍵は、バタバタせずに右斜めにスムーズにテイクオフすること、ツインスタビライザーにあるはずです。 

もも上のセットが入ってきました。 ダンパーではなさそうです。 パドルを開始します。

波はぼくに追いつき、そして押します。 走り出したボードの上で、右をにらみながら上半身を起こし、両足を静かに引き寄せます。 テイクオフに成功しました。 右斜め下へボードを滑り落とします。

「さて1ターンでプルアウトするか?」

ブレイクする波に対して余裕が感じられます。

「いやもう一気にいっちゃおう」

数ターン行ける確かな自信を感じながらボトムからトップに上がり、再度波の下へ降りていきます。

アップスンダウンスを4回繰り返したところで、逃げるように波裏へプルアウト。 波を越えたあたりで、ボードが足から離れた感がなくはないですが、とりあえずは4級の課題をクリアです。

「波を数回上下して、プルアウトする」

この課題をクリアすべく、今まで練習を重ねてきましたが、数回の成功しかありませんでした。 前回成功したのがいつだったのかすら覚えていません。

「もしかしてツインスタビライザーのおかげ?」

そう考えながら沖へ戻ります。 そして数回のライディングのあとのことです。 再度、波を数回上下してプルアウトに成功したのです。 しかも今回は、波裏へ戻るときもきれいにきめました。

これはもうツインスタビライザーの性能と思って間違いないでしょう。 今まで、フィンを取り換えて違いなんか感じたことはありませんでしたが、あきらかに走りが違います。 

なんだか自然にトリミングみたいなこともやってたし、乗りやすくなっています。 ワンサイズ上のボードの余裕度を感じます。

「これで4級合格だ」

しめしめなのでした。




今日の逸品はこれ




他のサーファーブログはこちら







ウェットのほつれとイメージトレーニング



カーテンレールにぶらさげて干してあったウェットをみてびっくりしました。 股の部分がぱっくり口をあけています。



まあそういわれていみると、海に入ると、お尻のあたりに水の侵入がすごいと思っていたところでした。 ほかの部分を見ると、ひざの裏がぱっくり。



あらあら・・・ とりあえずウェットボンドでくっつけておきましょう。


しかし、1回入ったら元通り。 これはもうだめだ。 買おう。 なんてったって、サーフィンを始めて3年と1か月。 始めたときに買ったウェットです。 よくもった方でしょう。

ということで新しいウェットを買おうと物欲サーフィンをしてはみたのですが、よくよく考えれば、3ミリジャーフルを使うのはあと半月程度です。 新しいウェットを買うのだったら、次の3ミリジャーフルの出番である4月だか5月でいのではないでしょうか? いや、そうに違いない。

でもこのままであと半月使うのはきびしいので縫って直すことにしました。 



ぱっくりしたところにウェットボンドをすりこんで、そのまま針と糸で縫い合わせていきます。 よく見ると、けっこう口をあけていたので、はしから直していきます。 

あれ? ここまでやると、まだまだ使えそう?(笑)


話は変わります。 サーフィンを始めて2年間は、筋トレなんかもやったのもあるのですが、沖に流されたときに生還するための強制筋トレがきいているおかげで、パドルをするための筋肉はそこそこついています。 しかしもともと細い上に、海上でトレーニングできるほどボードの上に立ててはいないので、脚の筋肉はまったく変わっていません。

スクワットかぁ・・・

でもただスクワットするのはつまらないので、波に乗るイメージトレーニングをしながらのスクワットをすることにしました。 スクワットと言うか、アップスンのひざの伸び縮みを極端にやる感じです。

海で実際にボードの上に立つと、ひざがのびていてワイプアウトすることがままあります。 そんなことがないよう、ひざをしっかり曲げたボトムターンをイメージします。 

嫁がそれを見て笑っています。


そんなイメージトレーニングは、まだ脚の筋肉の発達に効果があるかはわかっていませんが、海でのライディングにはあきらかな効果を感じられました。 グーフィーでのライディング中に、きっちりひざを曲げ、上半身をねじって波を見ることができたのです。 

うんうん

これからもつづけていくぞ!



今日は素敵な夕暮れでしたね






他のサーファーブログはこちら







ゴーグル for 目が弱い人



カツオドリという鳥をご存知でしょうか? 海にダイブして、イワシとかを捕らえちゃう鳥です。 その鳥は、海へのダイブを繰り返すことによって、目の粘膜を痛め、最後には失明してしまうのだそうです。 この前、テレビでやってました。

それを見てぼくは愕然としたのです。 

「俺も失明するかも・・・」

前にも話したことがあるかと思うのですが、ぼくは海に2時間ほど入っていると、海からあがった2時間後ぐらいに視界が白くぼやけて、物が見づらくなってしまうのです。 正直字なんか読めません。

これは相当目に負担をかけている。 常々そう思っていたところにカツオドリ。 うわ まじかよ・・・ 


そんなカツオドリのことを知る以前に、やばい自覚はあったのでスイミングゴーグルを試したことがありました。 よく競泳選手が使っているようなやつです。 

全然だめでした(+_+)

視界が超不良でした。 沖に出て一回テイクオフして速攻はずし、二度と使うことはありませんでした。


その後は、いい対策を見つけられないまま過ごし、最近になりカツオドリのテレビを見た次第です。 これはやっぱりやばいということで、楽天を隅から隅まで探して見つけたのがこれです。



トライアスロン用のゴーグルだそうです。 イタリーのやつです。 視界良好と書いてあったので買ってみたのですが、まさに視界良好でした。 フレームはほとんど視界に入りません。 そして特筆すべきなのはその装着感。 やわらかなフレームが吸い付くように密着するので、普通のスイミングゴーグルのように、キュウキュウにしめる必要がありません。

なんてったって、ドルフィンスルーが快適です。 目をしっかり開いていけるし、海面に上がってからも顔をふく作業は必要ありません。 グラスの曇りも、いまのところほぼ無いと言っていいです。 ただしこの点は要経過観察ですがね。

今回これを購入しようと思ったきっかけが、以前紹介したサングラスを海でなくしてしまったからです。 バンドをゆるめにしていたときに、波を後ろからかぶってぬげてしまいました。 浮くはずだったんですが発見できず・・・ スノボーでも使っていたのでショックでしたねぇ


装着した見た目はこんな感じです。



ごらんのとおり、スイミングゴーグルとは違います。 むしろサングラスみたいでしょ? これからの紫外線がきつい季節に向けてのUV100%カットもうれしいところです。 とにかく目が弱いサーファーには必需品なのは間違いないのです。


今日の一品はこれ


他のサーファーブログはこちら







Newボード購入



プレセボタブレットはとっても気に入っているのですが、気になる点がふたつあります。 ひとつは、波が頭ぐらいまであがってくると、ドルフィンスルーが厳しいこと。 もうひとつは、波待ちでボードにまたがっているときに、体が出過ぎて恥ずかしい(全沈めで水面はへそのちょい上)ことです。

もう少しうすっぺらいボードって、どうなんだろう? おっさんはだまってタブレット乗ってればいいんだろうか? 

藤沢のムラスポで、プレセボのV3ロケットがをちょっと安くなっていました。 これいいなぁと見ていたら、店員さんが

「それはFCS2になる前のなんで安いです 中級者向けです」

と釘をさしてきました。 そっかぁ まあこんなの買う金ないけどなぁ・・・

そんなある日、発見してしまったのです。 ヤフオクで安いボードを。 ノーブランドですが、ぼくの1枚目のボードと同じショップから出ているので、悪くないものだとは想像がつきます。 終了間際に1発入札してそのまま落札。 1万円台でNewボードをゲットしました♪



Newボードのスペック
5'11
18 1/2
2 3/8

タブレットより1インチ長いですが、幅も厚みもずいぶん控え目です。 ロッカーは普通って感じですが、ボリューム感は皆無です。





フィンは普通にトリプルです。

早速浸水式とまいりましょう。

台風19号のうねりが、なんとなく入っていて、腰腹トロワイドのテラス前です。 デッキパッドをチープなものにしたのと、ちゃっちぃプラスチックのフィン、汚れのまったくないデッキのワックスと、今日がサーファーデビューですみたいな感じが丸出しなので、そそくさと海に入ります。

ボードに腹這いになってびっくり。 ボードからの反力がまるで感じられません(^_^;) お腹の下でゆらゆらうごめき出しそうです。 まじかぁと思いながらパドルして沖をめざします。 

ラインナップに合流、ボードにまたがります。 うぉぉ 沈むぞぉ 全沈めで乳首のちょい下です。 これはちょっとやり過ぎたか・・・? つかんだボードの幅の狭さに、まったく頼りにならないものに頼らざるを得ない不安感が湧いてきます。 しかし波待ちが安定します。 あこがれの、腕を組む波待ちも楽々です。 そんな気がしてたんだよなぁ 沈んでる方が安定するよなぁ。 試しにテール出し波待ちもやってみましたが、これはまだ慣れが必要のようです。

波がやって来ました。

厚めの小さめで、半信半疑なパドルでトライするもやっぱりだめ。 沖へ戻ろうとボードを立てて反転しようとしてまたびっくり。 言い過ぎてしまえばタブレットだったらボードにぶら下がる感じです。 それがこのボードだと、すこっと沈んでしまいます。 例えれば、階段を上がろうと踏み出したのに階段はなく、がくっとなる感じです。 不安がよぎります。

また波がやって来ました。

ダンパーっぽいですが、今日はどれもこんな感じ。 選ばずこれをいってみましょう。

と、トライした波をあっさりテイクオフ成功。 速い波にフェイスに戻ることは叶いませんでしたが、斜めにミドルライド。 なんだ全然問題ないじゃん!



2時間ほど乗ってみてわかったこと
テイクオフの早さは、当然タブレットに負けるのですが、それほど違いは感じられませんでした。 もっと波が小さい、例えばひざぐらいだと、まったく勝負にならないでしょうが、このボードはひざの時に使うつもりはないのでよいでしょう。

ボードの幅が狭いので、パドルで腕を深く入れ、がっぽりかくことができます。 これはすごいメリットに感じられます。

最大の利点は、ドルフィンスルーのしやすさです。 イルカになれます。 ボードを沈ませるのって、こんなに簡単だったんだってぐらい簡単に沈みます。 普段手をつくあたりを持っても沈みます。 沈ませるときのHPの減少は0.6程度です。 ちなみにタブレットは5です。

これだけ沈むと、沖からライディングしてくる人のじゃまにならないように潜るのも自由自在です。 


初乗りに満足して浜に上がってきて、ボードを見て少しブルーに。 もうフットマークが2〜3か所できていました。 だからポリって嫌なんだよなぁ・・・ 乗るたびに3こずつフットマークができたら、あっという間にぼこぼこだ(T_T) カラーリングとかしようとしていた気分がすっかりしぼんできました。

やっぱりボードはエポキシだね♪



こうして今夜も、次のボードはなにがいいかと、ネットの海へゲッティングアウトするのでした。


他のサーファーブログはこちら







ウェットスーツの修理



裂けはじめた、ウェットの修理の話です。

ウェットの袖の縫い合わせ部分が裂けはじめ、袖口もほつれだしてきました。 波を受けるとめくれてしまうし、水がしゅぱーっと入ってきてしまいます。 首の後ろのベルクロもあまくなってきて、あわや鍵をなくすかということも起きました。 ここらで修理しておかないと、一気にウェットの崩壊が始まりそうです。

裂けた部分はウェットボンドでくっつけて、縫えばいいでしょう。 袖口のほつれは、なにかで覆わないといけません。 ぼくの持っているスプリングの袖口は、スポンジシートのようなもので覆われているので、これと同じようにすればいいでしょう。 そんなものをさがしに、蒲田のユザワヤへGo!

ユザワヤの中をウロウロ。 陳列棚の下の方のものを見るために首を傾けていると、鼻の奥から粘度の低い液体が、つつーっと。 

「やっ やばい鼻血か?」

と思うまもなく鼻から透明の液体がトゥルルーっと、床にしたたり落ちていきました。 

「なんだ海水か(^_^;)」

朝練の名残でした。


鼻から水を垂らしながら商品を物色していて、すばらしいものを発見しました!



ジャージ専用の補修用品です。 のびる素材でできていて、ジャージのかけはぎなどをパッチするものです。 アイロンの熱で接着されて、水洗いもオッケー。 これ以上のものがあるでしょうか? 



色もいろいろ選べます。 袖口がワンポイントで色が違ったらかっこいいなとも思いますが、未知の作業でうまくいくかわかりません。 そんなときは、とも色にしておくのが無難。 黒をお買い上げです。


作業を開始する前に現状の写真です。 ぱっくりいっています。 これは縫おうと思っていたのですが、よくみると接合部分がマクロ的に欠損し、縫うのに耐えられない感じです。 めんどくさいしやめましょう。 ウェットボンドと、パッチで覆ってしまいましょう。



反対の袖は、もうぼろぼろ。 着るたびに表面材料の崩壊が進んでいきます。






裂けた部分と、まだ裂けていないけど、開き始めている部分もウェットボンドで接着します。 これでもそこそこいい感じです。 袖口はパッチで表裏を覆います。 アイロンで押さえつけるのに手首をアイロン台にするのは熱そうなので、紙を丸めてアイロン台にします。 



まずは表を仮留め程度。 ひっくり返して裏をがっつり溶着。 もういちどひっくり返して、表もしっかり溶着しました。 案外簡単でしたね。



その後、作業が終わってカーテンレールにウェットをかけたところで、腰のあたりの縫い目に小指の先ほどの穴を発見。 そういわれれば、いつもこの辺りに水が侵入してくる感じがあったわ。 ここもパッチで修復。 これにて作業終了です。




翌日・・・

首のベルクロを交換しようとウェットを手に取り、ついでに昨日の作業の確認をしてみると、パッチのはじがはがれかけています。 アイロンの押しが足りなかったのでしょうか。 このまま海に入ったら、あっという間に全部はがれてしまうでしょう。
アイロンでやり直しても、おそらくダメな気がするので、ミシンで縫ってしまいました。



この記事を見て、修理の参考にする方がいらっしゃったら、ここの縫いは直線縫いには絶対にしないようにしてください。 ウェットを着られなくなってしまいます(笑) ギザギザ縫いですよ。

袖口も、背中のパッチもミシンで縫い、首のベルクロは今までより面積アップで、食い付きアップです。 ジッパーが簡単に落ちない加工も考えていましたが、めんどくさくなってきたのでここまで。 ベルクロの保持力アップで、ジッパーの自然開放も防げるのではないかと期待しつつ、作業終了です。


実際に使用してみました

首のベルクロをサイズアップしたのは、大正解でした。 しめた瞬間に、今までこのウェットでは感じることがなかった、密封感があります。 いちばん負担を受ける、ノーモーション(沖へ向かうパドルから、ドルフィンせずにそのまま波を受けること ドルフィンすることに疲れきった時に出す 出すっていうか出る)でもはずれることはおろか、めくれもしませんでした。

逆に袖口は、パッチをつけたことによって、絞られる力を阻害され、ほんの少しゆるい状態になってしまい、波の向きが袖口からひじ方向に向いていると、水がすーっと入ってきます。 これはそのうち、ベルクロで締めるようにモディファイすることにしましょう。 これでまだしばらく使えますね。


今日使ったのはこれ

○河口 ジャージ用補修布 黒/93-017

価格:437円
(2014/5/24 22:52時点)
感想(0件)




他のサーファーブログはこちら







<< | 2/3PAGES | >>