main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

サーフィン体験スクール その3


お湯とも感じられる海にボードを浮かべて パドリングで沖に向かいます。 まあ、沖と言ってもすぐそこです。 なんてったって、体験スクールですから。

ここでボードにまたがって、波待ちの練習です。 ボードにまたがって止まってるだけです。 簡単です。 

「はいじゃあ左右の足を同じ方向にまわしてみてください。 向きが変わります。」
はいはい あれ? まわらない。 なんだか同じ方向にまわすのって難しい。 

ぐるぐるまわる練習をひとしきりして、ついに波に乗る練習がはじまりました。 ひとりずつ、インストラクターさんに、波にあわせて押し出されていきます。

今日は波がありません。 なかなか乗れそうな波がこないので、ボードの上にうつぶせになって待ちます。

「はい いきますよ〜 はいパドルして!」

一生懸命パドルします。 波に乗るにはパドルが大事って、ネットで読みました。 ぐい〜っと押された感覚と同時にインストラクターさんが

「はい立って!」

と叫びました。 陸上トレーニングと同じように、腕をついて上半身を起こします。 見えているのはボードについている自分の手です。 次に左足を両手の近くまで持ってきて、右足はかかととつま先をつけて、ひざはつけない状態。 そこから、ゆっくり立ち上がりながら右足をずりずりっと前に引き寄せます。

立てました! 人生初のサーフィンの1本目にして立てたのです!(インストラクターさんが押してるって)運動神経には自信があるからね。 当然当然(にやり)

「どうですか? 頭が真っ白になったでしょう? 初めては頭がまっしろになるんですよね〜」

と、インストラクターさん。
いや、そんなに頭はまっしろにならなかったなぁ こんな長くて分厚いボードで、押されているんだから立てて当然だよな。 と、思いながらも「そうですねぇ〜^^」なんて大人の対応をしてしまった・・・



この練習を繰り返していて、いちばんはじめはスクールにきて良かったと思いました。 当たり前のことかも知れませんが、自分の悪い点を指摘してくれるからです。 

何度も言われたのが、「視線が低い」でした。 もっと進む方向を見ないといけないそうです。 確かに立ち上がろうとしているときの映像は、自分の手か、ボードの先端が波に流れているところです。 これではバランスを崩しやすいとのこと。

次に、足を前に出すときに、右足のインサイドをべったりつけるようにすること。 かかとが浮いてしまっているので、ボードを抑えこめなくなっているそうです。 言われて気をつけるようにしたら、安定したようです。

あとは、ボードの右側に重心がいきがちなので、もう少し真っ直ぐ立ち上がるようにしろとのことでした。

そうだ、まだ言われた。 パドルがバシャバシャしすぎ 水をかきあげてるだけだと(T_T) ああ、パドルには自信があったのに・・・

最後にインストラクターさんに訊いてみました。 

「このボードだから立てたんでしょ?」
「いやいや、他のでもすぐ立てますよ」

さて、実際はどうなのだろうか? 疑問を残しつつも、有意義な体験スクールは終わりました。


他のサーファーブログはこちら







コメント
コメントする