main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



サップフォイルは空飛ぶ絨毯なのか?

午前4時。徹夜の作業を終えてほっとする時間。もう空は明るさを取り戻しています。波情報をチェックしてみると銅像前で胸となっています。ヨシ 行ってみよう!

帰宅したのは8時。朝ごはんを軽く食べて海へ向かいます。

到着した海は嘘ばっかりのセット腰下。しかも厚くてとてもじゃないけどショートではテイクオフすらままなりません。ダメだ 今日はインサイドの小波でちょい乗り練習だ!


他のサーファーブログはこちら

インサイドにはパラパラと同じような考えのショートボーダー。ミドルにはセット狙いのロングボーダー。日曜日なのに人は少なめです。

インサイドでテイクオフはできるものの、ほぼダンパーの波に、瞬間立つだけぐらいしかできません。でも立てるだけまし と立つためだけのサーフィン? を繰り返していました。

しばらくすると、さっきまでぼくと同じようなインサイド狙いだったショートさんが沖から波に乗ってくるではありませんか。あれれ 波の感じが変わったのかな?

ロングさんたちがいるところまで出てみます。あいかわらずの小波で、ロングさんたちも動きません。セットが入ってきました。おおっ 入りたての時間とは違い、少しですが掘れています。これならいけそうだよ

ロングさんの少し後方で波を待つこと数分。セットが入ってきました。ロングさんが少しパドルして諦めた波はぼくの前でさらに掘れてきました。よっしゃー

テイクオフに成功したものの、波はファーストブレイクのみのダラダラで、ボードの上に立っていられたのはたったの3秒。そのあともセットを待つも、まったく乗れません。この波では、いくら小波向けのショートラウンドでもどうにもなりません。完全にボードの選択ミスです。

夜勤明けということもあって早々に見切りをつけて退散。午後、ファンボでリベンジだ!

午後3時半

昼ごはんを食べてから崩れ落ちるように布団に入り、気絶するように眠りに落ちていたところを嫁に起こされました。

「海行くよっ」

その声に覚醒して身体を起こすものの、体重が20キロぐらい増えたかのような重さです。ウェットに着替えようとするも、朝外に干し忘れて浴室にぶら下がったまま、生乾きとゴムの強烈なコラボ臭に完全にモチベーションダダ下がり。海に入るのはやめることにしました。

肌寒いので上着を着て海にやって来ました。自転車をとめていると、横に初めて見るものをもつおじさんがいました。ボードのボトムから水中翼船みたいな羽が出ています。これなんて名前だっけかなぁ?

デッキチェアをセットしてビールをやりはじめたぼくと嫁の横を、羽を生やしたボードを持ったおじさんが通り過ぎ、海へと入っていきます。深いところに出るまでは、かなり扱いづらそうです。確かあれは宙に浮かぶんだよなぁ

「宙に浮かぶサップ」

検索してみました。あの羽はハイドロフォイルと言い、サップについているのでサップフォイルと呼ぶそうです。

でもこの波、あってももぐらいです。この波で浮かび上がるとは到底思えません。羽なんてたいした大きさじゃないんですから。それでもおじさんの動向を観察します。

おや? 今ちょっと浮いてるように見えたぞ

数分後

おっ 完全に浮いてるぞ!

なんと、こんなちっぽけな波ながら、おじさんのサップフォイルは遠目にも海綿から20センチ以上は浮き上がって、海面を滑っています。ターンもできるみたいです。

すごいすごい!

嫁と感心したのでした。



5時の鐘がなって帰る時に、サップフォイルのおじさんが帰り支度をしていたので話しかけてみました。

「こんな小さな羽で、よく浮かび上がりますね?」

「そうだね(^o^)」

「浮き上がってる時ってどんな感じなんですか?」

「宙に浮いてる感じ やめられないよ」

おじさんは幸せそうに話してくれました。

 







コメント
こんなハイドロフォイルなるものがあるんですね。
茅ヶ崎方面では、まだ見かけたことないです!

確かに面白そうですが、冗談半分で帰る値段じゃないすね汗汗

しかし、いろいろ道具も進化して次から次へと欲しくなるものです(^.^)

  • のぶ
  • 2019/07/04 1:08 PM

のぶさん おはようございます!

確かに、いい金額してますよね^^;
ただあの空を飛ぶ感覚は、かなり中毒性がありそうな気がします。
  • 46サーフ
  • 2019/07/05 6:12 AM

コメントする