main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



西よりの波とレギュラー天国



ひょんなことから平日休みをいただいた火曜日。波があって風は北から。前回の万年ビギナーの話から、自分は今どの程度のライディングができているのか知りたくて、久しぶりにカメラと三脚を持って出動です。

歩道橋の上からどこに入るべきか、深いブルーグレーの海を観察します。右手にはすっかり白くなった富士山が見えています。

歩道橋から波を観察

浜に降りて、歩道橋からあたりをつけたところで準備体操をしながら、さらに海を観察します。動画を撮影する時は、「この波にこう乗る」と決めないと、短い時間の中でいい結果は得られません。この場所は少々ワイドなようです。準備体操の終了とともに、江の島方向へ移動します。


他のサーファーブログはこちら

波は西から来ているようで、レフト方向には長く乗れそうもありません。今日はグーフィーのトップターンを撮影するのを狙っていたのですが、あきらめてライトがきれているところにカメラを設置しました。

フレームを決めて録画ボタンを押してから海に入ります。波は腰セット腹で軽いオフショア。平日なので人は少なめ、絶好の撮影日和です。

1回のドルフィンだけでアウトに到着しました。すぐに乗れそうな波がやってきます。浜側に振り返って誰もいないことを確認しパドルを開始。レギュラー方向へテイクオフに成功です。

ボトムターンでレールを入れようとするもはじき返されました。後ろ足が少し前すぎるようです。しかもがにまたになっています。ああいかん けれども直すに直せずそのまま時々波上に飛び上がりながらの横移動。最後は波につぶされてライディング終了です。

がにまたはいただけませんが、とりあえずなんか波に乗ってる映像は撮れたはずです。よしよしこの調子と、元のポイントへ戻ります。

次のチャンスもまたすぐにやってきました。今日は波が多くセット間も短めです。最近導入した、肘を立てるパドリングで波をたぐり寄せてテイクオフに成功です。今回もレギュラー方向です。

ボトムターンで眼前に迫る斜面に振幅の小さいアップスンを2回入れて加速。うんうん確かに加速してる 成長したもんだ 

速度がついたところで次からは波の上まで上がってトップターン。 なんかできてる

3回繰り返したところで、次はトップターン前の上半身のひねりを大きくして、ボードを意図的に回していこうとチャレンジ。しかしレールも入らずカッコだけ。当然スプレーなんか飛びません。そのまま崩れる波に飲み込まれていきました。

最後は決まらなかったけど、今の上下のターンの繰り返しは、自分史上かなりなものです。レギュラーのトップターンに自信がつきました。まだ2本しか乗ってないけど、録画できてるか確認してみましょう。

浜に上がりカメラに近づきモニターを覗いてみるも真っ暗です。あれ? もう止まってるよ 再生ボタンを押して録画時間を確認してみるとたったの14秒。海に入っていく自分の後ろ姿しか録れていませんでした。

しょっく! 今のはぜひとも映像を見たかった。充電は完全にしたはずなのに。もう電池が寿命なのかもしれません。念の為もう一度録画ボタンを押して海に入ります。

さっきのテイクオフのときに少しふれた、肘を立てるパドルの話です。テレビで水泳の池江璃花子さんを解説していたのですが、彼女は肘を立てて水をかいているから速いのだそうです。肘を立てるとなぜ速くなるのか? その時はまったくピンと来ませんでした。

その後、海でそれを試してみたらわかりました。肘を立てると、手首から肘までが水をかく面積に追加されるのです。かいてみるとわかります。肩の筋肉に負担が増します。


波は長く待つことなくやってきます。西より波は右に長く乗れます。今日はとてもいい波です。

それでもたまにグーフィー方向にも乗るときはあります。ロングライドは期待できないので、すぐにトップアクションを試みます。今のは切り返すタイミングが早すぎて、波の壁に届かずすっぽ抜けたようになってしまいました。波に合わせて動いてないのがバレバレです。

レギュラーにテイクオフです。もりあがってくる斜面にボードを何度か乗せてあげると、どんどんスピードがあがってきます。それにともない波のもりあがりは小さくなっていきます。 ここでカットバックじゃないの? そう頭によぎりますが、このスピードで走り続けたい誘惑、このまま突き抜けたらなんとかなるんじゃないの? という根拠の無い想いでもう一度ボトムへ。

ああああー やっぱり無理ぃ

次にトップに戻った時はスネ。あわてて左に切り返すも波は追いついてこずに沈没です。まあ、戻るべきとかすめただけでも良しとしましょう。


このブログで何度か触れた、海水にやられる眼の話を少し。

以前からお話している通り、ぼくは2時間ほど海に入っていると、あがってから2時間後に視界が白くかすむ状態におちいります。おそらく視力は0.1ぐらいになっているのではないでしょうか。

トライアスロン用の視界の広いスイミングゴーグルで眼を守るということもやっていましたが、やはりわずらわしさは否めず、最近はゴーグルがどこにあるのかすらわからない状態です。

ではどうしてるのか? あるんです いいものが 嫁の妹が誕生日にくれた水筒です。「海に行く時使って」とくれた水筒なのですが、これが眼を洗うのにちょうどいい! 広い口を眼にあててパチパチパチ たぶんこの姿を見た人は、「この人 眼で飲んでる!」 きっとそう思ってるに違いありません。

DSCF1179.jpg

これで早期洗眼することによって、サーフィン後の視界不良になりにくくなります。お試しあれ


 








コメント
46surfさん、こんにちは。
ライディング映像、残念でしたね。自分も拝見したかったです。
映像みると、自分のイメージとの余りの違いにびくりするんですよね。軽く落ち込みます。

以前に骨を折ったとお伝えしましたが、順調に回復しており、先週からサーフィンも復活しました。
徐々にピッチ上げていく所存です。

お互い頑張りましょう!
  • のぶ
  • 2018/12/26 8:29 PM

のぶさん こんばんは!

復活おめでとうございます!
無理せず、のんびり楽しんでいきましょー
(^-^)/
  • 46サーフ
  • 2018/12/27 7:34 PM

コメントする