main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

サーフィンらしきことをやってる2年目のこと



サーフィンを始めて1年がたち痛感していたのが、波に乗る回数を増やしたいということでした。 どうすれば波に乗る回数を増やすことができるのか? ぼくが出した答えは長く浮力のあるボードを手に入れることでした。

そして手に入れたのがBILL JHONSONSでした。 このボードのスペックは6'5×19 3/4×2 15/16です。 この長く厚い板は、想定通りの働きをしてくれました。 まちがいなく波に乗る回数を増やしてくれて、ぼくの成長を助けてくれたのです。

ただ、あまりの浮力の大きさに、ドルフィンがことのほか苦手で、結局手放すことになったのですが、サーフィンを始めてすぐに、このようなボードで経験を増やすことは間違いではなかったと思っています。


2年目には生活の上でも大きな変化がありました。 湘南は鵠沼に引っ越したことです。 休みの度に海へ通う生活は、家でのことがほとんどできませんでした。 海が近ければ、他のことにも時間が当てられる。 それが大きな理由でした。

問題もあります。 会社は東京にあるので、通勤が大変になることです。 慣れない電車通勤。 不安もありましたが、結果的には移住は成功でした。

当然海はすぐそばなので、入る回数が増えます。 春夏なら出社前に入れますし、なんなら会社から帰ってきても入れます。 それ以上に大きいのが、休みがサーフィンだけにならなくなったことです。

朝起きて2時間海に入って、帰ってきてもまだ10時。 日常にあっさり戻れます。 やらなければいけないことを片づけて、また夕方海に入れたりもします。 海が日常になるのです。

波がなかったら浜にいすを置いて海を眺めながらビールをのむ。 ただ湘南は波が無さすぎて、ビールばっかりになってしまうのですけどね(笑)

そんな中、波のあまりのなさにミニロングを買いました。 でも自分にはあまり合わなかったので半年ほどで手放してしまいましたが。



まだサーフィンを始める、ずっとずっと前のことです。 会社の同僚が言いました。

「サーフィンは人生を変えるって言われてるよ」

そのときぼくは、「なにを大げさな」 そう思っていました。 でもぼくはサーフィンのために引っ越しをしました。 これこそまさに人生を変えているではありませんか。 


そう サーフィンは人生を変えるのです



そんな2年目でした。 

他のサーファーブログはこちら







コメント
自分も、46surfさんと同じことを考え茅ヶ崎に移住・・。
通勤片道1:45分の毎日を過ごしています。

湘南に住んでみて分かったこと3つ。
・毎週サーフィンできるわけでは無い
(どフラットの日が、思った以上にある)
・小波用の板が必要。
パフォーマンス用の板だけではスネ膝の波に乗れません!
・波がよければ平日でも激混み!
みんな何して食べているんでしょうか??

いろいろ思う所はありますが、自分も湘南ライフをエンジョイしてますよ(^.^)
これからもお互い上達するように(自分的には回数入ってる割に進歩の度合いが遅いのが不満ですが・・)極寒の海に入りましょう!
  • のぶ
  • 2018/01/15 6:33 PM

管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/01/16 2:31 PM

のぶさん こんばんは!

1時間45分! 毎日お疲れ様です!
でも、その苦労に見合うものがあるからですよね
(^-^)

だいぶ水が冷たくなってきましたね
がんばっていきましょ〜
  • 46サーフ
  • 2018/01/16 9:34 PM

コメントする