main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

御宿へ行こう その2



御宿遠征2日目は、春の嵐でした。

東京は最高気温が10度に届かないとか。 こちら御宿でも13度程度です。 オンショアが強く吹きつけ、雨がサヤンテラスの窓を叩いています。 

海を見ていると一人のサーファーがチャレンジを始めました。 押し寄せる波々をかぶる度に大きく浜へ戻されています。 海に入って2〜3分。 いや1〜2分で上がってきました。 そのまま駐車場の方へ戻っていきます。

いくらなんでもあきらめるのが早くないですか? 着替える手間を考えたら、せめて20分はがんばってもよいのではないでしょうか? まあ、なにかあったのかもしれません。

しばらくするとまた一人入っていました。 今度の人はちょっと沖まで行けています。 おっ テイクオフ! ぐしゃぐしゃの波につぶされてすぐに水没です。 沖を一瞥して上がってきます。 ああこの人も諦めちゃうのね。

ところがこの人、駐車場ではなく堤防の方へ歩いていきます。 そしてそのままもう1度海へ。 堤防にそって沖へパドルしていきます。 きっとそこがカレントなのでしょう。 ただ上から見ている限り、テトラポットに叩きつけられそうで怖いです。 あれは真似できない。 

その人はゲットに成功して、ぐしゃぐしゃの波でなんとかショートライドを繰り返していました。


午後、風雨はさらに強さを増して、波もそのサイズを大きくしてきました。 風はオンショアのままですが、なんとなくショルダーの張った波も見受けられます。 よし! 行ってみよう!

堤防の横ではない場所で、カレントらしきところを探して海に入ります。 歩けるところまで歩いて行きます。 そこからセットの通過を待って、一気に沖へ出るつもりです。

しかーし しかし セットではない普通の波でも、容赦なくぼくの体を浜へ押し戻そうとします。 おっとっと ゆらいだ体を支えようと海底に足をつきさすようにふんばります。

なんとなく波が鎮まったところでパドル開始です。 行ったるぞー

けれども波はすぐさま元気を取り戻し、つかの間の平和は終わりを告げたのです。 1回目のドルフィン。 濁った海水にボードがかすんで見えます。

2回目 3回目 波は次々とやってきます。 まだ元気なので、ひたすらドルフィンを繰り返します。 

いやあ 出られねえなぁ 浜を振り向くと案の定ほとんど進んでいません。 ボードから降りると足がつきました。 1回休憩です。

堤防の方をちらりとも見ますが、やはり怖いのでやめておきましょう。 まわりの潮の流れを観察します。

波に翻弄されている動画です。



藤沢代表として、すぐさま諦めるわけにはいきません。 しかし沖に全く出られません。 結局1時間もがいたのみで二日目の御宿遠征は終わったのでした。


夜には雨も止んで月が出てきました。 風向きも変わりそうですし明日が期待できます。




今回の動画も写真もサヤンテラスからです


 




他のサーファーブログはこちら







コメント
御宿二日目は、ドオンショアのぐちゃぐちゃみたいだったですねー。こうゆうときのゲットって、なかなかインサイドのスープを抜けられないんですよね・・。
あと少しって所で、でっかいのが目の前で割れたりして。
割れる前だとドルフィンも楽なんですけど、波が割れた直後ってきついっす。分かります、分かります。

3日目は良い波だったんでしょうか?
その3も引き続き期待しております。
  • のぶ
  • 2017/04/26 1:08 PM

のぶさん こんばんは!

パワークエストだったら、もう少しなんとかなったんですけどねぇ

その3は今書いているのでもう少しお待ちください
(^^)/
  • 46サーフ
  • 2017/04/27 9:25 PM

よくこのコンディションで、それも一人で入られましたね!
そのチャレンジ精神凄すぎます・・・

私なら、今日はクローズアウトでしたー!って感じです。

次の日のブログも楽しみにしています!

Oyajisurfさん こんばんは!

せっかく来たんでって感じで入っちゃいました(笑)
もう少々お待ちください♪
  • 46サーフ
  • 2017/04/29 9:27 PM

コメントする