main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

ダンパーと小波と海の神



2017/1/31
湘洋中前
晴れ
腰 セット腹
セミドライ ネックウォーマー

さきおととい休んだばかりですが、また休むことができた火曜日の早朝です。 今日も前日荒れ狂ったオンショアで上がった波が、オフショアで整えられているはずという想定です。 サイズダウンする前にと、今日も日の出前から出動です。



海に到着するとさきおとといにタイムリープしたのかと思わせるワイドな波。 少しでもいいところを探そうと、江ノ島方向へ移動します。 しかし浜辺の遊歩道は、強烈なオンショアによって運ばれた砂に完全に埋もれています。 さすがのビーチクルーザーでも、こいで進むことができず降りて押していきます。

100mほど行くと、遊歩道の砂はすっかり取り除かれていました。 藤沢市の砂対策事業は大変なものだろうと思われます。 住民税を納めているぼくは、その恩恵を受けて自転車に乗ることができました。

なんとなくキレ目のある場所を発見。 自転車をとめて浜におりていきます。 シルエットの江の島を眺めながらカメラをセッティング。 しかしまだ暗いので撮影は無理かなぁ 三脚を立てるだけ立てて海へ入ります。

それにしてもワイド。 大きめの波は危なくてチャレンジできません。 小波のキレ目を狙うしかありません。 それでもテイクオフしてワンターンの途中に波にのみこまれるのが精一杯です。

波を待ちます。 強いオフショアがぼくを沖へ沖へと押しています。 耳が冷たすぎる。 湘南にモジモジ帽子はいらないだろ と普段は思っていますが今日は必要でした。 しかしあれってもう少しかっこよく作れないものなのでしょうか。



小一時間もすると日が登り、あたりも明るくなってきたので、カメラをまわしに一旦浜に上がります。 砂の冷たさが何かの拷問のようです。 録画ボタンを押して撮影範囲を確認しながら海に戻ります。 冷たいはずの海の水がぬるま湯に感じます。

それから数十分、波に翻弄されます。 まとまりきらない波は小波と中波のセットできます。 後ろの中波に乗っても、斜面から降りると小波の背中で先へ進めません。 

小波と中波がインサイドで重なり合うと光の速さで掘れ上がり、衝撃的な落差をともなう巨大ダンパーへと変貌をとげます。 巻き込まれたら一巻の終わりです。

小波狙いもむずかしく、これは無理だろうなと思った小さなうねりが、自分の直前でほどよくふくれあがり優しくキレていくのを歯噛みをしながら見送ることも数度。


ほとんど乗れない時間が続いたので1度仕切り直すことにしました。 カメラを見に戻ろうとカメラの位置を確認するも、その姿が見えません。 まさか盗まれた?

高いものではありませんが、ぼくにとっては大事なもの。 ちょっとめげつつ戻りながら考えます。 盗まれたのでなかったら? 倒れているのでは?

倒れているカメラを見つけて安堵。 強烈なオフショアにやられたようです。 今度は倒れないように足を砂に埋めます。 カメラの正面の海は無人になっていたのでそこに入ることにしました。

下はそこで撮った動画です。 ヘッポコです。 乗ってる瞬間は「ヒュー」とか言っていたのですが、見るとほんの瞬間の出来事ですね(笑) 加速させようと両腕を振り回しているのですが、その様がなんともヘッポコです。 



これを撮影したあと、沖でブレイクし始めたのでそこへ向かいます。 この辺だったよなと止まったさらに先にロングの人がひとりいるだけです。 すぐに大きな波が来ます。 トライするも少し厚めでテイクオフには至らず。 ぼくをおいていった波の向こうにこれから入ろうとする人の姿が見えます。 

またすぐに大きな波がきました。 これも乗れず。 でもまたきます。 大波ラッシュです。 これに乗れたらさぞ気持ちの良いことでしょう。 でもボードは走り出すことなく波は去っていきます。

さっき見えた人が近くまできていました。 ルックスうまそうなおじさんです。 この人が来る前に1本は乗っておきたかった。 乗れないところを何度も見られたに違いありません。 おじさんはぼくよりピーク側にポジショニングしました。 うん うまいから仕方ない。 知らないけど。

今まで数度トライして1度もテイクオフに成功していません。 今いる場所で、おじさんが乗らずにぼくが乗れるような波がくるとは思えません。 でもすぐおじさんよりピーク側に移動するのもなんだしな。

波がこない時間が少しあり、なんとなくゆるんだ空気が海の上に漂い始めました。 よし今だ。 おじさんの横をゆったりパドルして、ピーク側へと移動します。 なんならどピークからだっ! よーしここからなら乗れるだろう!

それから何十分たったでしょう。 波はまったくと言っていいほど入ってこなくなりました。 きても小さなうねりだけです。 おじさんは海を鎮める神だったのでした。


他のサーファーブログはこちら







コメント
こんにちはサーフ46さん^_^
鵠沼に住む45歳です。サーフィン歴はロング10年ですが週末サーファーです。
サーフ46さんがサーフィンを始めた年に今年になります^_^
サーフ46さんのプレセボタブレットの記事に触発されてショートもやってみたくなり最近、タブレット2をネットで探しておりましたが状態の良い物が見つからず調べて行くうちにタブレット2の進化系のプレセボエルディアブロを知りました。
オークションで良い状態のボードを見つけ最近、落札ゲットして届くのを楽しみに待ってます。
ロング歴は長いですが初めてショートに挑戦する私に何かアドバイスをお願い致します(^_^;)
ちなみにホームは鵠沼で最近は七里です。よろしくお願いします。
  • 45歳
  • 2017/02/21 3:58 PM

45歳さん こんにちは!

びっくりです。 プレセボはあの名作タブレットを捨てたんですね。 でもエルディアブロもよさそうですね(^-^)

サーフィン歴10年の方にアドバイスなんてできませんよ。 ただひとつ言えることは、ロングボードがタンカーなら、ショートは笹船ですので! 
  • 46サーフ
  • 2017/02/24 4:43 PM

こんばんわ、横槍入れてすいません。笹舟は言い過ぎでは?せめてプレジャーボート位に(笑)

この間知り合いに10fのロング乗らしてもらいましたがテイクオフ早い!曲がらない!曲げれない(; ̄ー ̄A

体と顔はボトムターン、板だけ岸に真っ直ぐ向かって波のフェイスに見事ダイブしました((爆))

タンカーのイメージは自分も間違いないと思いコメント入れさせてもらいました( ;`Д´)
  • kazusurf
  • 2017/02/24 11:20 PM

kazusurfさん こんばんは!

まあぼくも笹舟は言い過ぎかと思ったんですが、ぺらぺらのボードはまじ笹舟です(笑)

曲がらないボードもなんなく曲げる男になりたいです
(`・ω・´)
  • 46サーフ
  • 2017/02/26 10:36 PM

コメントする