main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



クリスマスイブ



湘洋中­前
腹­ セット胸
晴れ オフショア
セミドライ


しまった…


朝です。 昨日まで続いた強い南風がやみ、今日からは北風に変わります。


案の定、波情報サイトをチェックしてみると、腰〜腹 セット胸 フェイスOKとなっています。 なのになぜしまったなのか?


気持ち悪い…


昨夜、会社の忘年会があり、うかつにも記憶を失うほど呑んでしまったのです。 どうやって帰ってきたのかもわかりません。 無事に帰ってこれたことが奇跡です。 


まあよくある事ですが。


気持ち悪さをおさえつつ海に到着すると、待っていたのは少々厚めですが、しっかりショルダーの張った波と雪をかぶった富士山でした。 水は? それほど冷たくありません。


キモイ ッキモイ


ファーストゲットなのに休み休みパドルする体たらくです。


今日はニューフライヤーを持ってきました。 このニューフライヤーを買う時、これから2年は新しいボードは買わないと心に決めて買いました。 同時にパワークエストを買ったのですが(笑)


あれから2年がたとうとしています。 実は最近、この年になって、いつまでもショートでがんばるのもそろそろやめようかなぁと思ったりしています。 きっかけは体操の内村選手のお母さんでした。


彼女は50歳を超えた今、体操選手として現役復帰したことを、彼女のドキュメンタリー番組でやっていました。 若い頃から毎日かかさずトレーニングしているそうです。 その試合映像を見たのですが、ロンダートからのバク転にすごさを感じることはできませんでした。 


もちろんこの年齢でここまでやるというのはすごいことです。 しかもどの程度の試合だったのかはわかりませんが優勝していました。 それでも思うのは、「言うてもこんなものか」ということです。


つまり、1週間に1回海に入るか入らないかのぼく程度が、リップをキメたりエアをやるのは、とうていかなわないものなのではないかと思うのです。


ではどうするのか? 2年もたつことだし、やさしいボードを買おうよ。 てことになるのですが、そうなると手持ちの1枚は放出が順当。 そうなるとキャラ的にあいまいなニューフライヤーが候補にあがって、まあ今日は言ってみれば最後のお別れってやつです。


2〜3本乗ったところで、沖へ戻るセミロングのお兄さんに進路をはばまれ波から一度離脱。 再度戻るもすでにおいしいところを離れてしまったのでそこまで。 するとお兄さんは手を挙げ頭を下げて笑顔で


「ごめんなさい! じゃましちゃいました」


ぼくも笑顔で手を挙げます。 こんな気持ちのいいに、なにをされたって全然平気。 早く沖に戻って波を待とうぜ。


その後もそのお兄さんは、そんなとこ全然関係ないよってところからでも、謝ってくること数回。 周りの人たちとの会話を聴いてるとあきらかにこの場所の常連さん。 ただでさえ青い空と冷たい空気で爽やかなこの海を、さらに爽やかにしていくお兄さん。 あなたはすばらしい。




レギュラーにテイクオフ。 じゃっかん遅れ気味。 波の下で小さなアップスンで推進力をかせぐ。 今日はずいぶん軸足の動きを自覚しながら乗れている。 デッキパッドのどこに足を置いているのかもわかっている。 


波に追いついたのか、それとも波がまっていてくれたのか、上下する斜面にひろがりが出てくる。 意識してボトムターン。 からのトップターン。 おぉ いつもは下手くそなレギュラーのトップターンが、それっぽく決まった気がする。


そのままゆるゆるアップダウン。 このあたりでプルアウトの練習が頭によぎるも、そのままライディングを続行! 徐々に掘れあがってきた波に、ボトムでしゃがんで飛び上がるようにトップそして飛び降りるようにボトムへと動くと、バッ バッ とボードが海面を叩く音が響きます。


ほどなくブレイクしてきた波に足をとられるようにワイプアウト。 ロングライドの満足感に、ヤッホーと声をあげながら海面にたおれこみました。


うまくいかないこともあります。 悪いくせとも言えるのですが、実はリズム感がなかったりしてとも思える、ボトムでひざを伸びきらせてしまうことです。 おっとっとと、しきり直して次のボトムでしゃがむのですが、波につかまり勝ちになってしまいます。


二日酔いの中、ずいぶん楽しみました。 もう2時間が過ぎています。 そろそろ帰りましょう。 


グーフィーにテイクオフしました。 ボトムでしゃがんで、伸びあがってボードを波の上に引き上げます。 それを数回。 軽くリップっぽいのをかまして、くずれかけたバランスを修正しながら、さらにアップダウン。


なんとなく浜辺にいる人の視線を感じるところまでやってきました。 俺はやってるぜって感じで、もう1回リップっぽいのをいっぱつ。


海面があわあわになってきました。 だいぶインサイドまできちゃったけど、浅くねえかな? 大丈夫か? と思った瞬間、前足を滑らせてそのまま転落。


う〜ん このボードは手放せねぇ



他のサーファーブログはこちら







コメント
46サーフ様 おめでとう御座います!調子良さそうですねー。検定 後ろ足荷重 について 又 ブログお願いしまーす(笑)今年も頑張って行きましょう!
  • シンスケ・マック
  • 2017/01/01 6:57 PM

シンスケ・マックさん おめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。
検定のこと、すっかり忘れてました
(^_^;)
今月中にはアップしたいと思います。
  • 46サーフ
  • 2017/01/02 10:45 AM

コメントする