main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



引っ越して初めて



リフォーム作業に追われた生活がつづいておりましたが、ようやくある程度のめどがたち、引っ越して初めて海に行ってきました。 

自転車で家を出ます。 ほんの少し走っただけで134号が見えてきました。 

「海が近い(にんまり)」

そうは言ってもそのまま突っ込んでも横断するすべがないので、松波地下道までずれるしかありません。 ここを通って海に出るのは初めてです。 新鮮な気持ちです。

地下道を抜けると、真っ青な空と銀色の海が広がっていました。 すっかり秋の海です。 おどろくことに今日は今シーズン初の3ミリジャージフルです。

1か月近く海に入っていないのもさることながら、最後に入った10月も暖かい日ばかりで、スプリングですら暑さをおぼえたような記憶があります。


波は腰でセット腹ぐらいの楽しいサイズですが、かなりワイドです。 一見きれそうな波が寄せてくるのですが、割れそうで割れずに結局一気にブレイクしています。

そんな波を見てどこに入ろうか視線を泳がせつつ準備運動。 硬い。 ストレッチすらしていなかった体は、劣化したゴムのような硬さになっていました。

ここぐらいしか横に行けそうもないぞというところを見定めて海に入ります。 土曜日ですが人はまばらです。 

する必要もないぐらいのドルフィンを一回だけしてまばらなラインナップに到着。 ウェットに染み込んでくる水が冷たい。 このウェットはもうすでに4年使っています。 新品で9000円しなかったやつです。 修理を重ねてここまできましたが、さすがにそろそろ新しいウェットがほしい!

サーフィン検定の不合格から(詳しい話はまた後日)、後ろ足加重がうまくできないことに自分のサーフィンが大きな壁に当たっていることを感じ、当面はその点に重きをおいて練習していこうと思っています。

しかし想いとは裏腹に、ワイドな波はそう簡単に横に乗ることを許してくれません。 テイクオフできれば、横に乗れそうな斜面が広がっているのに、立ち上がったときにはすべて一気にブレイクしていきます。

「ダメだ なにもできん」

いけそうに思えるのが移動をはばみ、1時間オーバー、なにもできない時間を過ごしました。 このままいてもなんにもならないことをようやく認め、人が集中し始めたピークへ移動します。

ここも速いことにはかわりありませんが、まだなんとかなります。 少なくとも瞬間パーリングはありません。 でもライバル多し。 乗れる回数は限られてしまいました。

課題の後ろ足加重は?

今日の成果はありません(*_*)



他のサーファーブログはこちら







コメント
たぶん。カッコ悪いけど、孤独だけど、下手だけど、がんばるオッサンが好きでした。
イケテるオッサンになられましたね?

嫁に棄てられるのを待ってます。。。笑
  • BBABB
  • 2016/11/30 11:18 PM

BBABBさん こんばんは!

どこもいけてないおっさんですが(笑)
嫁に棄てられないよう気をつけます(^o^)/
  • 46サーフ
  • 2016/12/03 9:57 PM

コメントする