main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト



春一番? ジャンク 貸し切り



2015/2/23
鵠沼 海風のテラス前
くもり

セミドライ

日曜出勤したので月曜を代休にしたところ、春一番になるのではないかとテレビが言っていた通り、強い南風でどこもクローズアウトとの情報(+_+) 夕方の風の変わりに出動です。 クローズアウト中は、やはりえのすい寄りということで、最近よく行く松波には行かずに、引地川の東へチャリを走らせます。

銅像前は、どんどこ波がきて真っ白。 西部P前ぐらいなら、見てると行けそうです。 こんな日こそ、乗れそうなポイントにいないとダメそうなので、どこに入るか、しっかり検討します。

南風に運ばれてきた水は、いつもより冷たいのですが、気温が20度を越えてるらしいので、ネックウォーマーは無しです。 ドルフィンするたびに、背中に水がちろちろ入ってきますが、逆に気持ちいいぐらい。 けれども頭はじゃっかんキーンとなる感じがするのは、この冬初めて。

「あのブレイクしてるところを越えればOKだな」

と思ってから、なかなか前に進むことができません。 それどころか、セットをくらって、足がつくところまで戻されてしまいました。

「ありゃ? けっこうたいへんじゃん」

気合いを入れ直しパドルを続けたところ、ようやくアウトらしいところに到達したときには、海風のテラス前まで流されていました。

「あら 前のうちまできちゃった」

ここに入るのは久しぶりです。

荒れ狂っていた海が静まり始めてきた、といった感じのここら辺には誰もいません。 完全な貸し切り状態です。 ですがこんな状態なので、テイクオフしてちょっとすべるだけが精一杯です。 そんな中、新たなテクニックを発見?しました。

ボードが滑り出すのが遅れて、もうこれじゃ立っても波につぶされるだけって時に、ボディボード状態で、一気に斜めに滑り降りてしまうのです。 そしてボトムですっかり横向きになったところでスタンドアップ。 ずっこいけど乗れる本数が増えます(笑)

これを立ってできればいいのですが、立つという行為をしてると、絶対間にあわなくなってしまうのと、この急角度のグライドでボードを制御する技術は、まだ持ち合わせていません。

5時を過ぎた頃から、銅像前とえのすい前には、だいぶ人が増えてきました。 それでもこのあたりは近い人で50mぐらい離れています。 そんな彼らを見ると、ぼくよりかなりインサイドで待っています。

彼らをみならってインサイドに行ってみると、テイクオフできる回数が少し増えたような。 とにかく回数のってこのボードに慣れないと。


日が暮れてきて、風がオフショアに変わりました。 テイクオフのパドルの際に、ボードが切り裂いた水がスプレーになって顔にかかります。 波もだいぶまとまってきました。 乗れる距離もちょっとずつ長くなってきて、最高の1本が出ました。

レギュラーで、このボードになって、一番の距離を乗ることができました。 割りとまともなアップスンになっていたような気がします。 ただ、崩れる波を抜けきることはできませんでした。

1年の逆戻りは取り戻せる気がしてくる、春みたいな冬の夕暮れでした。

他のサーファーブログはこちら







コメント
コメントする