main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

ジャンク ジャンク


2016/6/25
鵠沼マック前
くもり
胸〜肩ジャンク

土曜日の朝です。 昨日からの強い南風で海は荒れているようです。 波情報だとゲットハードで中上級者がちょいとすべってワンアクションがやっととのことです。 土曜日なのに人もいないようです。 パワークエストを持って海へ向かいます。

強い風に飛んでくる砂に顔をしかめながら海に到着。 引地川河口には一人だけ、銅像前には二人だけといった状況です。 大きさはそれほどでもありませんが、波数が多くて、ゲットはかなりハードそうです。

まわりを見渡して気づきました。 50mほど先の波打ち際に、なにか大きなものがあります。 もしかして・・・

ちかづいてみるとやはりそれは亀でした。 

でかい

このでかさはちょっと怖いぐらいです。 大人がうずくまったのより大きいぐらいです。 甲羅にふじつぼがついていて野生を感じます。 この波でうちあげられてしまったのでしょうか。 鵠沼海岸に亀が産卵にくる話はきいたことがありません。


初めて見た亀に興奮しながら元いた場所に戻ってきました。 てこずるゲットに銅像前の二人のライディングをじゃましたくないので、どこからエントリーするか悩んでいると、ミッドレングスをもった人が一足先に海へ。 負けていられんとあとを追います。

白杭の右わきから海に入ります。 そうだ確かここはカレントっぽかったっけ。 タイミングを見計らってパドル開始。 波はバンバンやってきます。 ひたすらドルフィンとパドルの繰り返しです。

左にある白杭の先端の位置をちょこちょこ確認しながらパドル。 少しづつ進んでいます。 ミッドレングスの人を追い抜きました。 

そこからはひたすらドルフィン。 白杭は? うんうん離れています。 

ドルフィン ドルフィン ドルフィン

白杭は? うんうん離れています。

ドルフィン ドルフィン ドルフィン ・・・ 20回を超えました。

白杭は? うんうん 離れているけど離れ方がちと違う。

振り返ると浜はすぐそこです。 右に大きく流されていました。ボードから降りてみると足がつきます。 ミッドレングスさんがスープに乗っていました。

だめだこれは仕切り直しだ。 ボディボード状態で浜に戻ります。 この辺はサイドカレント強すぎたようです。

白杭を超えて西部P前あたりまで歩いてきました。 このへんにもカレントっぽいものがあります。 息を整えてから再チャレンジです。

ここでもやはり右に流されていくものの、だいぶ沖までやってきました。 あとひと壁越えればゲット成功といったところです。 こんなに苦労させられたのは久しぶりです。 

それでもようやくゲット成功。 結局銅像前まできていました。 さきほどからいた二人から離れてポジショニングです。

うーん アウトのうねりは気持ちいい。 スープまみれのインサイドとは別世界です。 とはいえここでもでかい波が手前で割れることがあるので、あたりが真っ白けになることも。

厚い波に挑戦。 おっ 乗れた。 ていうか立てた。

滑りださないけれどももうすぐ斜面が急になる気がする。 それまで位置エネルギーを確保しておくためにひざものばして棒立ち。

滑り出し始めたボードにさらに勢いをつけるべく、棒立ちで確保していた位置エネルギーを腰を落として伝えます。  複雑にうねる斜面をすべって右へ右へ。 あまり行くと戻るのがたいへんなのでそこそこでプルアウト。

うわー 気持ちいい♪

連続ドルフィンで沖へ戻ります。 

2〜3回波にのったところで、下手を打ってかなりインサイドよりまできてしまいました。 沖を見ると自分がいるところとアウトには、大きな波の壁が存在します。

「もう帰ろう」

早っ と思われるかもしれませんが、かなり体力を消費しています。 これ以上長引かせると、帰ってから疲労感が半端ありません。 今日は休みですがやることがあるのです。 試験勉強が。

そこから小さい波にちょこちょこ乗りながら浜へ戻りました。 あがってから海を振り返り考えます。 あとでもういっかいこよっかなぁ。  


家で勉強して夕飯の買い物をして(休みの日はぼくが夕飯をつくる係です)、昼飯前に海にリエントリーです。


海は朝と変わらずインサイドはぐしゃぐしゃです。 サイズは変わらずの胸〜肩。 朝と同じように白杭の左から海に入ります。 

うまくカレントに乗れたのか、割とあっさりゲット成功です。 調子に乗ると沖に出すぎてしまうのでまわりをよく確認します。 うんうん大丈夫そう。 まだ沖にも一人います。 その人を含めて、半径50mにぼく以外に二人しかいません。

肩ぐらいの波をテイクオフ。 左に左に滑っていきます。 追いついてきた波に危険を感じてプルアウトを試みるもボードは間に合わず体だけが宙に。 数秒の滞空時間(そんなわけないけど) 

この飛び出し感をボードに乗ったままやってみたい!

ハアハア 戻りが大変。 

でもドルフィンの極意をもしかしたら悟ったかもしれません。 それは、ドルフィン中は「休憩」と考えることです。 潜っているときは力を抜いて、肺に溜めた空気をゆっくり吐き出すだけ。 そうすれば、浮かび上がったときに元気よくまた漕ぎ始められます。

またまたグーフィーにテイクオフ。 あっ 右足の親指と人差し指にリーシュがからんで動けないよ。 そのままボトムターンしてプルアウト。

次もグーフィー。 ゲットしてくる人をよけて。 またまたよけて。 パンピングして・・・


まとまりがないけどサイズがあると乗っている時間が長い。 やっぱり波は大きくなくちゃ。 

おおっ ちょっとでかめが来たよ。 ガスガスパドル

あれ? ワイドかも

それでも勢いでテイクオフすると左からも右からも割れてくる波。 どっちにも逃げられません。

わおー

まっすぐ波を滑り降りて制御不能感なスピード。 右にターンしようかと思うもそのままボードから落下。 水面にたたきつけられる衝撃。 

痛い

帰ろう

試験勉強しなくちゃ。


朝も昼も30分ずつでした。


手首の痛みですが、サポーターをしていればほとんど気にならないぐらいになりました。 おかげでこの日で3日連続サーフィン。 次の日もやったので4日連続でした。 調子にのってまた痛まないようにしないと(深く反省)

他のサーファーブログはこちら







1か月ぶりの海


2016/5/29
鵠沼 マック前
晴 スプリング


左手首を保護するサポーターをつくって、ほぼ1か月ぶりにボードを持って海へ行ってみました。 とは言っても波はすねひざ。 波に乗るためというよりも、パドリングをしにいく感覚です。

天気のよい日曜日の海は、波がないながらも人出は多く、波打ち際に一直線に並んでいます。 そのラインナップを越えたところで、えのすいの方へひたすらパドリングです。

殿網が地引き網をやっているようなので、そこでUターン。 ここから、ゴーグルをつけてボードから降り、泳いで銅像前へ向かいます。 海は息継ぎが難しいです。 クロールは続きません。 平泳ぎでいきます。

途中、潜水してみたりしますが、透明度が低くおもしろくありません。 息も続かないし。

西部駐車場前で、少しだけ波乗りにチャレンジ。 やはり左手首は痛いので、手のひらをべったりつけることができません。 それでもなんとかできる感じです。 まあ無理は禁物。 今日はこれぐらいにしておきましょう。

他のサーファーブログはこちら







夕暮れグーフィー



2015年度は最後まで忙しい年でした。 おかげで3月にサーフィンに行けたのはたったの2回。 しかもどちらも出勤前の30〜40分程度のものでした。 そのせいで顔は生っ白く、心なしかお腹はぽっこり。

とは言え、良いか悪いかはおいておいて、4月になるとぱったり仕事はなくなり、週休二日で残業もなくなります。 朝も始業時間ぎりぎりに出社すればよいので、今までより20分はゆっくりできます。

ああ人間に戻れたよ

自分を取り戻してふと気づく朝の明るさ。 出勤前に楽々サーフィンに行けるではありませんか。 

さらに無休で働き続けていたので、代休がたんまりあります。 うちの会社は、4月にばんばん有休使ってくれというスタイルです。 そして有休を消化するためには、まずは代休を消化しなければならず、どかんと休みをとるわけです。

プレゴールデンウィークってやつです。

今は連休の5日目の午前中。 休み中は波もそこそこあったので、昨日までは毎日海に行っていました。 今日は南風がすごいのでおやすみ。 でも夕方に行くかもしれません。 

4月はすでに9日サーフィンしています。 実に2日に1回以上です。 さすがにこれだけいくと、肩と腕の筋肉がちょっと成長したような。 なまった体はすっかり絞れてきたようです。

たくさん行けていますが、たいていワイドなブレイクだというのが残念なところです。 ぼくのスキルで、横に走れたと言えるのは2日間ぐらいですね。 その中でも最高なコンディションだったのはおとといでした。



おとといは天気がいいので、嫁とタンデムで丹沢にツーリングに出かけていました。 大山から臨む相模湾。 そこに浮かぶ江の島。 ヤビツ峠を抜け、蒼い渓流と薄桃色の山桜。 春のやわらかな自然を満喫です。 到着した宮ヶ瀬ダムで嫁が、

「今日は海に行かないの?」

と訊いてきました。 うん 今日は全然行く気はないよと答えながら考えます。 そうか、家につくのはおそらく4時。 全然行ける。 スマホで波をチェックすると腹胸でオフショアとあります。 よし行こう!

宮ヶ瀬から伊勢原、平塚を抜けて134号を東へ。 松林の切れ目に時々あらわれる海を見ながら予定通り4時に帰宅。 準備をして海へ向かいます。


夕暮れ近い銅像前は、セットで胸程度の波が打ち寄せていました。 北風にあおられて、波のトップから白い煙がたなびいています。 ブレイクはタルめながら、確実に右に左に割れていっています。 これはもしかしていいんじゃないの?

デッキチェアに嫁を残して、小走りで海へ向かいます。 セットが行きすぎるのを待ってからパドル。 2回のドルフィンであっさりまばらなラインアップに到達しました。 この場所は完全にグーフィーしかありません。 それぐらいはっきりした波です。 


2度目のトライでテイクオフ成功です。 左前方にはしっかり斜面が残っています。 ここのところ速い波ばかりだったので、それだけで興奮してきます。 ボトムターンからトップターンをひとつ。 アップスンらしきものを数度はさんで、もう一度ボトムターンからトップターンで波においていかれました。

やっぱり思った通り乗りやすい波です。 ワクワクしながら沖へ戻ります。 

呼吸を落ち着けたところですぐにテイクオフに成功。 同じ波を競っていた左の人の辺りで軽くトップターン。 斜面を滑り降りて上半身を左にねじり、前足から少し荷を抜いて、あらよっとゆるやかなリップもどき。 

それをさらにもう一度繰り返したところで、波の斜面がゆるやかになり、ボードの勢いが(そもそもそんな勢いではないが)なくなってきました。 ここまでかと後を振り返るとブレイクが近づいてきます。 ああ 戻らなきゃダメだったのかぁ

とは言えかなりのロングライド。 乗れるポイントがアウト〜ミドルなので、少し遠いですが、人数が少ないので嫁もぼくを認識できてるはず♪


次のライディングでは、波が勢いをなくす前にボードを反転させました。 しかしその時点ですでにボードは沈み気味。 ブレイクする波に呑み込まれるように沈んでいきました。 

さらにもう一本。 ボトムトップ、ボトムトップときたところで斜面がゆるやかに。 ひざを縮めて右へターン。 ブレイクにあてるように左へターンさせますが、レールが深く入って失速。 ズブズブ沈没です。

カットバックを身につけるのはまだまだ先になりそうですが、今日のサーフィンには大満足です。 30分という短時間でしたが、密度は高いものでした。


寄せるスープをとらえて浜に戻ります。 デッキチェアに座る嫁のところへ戻ると嫁は開口一番

「全然、発見できませんでしたぁ(*´▽`*)」

(^_^;)

それでも夕暮れビールはうまい。



他のサーファーブログはこちら







まだまだ初級



3月工期の現場が佳境を迎え、いっさい休むことができなくなっていました。 サーフィンするのは夜勤明けか、出勤時間がじゃっかんゆるくなる日曜の朝しかありません。 そんな朝、携帯のアラームで目を覚ましました。

んっ ん

なんだかのどがいがらっぽいです。 というか胸が軽くゼーゼーいっています。 やばい、これは風邪か? 今日はやめておこうかなぁ

そう思いながら波情報をチェックすると、銅像前で腹胸セット肩の40点となっているではありませんか。 いかねばー いかねばー


潮水でうがいすれば胸のゼーゼーもとれるよと言い聞かせて海に到着。 あがったあとのシャワーを考えて、シャワーに近い銅像前に入ります。

白いスープが幾重にも斜めに押し寄せてきます。 これはゲットにてこずるパターンでは? と思われるも、それほど苦労することなくゲット成功です。

大きなうねりが入ってきます。 このサイズはかなり久しぶりな気がします。 正直、ちょっと怖いぐらいです。

意を決してパドル。 バックサイドにテイクオフしました。 斜面を滑り降りる速さったら。 うっ なにもできない

ボードは不安定にこまかくゆらゆらと揺れ、行き先が定まりません。 なんとか左にターンさせます。 もうないかと思われた斜面があるも、そこでバランスをくずしてワイプアウトです。

くそだ。 下手すぎる・・・

自分に毒づきながら沖へ戻ります。

次も大してかわらないへたれバックサイドです。 こんなもんなのか? 波が大きくなると途端にこのていたらくか? いやいやレギュラーならもう少しましなはず。

フロントサイドで乗れるようにポジショニングします。 

ほどなくテイクオフ。 右斜め下に滑り降りながら、レールを入れることを意識します。 かなりスピードが出ています。

ほらほらレギュラーならなんとかなるじゃん

そうは言ってもコントロールギリギリ感は否めないままボトムターン。 トップにボードを持っていかれるようにワイプアウト。 だめだぁ なにかが違うぅ

そのあとは、かなりたるい波でバックサイドのカットバックを試みるも失速沈没。 出勤時間がせまったので後ろ髪を引かれる思いで海をあとにしたのですが、ちょっとはうまくなったつもりだったけど、まだまだ初級だなと実感した朝でした。


他のサーファーブログはこちら







夕日と・・・



仕事が忙しくて、本来休める日数を休めていない状況の中、「今日はもう帰ってもいいかな?」と思えた日に、波がそこそこあるようです。 よし帰ろう。

家に着いたのは4時近く。 日没も早い時期なので、できるのは1時間ぐらいでしょう。 そそくさと準備をして海に向かいます。

夕暮れの海は、南風を受けて波数の多いジャンクコンディションでした。 サイズは腰から腹ぐらいあります。 サーファーもまばらな銅像前の左に入ります。

カレントを見つけてゲッティングアウト。 数回目のトライでグーフィーの波へのテイクオフに成功するも、ボトムターンできずにワイプアウト。 うーん まったくレールをいれられなかった。 もっとひざを縮めていかなければ・・・

今度はタルい波でテイクオフ。 軽くパンピング気味に左へ進んでいくと、急激に掘れ上がる波。 やばいかこれはぁ と思いながらボトムへ降りるも、ノーズが突き刺さり体は前方へダイブ。 左半身から海面に叩きつけられます。

くっ 首が折れる・・・

横からの衝撃に、首がへし折られそうになりました。 おお 痛たたた


オンショアで荒れているときによくありがちな、急に乗れそうに掘れ上がる波にテイクオフ。 「今度はさっきのように飛ばされないぞ」と右から重なってきている、ゆるやかな波の斜面に一度ノーズを振ってちょいと波を降りてすぐさま左へターン。

くずれていく波を抜けきるまではいきませんでしたが、今のとっさの動きは反射神経のすっかりおとろえた49歳にしては素晴らしい動きではなかったでしょうか^^


陽が沈み空はオレンジ色に。 富士山と箱根の山々がシルエットになっています。 美しい・・・ 今日入れてよかった。

基本、ショルダーが続かない波なので、ボトムターンの練習に重点を。 しっかりしゃがんで、レールを入れて。 いい感じにできました。 しかもトップでの返しのターンで、波の上をノーズがシュパッと回転したではありませんか! こんなこと一度もなかったよ。 ちょっと今のかっこいいんじゃない♪


オレンジ色の空と海に、さらに気をよくしてパドルしていくのでした。


しかしその後トラブルに・・・ ああこんなにすいていたのに油断した。 
調子に乗らないようにしようと反省した一日でした。





他のサーファーブログはこちら







| 1/6PAGES | >>