main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

久々の動画



久しぶりの動画です。 場所は鵠沼殿網前あたり。 腹〜胸で波数の多い日でした。 ゲット大変そうだったんで、パワークエストを持ち出してます。 パワークエストとしては、これだけ乗れたのは初めて♪ 

なんだか変な風にワイプアウトしていますが、なんだかタプタプしててこんな感じになってしまいました。 撮影時間は30分ぐらいだったので、まあこれだけ乗れれば良い方だと思っています。 もう少し長いライディングもほしかったですけどねぇ(;^ω^)


他のサーファーブログはこちら







春一番? ジャンク 貸し切り



2015/2/23
鵠沼 海風のテラス前
くもり

セミドライ

日曜出勤したので月曜を代休にしたところ、春一番になるのではないかとテレビが言っていた通り、強い南風でどこもクローズアウトとの情報(+_+) 夕方の風の変わりに出動です。 クローズアウト中は、やはりえのすい寄りということで、最近よく行く松波には行かずに、引地川の東へチャリを走らせます。

銅像前は、どんどこ波がきて真っ白。 西部P前ぐらいなら、見てると行けそうです。 こんな日こそ、乗れそうなポイントにいないとダメそうなので、どこに入るか、しっかり検討します。

南風に運ばれてきた水は、いつもより冷たいのですが、気温が20度を越えてるらしいので、ネックウォーマーは無しです。 ドルフィンするたびに、背中に水がちろちろ入ってきますが、逆に気持ちいいぐらい。 けれども頭はじゃっかんキーンとなる感じがするのは、この冬初めて。

「あのブレイクしてるところを越えればOKだな」

と思ってから、なかなか前に進むことができません。 それどころか、セットをくらって、足がつくところまで戻されてしまいました。

「ありゃ? けっこうたいへんじゃん」

気合いを入れ直しパドルを続けたところ、ようやくアウトらしいところに到達したときには、海風のテラス前まで流されていました。

「あら 前のうちまできちゃった」

ここに入るのは久しぶりです。

荒れ狂っていた海が静まり始めてきた、といった感じのここら辺には誰もいません。 完全な貸し切り状態です。 ですがこんな状態なので、テイクオフしてちょっとすべるだけが精一杯です。 そんな中、新たなテクニックを発見?しました。

ボードが滑り出すのが遅れて、もうこれじゃ立っても波につぶされるだけって時に、ボディボード状態で、一気に斜めに滑り降りてしまうのです。 そしてボトムですっかり横向きになったところでスタンドアップ。 ずっこいけど乗れる本数が増えます(笑)

これを立ってできればいいのですが、立つという行為をしてると、絶対間にあわなくなってしまうのと、この急角度のグライドでボードを制御する技術は、まだ持ち合わせていません。

5時を過ぎた頃から、銅像前とえのすい前には、だいぶ人が増えてきました。 それでもこのあたりは近い人で50mぐらい離れています。 そんな彼らを見ると、ぼくよりかなりインサイドで待っています。

彼らをみならってインサイドに行ってみると、テイクオフできる回数が少し増えたような。 とにかく回数のってこのボードに慣れないと。


日が暮れてきて、風がオフショアに変わりました。 テイクオフのパドルの際に、ボードが切り裂いた水がスプレーになって顔にかかります。 波もだいぶまとまってきました。 乗れる距離もちょっとずつ長くなってきて、最高の1本が出ました。

レギュラーで、このボードになって、一番の距離を乗ることができました。 割りとまともなアップスンになっていたような気がします。 ただ、崩れる波を抜けきることはできませんでした。

1年の逆戻りは取り戻せる気がしてくる、春みたいな冬の夕暮れでした。

他のサーファーブログはこちら







ファンボでファンサーフ2

なんだか週末に波が上がる周期があってきた湘南です。 サイズは腹胸。 今週もファンボでファンサーフ狙いです。

グーフィーな位置にポジションしているのですが、テイクオフからスピードがつきすぎて、ターンに持ち込めません。 

「だめだぁ 一気に降りちゃだめだぁ」

自分に言い聞かせます。 レギュラーならどうよ?ってことで、レギュラーなポジションに移動してトライします。 勢いよく滑り降りるぼくとボード。 戻る波へと顔を向け、うりゃあと無理やりボードの向きを変えます。 だめだこれじゃ・・・ いくらなんでも波から降りすぎだ。

とにかくファーストターンを、もうちょい早めにするか、ロンボさんみたいにスピードコントロールして、波の上に居続けるようにしなければ。

まあいろいろ注意しながらトライすること30分。 ついにロングライドできました。 レギュラーで大きくアップアンドダウンを3回。 トップに戻ったところで、一瞬波においてかれそうになったところで、「トウッ」とか言いながら、ぐいっとしゃがんで抜重。 波の力を取り戻して、さらにインサイドへアップアンドダウンを繰り返していきます。 チョーキモチイイ!

戻るのはたいへん。 ローリングスルーはボードが止まってしまうわ、ボードの上に戻らなきゃいけないわと、波数多いと遅々として進まない感じです。 波がおさまる瞬間を狙って、一気に沖へ向かいます。 それにしても、もう少し元気だと思っていたのですが、最近パドルがヘロヘロです。 5ミリだからでしょうか?


そんな風ではありますが、ちょっと進歩したんじゃないの? ってことがあります。 レギュラー方向で、深いボトムターンができている気がするのです。 深いボトムターンってなによ? てことになるでしょうが、波のボトムで「うんこらせぇ」って縮んで、戻る波のトップをぐいっと睨んでる感じです。 

この、ぐいっと睨んでる時間をきっちり認識できていることと(頭がまっしろじゃないということ)、そのあと「よっこらー」と伸び上がるタイミングを計っている自覚があります(頭がまっしろじゃないということ)。

それに比べてトップターンは、いまだなにをやっているのかわかっていないですね(頭がまっしろということ)。 ただただ本能にまかせてボードの向きを変えているだけです。





他のサーファーブログはこちら







ファンボでファンサーフ



土曜日は波が良さそうなので会社を休みに。 日の出前、海に向かうだけでセミドライなのに寒い、今年一番の冷え込みらしい。 確か最低気温は2度。

海風のテラス前から入る。 波は腹胸。 週末に波が上がったのは、どれぐらい前のことだったろう? まわりのひとも、久しぶりだねなんて話をしている。



朝のラウンドは3時間。 ノーブランドショートボードでがんばったが、やはりこいつも浮力が足りない。 波があるのに、きもちいいライディングはいっさいなし。 ただ海で遊んだ充実感だけ得て帰宅。


納豆と目玉焼きの朝御飯。 朝日を浴びながらのビールがうまい。

やらなきゃいけないことを片付けていると突然の睡魔におそわれてソファにたおれこむ。

くだらない電話に起こされる。

ハンバーガーがむしょうに食べたくなってマックへ。 ついでに波チェック。 朝よりもしかしてまとまってる?

マックはなんだかおいしくなくてブルー。 モスにしておけばよかった。 最近おいしいはずの食べ物をおいしく感じられないような気がする。 今度ほんとにおいしいものを食べて確認してみなければ。 




上がりの時間を見込んで2時過ぎに海へ。 朝疲れきったのでファンボでまったりするつもりが、ドルフィンできないためにはげしいパドルアウトを強制される。 しかし、出てしまえばこっちのもの。

目のためを思ってサングラスをしてくるも、太陽を隠すためだけに存在するかのようなひとかたまりの雲のおかげで必要なし。 でも空は青く心地よいい。 ただし振り返った藤沢方面は黒い雲がゆらりと地上に垂れている。 雨か?

しばらくするとその雲がこちらまでのびてきて、あたりを暗くする。 風が冷たい。 雪? デッキにカシャカシャと空から落ちてきたものたちが当たる。

そんな暗雲はすぐに消え去り、また青い空。 でも相変わらず太陽は雲に隠されたまま。



頻繁に乗れる時間と、まったく乗れない時間が交互に訪れる。 流されてしまうからだろうか? 陸を見てはポジションキープのパドルを繰り返す。



やっぱりファンボードはファンだ。 波の上を滑る感覚を久しぶりに満喫。 グーフィーはテイクオフで斜めに降りるのがうまいけど、レギュラーはアップアンドダウンでぐいぐい進めちゃう。



夕焼けのオレンジ
雲の濃いグレー
空のブルー

日没直前に太陽がようやく顔を出したころには、もうまわりには4人ほどしかいない。 まだやるの? まだ見えるもんね。



朝入ったときはかじかみかけた足も気にならず。 寒いという感覚は一切ない。 夏の夕暮れに遊んでいる錯覚を覚えながら最後の1本を誰もが探している。



後ろからまあるい月がぽっかり浮かんできたのも知らずに、ぼくたちはいつまでもまだ遠い大きめのうねりを見つめていた。

他のサーファーブログはこちら







冬のはじめ

2014/11/5
鵠沼 海風のテラス前
くもり
腰腹
3ミリジャーフル

ここのところ、ずっと波がない日が続いていた湘南ですが、ようやく新しい台風のうねりが入ってきたので、久しぶりの出勤前サーフです。 真っ暗の中、家を出ます。 引っ越してきた頃は、朝は真っ暗で冬の出勤前なんて無理だと思っていましたが、まあなんとかなるものです。

寒い・・・

小走りで体を暖めようとしますが、テンションはあがりません。 海についてビーサンを脱ぎます。 目の前に光の速さでブレイクしていく波。

冷たい・・・

砂が超冷たいではありませんか。 逃げ込むように海に入ります。 

ちょっと冷たい

ウェットのもろいところからしみてくる海水に、なかば逃げ腰になっています。

ええい 行くしかない

ボードに腹ばいになってパドルを始めました。 こいでしまえばこっちのもの。 寒さを置き去りにして沖へ進みます。 それでもドルフィンは遠慮がち。 たいして変わりはしないのに、いつもより浅く、海水をすくいとるように波をくぐっていきます。


一番乗りかと思っていましたが、すでに先客がいらっしゃいました。 こんなすいてる海で、わざわざ波を取り合う必要もないので、少し離れたところで波を待ちます。

2〜3本目でようやくテイクオフに成功。 グーフィーに少しだけ横に滑って沈没。 久しぶりの波乗りに乱れた息を整えてから、沖へ戻ります。

波待ち
北風
暗い空

耳が痛くなってきました。 ああ、もう冬なんだなぁ。 波数が少ないと3ミリじゃきついなぁ。 でもちょっとこぐと暑いしなぁ。

冬のはじめは難しい季節です。


他のサーファーブログはこちら







| 1/3PAGES | >>