main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

暴風雨の平砂浦 48回目のサーフィン @平砂浦 ファミリーパーク  



平砂浦 ファミリーパーク前
暴風雨
腹〜胸 セット肩
3ミリジャージフル

台風27号のうねりが届きだしたかな? と思わせる先週の日曜日に、千葉の平砂浦に行ってきました。

雨が強く降っています。 何年か前、まだサーフィンをやるようになるなんて思いもしなかったころに砂浜を見にいった道を、今はボードをかかえて歩いています。

防風林の植樹を始めたばかりの広い土地を抜けて海に出ました。 左右に広がる浜と、ところどころにかたまっているサーファーの群れ。 遠く左に見える集団は、たぶん南房パラPでしょう。 目の前の海には誰もいません。 少し左と少し右に、20〜30人ぐらいずつの集団があります。 じゃっかん少なめに見える右に行ってみましょう。

河口まで歩いて、高台から浜に降ります。 川を歩いて横断。 川の水は冷たいです。 

浜で入念に準備運動。 風が強いけど、オフショアなので大丈夫。 今日、ここ平砂浦を選んだのは、北東の風が強く、千葉に多い東向きのポイントはジャンクになるとの情報があったからです。

水は、きれいそうなのに白くにごっています。 エメラルドグリーンの水に牛乳を混ぜた感じ。 いちばんよさげなピークの右となりのピークのはじっこにエントリーです。

今日はプレセボタブレットです。 こいつでのドルフィンスルーにもようやく慣れてきたので、ゲットもらくちんです。

ところが海に入って30分以上たっても、まともなテイクオフができません。 厚い波が多く、セット以外は乗れない感じなので、みんなセット狙いになっています。 競争率が高すぎます。

平砂浦は、もっとすいてるイメージできたのですが、今日の気象条件から、サーファーが集中しているのかもしれません。 しかもみんなうまい・・・ となりのピークで乗った人が、ぐんぐんこっちへくるので、波のはじで乗るのは不可能です。 そもそも波のはじっこがトロ厚くて、テイクオフもきびしい状態。

自分の周辺にピークがきても、ベストポジションにがつがつまわられ、その場で動かずに波を待っているぼくは、まず波をとることができません。

さらに自分がドピークにいると、手前でブレイクするように見えて、波を流してしまいます。 過ぎ行く波にあおられながら、「うわっ いけたじゃん・・・」 と後悔することばかりです。

このままじゃなんにもならん! そう思ってがんばるのですが、波をつかまえることができないのです。 

波をとらえてる人を横目でみていると、パドルのひとかきで、ぐぐっと加速しているのがわかります。 なんだあれは・・・? あんなのに勝てっこない。

別な人は、波をとらえきれないか・・・ と思わせた瞬間、胸をボードに当てる感じで押し込んでボードを走らせています。 なるほどなるほど

ぼくはといえば、波をとらえることが精一杯で、テイクオフできても、まっすぐ前をみて波を滑り降り、そこからターンを始めるので、あっさりくずれた波につかまってしまいます。 だめだ 今日はまったくだめだ。

まあこんな日もあるよと、自分をなぐさめてはみるのですが、きれいに割れる波に、なんの苦労もなさそうにすいすい乗っている人たちを見ると、なんで自分はあれができないんだろう? と情けなくなってきます。

たまにうまく波をとらえ、その中でたまに横に動けたとしても、スピードがありません。 初めに滑り降りた運動エネルギーだけで終わってしまい、そのエネルギーがなくなったらぼくのライディングは終わりです。 

「くやし〜(T_T)」

なんだか久しぶりに楽しくないサーフィンです。 ただ、「このままじゃ終わらないぜ」という気持ちだけでやっています。


強かった風が、さらに強くなり、雨と波しぶきを真横に飛ばしています。 風が吹いてくる岸の方に、顔を向けていることさえままなりません。 波に乗った人がボードではじいた水しぶきが、機銃の弾のように飛んできます。

沖の方に目をやると、水面に叩きつける雨でできた白い水煙が、まるで煮え立つ地獄の釜のように見えます。 こんな中で遊んで何が楽しいのでしょうか? 


ああ楽しい♪

他のサーファーブログはこちら







| 1/1PAGES |