main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

夏 サーフバカンス 39と40回目サーフィン @中里海岸


中里
晴れ
ひざ セットもも
ラシュガード サーフパンツ


お盆です。 今日は中里海岸に泊まりでやってきました。 お盆ですが人が少ない。 3日前の日曜日はそれなりに混んでいましたが、今日はがらがらです。 サーファーはぽつぽつと点在しているだけです。

すいているので、海水浴エリアのすぐ横に入水。 海水浴客にかっこいいところを見せようと思ったのですが、潮が引いていてショアブレイクなのと、3日前のタブレットの感覚が残っているせいか、パーリングばかり。

30分ほどしてボードに慣れてきたのと、テイクオフ直後は後ろ足加重にすることでノーズが突き刺さるのを防止して、なんとか乗れてきました。

1時間ほどして早くも休憩。 缶ビールをごくり。 夏だぜ。

ショートボードに乗り換えます。 今日はBicです。 タブレットは熱に弱いので、使わない時間においておくのは、やばいかな? との配慮なのですが、そういう意味ではファンボードもエポキシだ・・・


今日はショートボードのライディング動画があります。 波はひざだし、めっちゃショートライドで恥ずかしいんですけどね。 まずはレギュラー方向へ行こうとしています。



続いてグーフィー方向。 右ひざのしぼりこみはいい感じですが、左肩を開けていません(汗)





「波がくずれてから曲がってんじゃん!」

とかいう突っ込みはどうか勘弁してください。 結構、打たれ弱いんで。



サーフパンツでやっていると、デッキパッドでひざがすれて痛くなってきました。 ぼくのテイクオフは上半身を起こしたら、尻をあげた反動で両足をひきこんできます。 この際の下半身側の支点がひざになり、テイクオフのたびに、ずるっ ずるっとひきずられます。

あまりに痛くなってきたので、足を出す方法を変えました。 上半身を起こした後、まず後ろ足である右足をデッキパッドにのせて、前足の左足を前に出す方法です。

以前の方法に比べて、ボードに立ち上がるまでに時間がじゃっかんかかるのですが、足位置が決まりやすいので、いつでもこれでいいのでは? しかも立ち上がる動作に変な力を使わないのでボードが安定しています。

夕方までのんびり波乗りを楽しみ、歩いていけるぐらい近いホテルにチェックインしました。 家族連れ、テニス合宿の学生たちと、かなりワイワイしているので、静かに食事をしたい人には向いていないと思いますが、料理はおいしいし、ボリュームたっぷりなので、海で思う存分遊ぶって人におすすめの宿です。



翌朝、ボードをかかえて歩いて海へ。 黄金色の海は、いい感じのうねりがきているのですが、ショアブレイクでまったく乗れません。 1時間筋トレしただけでした。 そんな中、波待ちするぼくの50mほど置きに、ぬめっとした体をくねらせて泳ぐ得体の知れない生き物。 ぐうぜんビデオにとれていました。



4回ほど水面に出てきますが、わかりやすいのは、17秒と24秒あたりですね。


今回泊まったホテルはこちら
料理がおいしいだけでなく、九十九里を一望できる、展望風呂も魅力です。 海まで歩いて5分。 外シャワーもあるので、サーファーにも安心です。


他のサーファーブログはこちら







夏 生き物天国 38回目のサーフィン @中里海岸



中里
晴れ
ひざ〜もも セット腰
ラシュガード サーフパンツ


お盆前の日曜日、日本中がこげて、甲府と高知で2日間連続40度オーバーの中、九十九里の中里海水浴場へ行ってきました。

なぜ中里か? お盆にホテルを予約できたのが、中里海水浴場の近くだったので、事前の偵察です。 教えてgooで、夏の中里海水浴場でサーフィンできるのか質問したのですが、1件の回答も得られなかったので、自分で見に来た次第です。

駐車場の感じは、ここより南にある一松海岸にそっくり。 右の駐車場に車をとめます。 海を見ると、海岸中央に幅80mぐらいでブイがつながれたロープが張ってあります。 その外側には遊泳禁止の旗が。 なるほど全然サーフィンOKです。

しかし、このだだっぴろい九十九里の浜に、こんなにも狭く海水浴場の仕切りって・・・ ちなみにまっさかりの時間の写真がこれです。



まるで湘南です。 反対に目を向けるとこれです。



この不自然さがわかっていただけるものと思います。

きれいなトイレで用をたした後、左の駐車場に移動してこちら側に入ることにしました。

そろそろクラゲも出てくるでしょうから、今日からクラゲよけの「SAFE SEA」というクリームを塗ります。 チンクイ虫にも効果があるそうです。


海水浴エリアの横から、けっこうな人数のサーファーがいますが、遠ざかるにつれて人は減り、100mもいけば無人です。 無人エリアに入水します。 今日はプレセボタブレットです。

念のためことわっておきますが、サーフィンの話は今回はこれで終わりです。 あとは海で出会った生き物の話です。 それぐらい波が悪かったんですよ(T_T)


水がとてもきれいで、胸ぐらいの深さでも底が見えます。 しかし今日は南風が強く吹いていて、波はまとまりなくぼよついています。 まったくいい感じに乗れない上に、油断していると、どんどん北へ流されていきます。


海水浴場のひとごみがだいぶ小さくなったので、浜に上がって歩いて戻ることにしました。 歩いているとなにやら右足のすねに痛みが。 見てみると、アブが足に吸い付いて、ぎゅっとなっています。 

げっ!

あわてて払い落とします。 砂浜に落ちたアブは、「んお〜 なんだよぉ」といった風に顔をくるくる動かしているので、急いで砂をかけて埋めてやりました。 

「俺の血をすうからにはそれなりのリスクは背負ってもらわないとな・・・」

「SAFE SEA」は、クラゲからは身を守ってくれるようですが、アブには効き目がないようですね。 (すぐに血を絞り出したのですが、1週間たった今でもまだ痒いです(泣))



海水浴場よりに戻って海に入り、ひざぐらいの深さを歩いているときです、海の底を平たいものが移動しているのが見えました。 
「うぉっ! あれはエイ!」

30センチぐらいの小さなエイでした。 エイって、やばいんじゃなかったっけ・・・? 

ここから先はこわくて、できる限り歩かないようにしていました。 あの、踏み出した足の下で、「ぎゅっぎゅっ」と身をよじらすように動くなにかの生き物を感じるたびに、ぶざまなぐらいにあわててボードに飛びつきます。

しかし、波待ちでボードにまたがっていても安心できないのでした。 クラゲです。 ぼくのすぐ横をぷかぷか漂っています。 あっちいけ!

生き物ついでに言いますと、イセエビも見ました。 まあ、本当にイセエビかどうかはわかりませんが、そんなかたちのものが海底にいたんです。 

目を凝らしてみてやろうと、水に顔をつけて、目を見開いてみましたが、ぼんやりとしか見えない上に、ぼよつく波に流されるようにみえなくなってしまいました。 次はゴーグルを用意しよう。



家に帰って調べてみると、やはりエイはやばいらしいです。 なるべく歩かないほうがいいということと、歩くときは「すり足」で歩くといいそうです。  

今日使ったのはこれ

【あす楽対応】日焼け止め SPF43 PA ボトルタイプ SAFE SEA(セーフシー)ECO Extreme SPF43 ウォータープルーフ&サンプロテクトローション 返品交換不可

価格:1,796円
(2013/8/19 22:47時点)
感想(0件)




他のサーファーブログはこちら







| 1/1PAGES |