main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

サーフィン体験スクール その3


お湯とも感じられる海にボードを浮かべて パドリングで沖に向かいます。 まあ、沖と言ってもすぐそこです。 なんてったって、体験スクールですから。

ここでボードにまたがって、波待ちの練習です。 ボードにまたがって止まってるだけです。 簡単です。 

「はいじゃあ左右の足を同じ方向にまわしてみてください。 向きが変わります。」
はいはい あれ? まわらない。 なんだか同じ方向にまわすのって難しい。 

ぐるぐるまわる練習をひとしきりして、ついに波に乗る練習がはじまりました。 ひとりずつ、インストラクターさんに、波にあわせて押し出されていきます。

今日は波がありません。 なかなか乗れそうな波がこないので、ボードの上にうつぶせになって待ちます。

「はい いきますよ〜 はいパドルして!」

一生懸命パドルします。 波に乗るにはパドルが大事って、ネットで読みました。 ぐい〜っと押された感覚と同時にインストラクターさんが

「はい立って!」

と叫びました。 陸上トレーニングと同じように、腕をついて上半身を起こします。 見えているのはボードについている自分の手です。 次に左足を両手の近くまで持ってきて、右足はかかととつま先をつけて、ひざはつけない状態。 そこから、ゆっくり立ち上がりながら右足をずりずりっと前に引き寄せます。

立てました! 人生初のサーフィンの1本目にして立てたのです!(インストラクターさんが押してるって)運動神経には自信があるからね。 当然当然(にやり)

「どうですか? 頭が真っ白になったでしょう? 初めては頭がまっしろになるんですよね〜」

と、インストラクターさん。
いや、そんなに頭はまっしろにならなかったなぁ こんな長くて分厚いボードで、押されているんだから立てて当然だよな。 と、思いながらも「そうですねぇ〜^^」なんて大人の対応をしてしまった・・・



この練習を繰り返していて、いちばんはじめはスクールにきて良かったと思いました。 当たり前のことかも知れませんが、自分の悪い点を指摘してくれるからです。 

何度も言われたのが、「視線が低い」でした。 もっと進む方向を見ないといけないそうです。 確かに立ち上がろうとしているときの映像は、自分の手か、ボードの先端が波に流れているところです。 これではバランスを崩しやすいとのこと。

次に、足を前に出すときに、右足のインサイドをべったりつけるようにすること。 かかとが浮いてしまっているので、ボードを抑えこめなくなっているそうです。 言われて気をつけるようにしたら、安定したようです。

あとは、ボードの右側に重心がいきがちなので、もう少し真っ直ぐ立ち上がるようにしろとのことでした。

そうだ、まだ言われた。 パドルがバシャバシャしすぎ 水をかきあげてるだけだと(T_T) ああ、パドルには自信があったのに・・・

最後にインストラクターさんに訊いてみました。 

「このボードだから立てたんでしょ?」
「いやいや、他のでもすぐ立てますよ」

さて、実際はどうなのだろうか? 疑問を残しつつも、有意義な体験スクールは終わりました。


他のサーファーブログはこちら







サーフィン体験スクール その2


サーフボードを台車に積んで、みんなでぞろぞろと海岸へ向かいます。 人気のイタ飯屋の行列の横を、ウェットスーツの集団が通る風景は、湘南ならではないでしょうか。 自分がその中の一人になるなんて想像もしていませんでした。 初めてのウェットスーツ。 初めてのサーフィン。 でも行列の前では、いっぱしのサーファー顔で通ります♪

江ノ島水族館の横をぬけて海に出るとびっくり。 波が全くありません。 ああ 今日は波に乗ることはできない日なんだ。 きっとパドリングの練習とかずっとやるんだろうな。 そんな落胆を感じながら遠くの方に目をやると、波に乗っているサーファーたちがいるではありませんか。 ちょっとひと安心。

そんなサーファーの群れの、いちばん左はしで一同行進終了。 ここにビーサンをぬいで、海岸へと降りていきます。 それぞれが、講師からボードを渡されます。 ぼくが渡されたのはロングボードです。 事前に仕入れていた知識でフィンを自分側にフィンを向けて、右脇にかかえてみます。 

あれれ? ちょっと指が届かない感じだよ。 サーフボードって、思ったより幅があるんだね。 まわりを見渡すと、レールを腰に当てて、ボードを水平にして持っています。 なるほどなるほど。

砂浜の上で、体験スクール組と他の組とに分かれた講習になります。 体験スクール組は、講師から再度安全に関しての注意事項を受けてから、陸上トレーニングを始めます。

ボードの上に腹這いになって、パドリングの練習です。 上体をそらして、左右にばたばた動かないように。 水泳は得意なので、パドリングには自信があります。 

続いてテイクオフの練習です。 まずは手を胸のところに持っていくんですが、レールをつかむのではなく、ボードの上に手をつくようにやるそうです。 次についた手の間に左足(人によっては右足 要は前足)をもってきます。 そのとき後ろ足は、ひざをつかず、かかととつまさき側をべったりつけます。

そしてその後ろ足を前足に寄せていってポーズ♪ これをパドリングから一連の流れで何度か練習しました。 この作業は案外重労働。 自分のおっさんぶりを自覚せざるを得ません。

重労働は早々に終わり、ついに海に入ります。 「うわっ 水が温かい!」 今日はこの秋初めて、最高気温が20度を下回った日です。 冷たい水を思い描いていただけにびっくりです。 インストラクターさんが言うには、湘南は年内こんな感じでそうです。 また、寒い日は水が温かいそうです。 

そうだったんだ・・・ 

この歳になるまでサーフィンをやらなかった最大の理由が、寒そうだったからです。 海は大好きで子供のころからバンバン泳いでいました。 夏はいいです。 でも秋やらまして冬なんて。 小学生のころ寒い日のプールの時間、くちびるを紫にして震えていたのはぼくです。 寒いのは苦手なんです。

でも冷たくも寒くもないじゃないか。 

そうだったんだ・・・
こんなんだったら、もう少し早くサーフィンを始めておけばよかった。


他のサーファーブログはこちら







サーフィン体験スクール その1



前乗りってなに? だいたい前ってどう判断するんだ?
ローカルをリスペクトする?
などなど、特殊な世界観が、いまひとつサーフィンを始める踏ん切りをつけられずにいました。

いい歳して、若いやつに怒鳴られるなんていやでしょ。 なんなんだろうね、このスポーツは?

そんなことをひっくるめたら、はじめのうちは、やはりスクールで教えてもらった方がいいんじゃない?

そうと決まったらスクール探しです。 価格、ロケーション、内容等を考慮して、いくつかのサーフィンスクールをピックアップしました。



この中でぼくが選んだのがOCEAN GLIDE さんです。 申し込みフォームから予約をいれて2〜3日後に、受講可能のメールをいただきました。

当日持っていくものは、水着、タオル、ビーチサンダルです。 ボードとウェットスーツは、無料で貸してくれます。  
「サーフィンやってみたいけど、道具そろえるのにはお金がかかるし、続けられるかどうか・・・?」
なんて心配は無用なのです。 無料レンタルで教えてもらい、自分がサーフィンを続けられるか考えられるんです。

体験スクール当日です。 スクールは9時から12時なので、8時50分ごろOCEAN GLIDE さんの扉を押しました。店員さんに体験スクールを予約してあることを伝えると、申込書のようなものに少々の個人情報を記入をさせられ、店の奥へ案内されます。

他に誰もいません。

マンツーなのかな? 天気悪いしな。 と考えていると、ちらほらと人が集まってきました。



9時になりました。 体験スクール受講の人たちだけ、まずはDVDをみてサーフィンの勉強です。 内容はサーフィンをまったく知らない人向けのものです。 ぼく自身もまったく知らないのでまじめに鑑賞します。

20分ほどしてDVDが終わり、今度はインストラクターさんによる安全に関する説明がありました。  海への落ちかたとかを教えてもらいます。

続いてウェットスーツを与えられ、着替えの場所に案内されました。 身長体重を伝えていません。 お店の人は、ぼくを見ただけでウェットスーツを選定したようです。 さすがプロ!

シャワー室ではじめてのウェットスーツに着替えます。 ううっ きつい なんじゃこりゃ? 

足がトオラナイィィ〜

通ったけどもう少し上に上げたい。

あげようにもツマメナイィィ〜

これはサーフィンをする前に、いろいろなところの筋肉がつりそうです。



なんとかかんとか体を通して表に出ると、今日スクールを受講すると思われる人たちが集まっていました。 みんな若い。 オッサンは他にいません。 ヨシヨシ

まだ背中のファスナーを上にあげていません。 このファスナー、スライダーに長いリボンがついています。 これによって自分で上げ下げできるみたいです。 なんで「みたい」かと言うと、今ぼくはファスナーを上げられずにいるからです(汗)

リボンをひっぱっても、スライダーが上に上がってこないのです。 自分で見ることはできませんが、ファスナーの状態がスライダーが動くようなコンディションになってないのは想像できます。 

どうする?
お店の人に上げてもらう? 

「海で遊ぶ大人は自分のことは自分でやるもんです」
と冷たく言われたらいやだし・・・

スクールを受ける女の子に上げてもらう?

「なに言ってのおっさん キモ」
とか思われるのも泣けるし・・・

肩がつりそうになりながら思い切って腕を背中に回して、ファスナーのコンディションを整えてリボンを上げると、なんとかスライダーがいちばん上まであがりました。

海に入るのもたいへんだ・・・

他のサーファーブログはこちら







| 1/1PAGES |