main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

ぼくだけのソチオリンピック



2週続けて16年ぶりだか20年ぶりの大雪が降った夜。 無駄な外出は控えるようにとの放送機関からの忠告をきかず、よせばいいのに町田まで飲みに出かけました。 帰りの電車は大丈夫? 止まってたら歩けばいいさ! 今夜は秘密兵器を持ってきたから。

普段は行列しているというイタリアンレストランは、雪のためかお客が少なく、のんびりおいしい食事とワインを楽しめました。 調子に乗ってると本当に帰れなくなりそうなので、早めにごちそうさま。 
駅に着くと電車は遅れているながらも走っていました。 急行という名の超どんこうの窓からは、まるで雪国のような町の景色がゆっくり流れていきます。

遅い・・・

あまりの遅さに嫌気がさして新百合丘で降りて歩くことにしました。 駅から離れ住宅街に入ると、歩く人の少なさから、雪は深いまま。 上りは思うように歩けません。 

下りにさえなれば・・・(にやり)

ようやく山の頂点を超え、ここからはしばらく下りが続きます。 そこでついにショルダーバッグから取り出された秘密兵器!

「クリアーファイル」(ドラえもん風に)

これを足にしいて、すい〜っと滑れば、あっという間に家に到着です。 

ずずっ パリパキッ

えええっ? あっという間に家に到着どころか、あっという間にクリアファイルは破壊されました。

だっ だめかぁ

降り積もったやわらかい深い雪では、まったく進まないようです。 踏みならされた部分を選んでも、エッジがないクリアファイルは、滑りたい方向を維持することはできず、踏みならされていない場所に突っ込んで終わりです。

片足で、つつ〜っと滑って帰る考えは、想像力不足だったことは否めません。 だまって歩いて帰ります。 うう 悔しい。


家につきました。 失敗したクリアファイル作戦をなんとか取り返したい! いや、もう家に帰ったんだから取り返す必要は無いのでは? そういう問題じゃないんだっ! おもむろにスケボーのトラックをはずしてデッキだけにします。 これ以上のものがあるでしょうか?

キャディバッグから取り出したカッパを着込んで、デッキを小脇に挟んで、まだ降り続く雪の中、家の近くの坂道へ向かいます。 ほとんど車の通らないその道の、かすかに残ったわだちにデッキをおいて、その上にのり滑り出します。

あれれ?

50センチほどすすんで止まってしまいます。 やっぱりやわらかい雪の上は進まないようです。 

何度か行ったり来たりを繰り返して、雪を締めたことによって、ようやく数メートル滑ることができるようになりました。 まあでもあれだね。 エッジが効かないね。 デッキのコンケーブが、滑りをよくする代わりに、エッジをたてづらくさせているようです。

その後、デッキをかかえてあたりを徘徊。 家の近所のあらゆる坂を試してみる、怪しいおっさんなのでした。


他のサーファーブログはこちら







サーフィンチャンプとの邂逅



確か2ヶ月ほど前になるでしょうか。 夏の初めの夜10時ぐらいに、近くの歩道でスケボーによる陸トレをしていました。 

時たま人が通ります。 そんな通行人が通り過ぎるのを待っていると、その人がいきなり声をかけてきました。 しかも英語です。

歩道を指差しながら、なにやらまくしたてています。 何を言っているのか聞き取ろうと、みけんに軽くしわをよせて聞き耳をたてていると、なんだか急にわかりはじめました。

「日本には大きい公園があっても、スケートボードをやる場所がないよね」

と言っています。 AFNを聞き続けて5年以上。 ぼくの英語ヒヤリング能力も、ついにここまできたかぁ。 と思ったら単に日本語をしゃべり始めていただけでした。

「こんなところでやっていても、うまくならないよ」

「いいのいいの 俺、サーフィンやってんだけど、それの練習でカービングさえできればいいんだから」

「おおサーフィン ぼくサーフィンの世界チャンピオンだったよ 14歳のときね」

「えっ! 世界チャンピオン〜?」
(世界チャンピオンとはずいぶん大きく出たね この外国人)

彼はMイケルといい、子供ころハワイに住んでいたそうです。 ハワイで行われたサーフィン大会で、14歳のときに優勝、翌年の同大会では、ディフィンディングチャンピオンの驕りからワックスを塗りそこね、ワイプアウトして大怪我をし、長いあいだ入院したそうです。

「22mの波から滑り降りると、時速90キロよ 海面はコンクリートウォールね」

(ほお・・・)

「肌で波を感じなきゃダメ スウェット?なんて着ちゃダメ」

(スウェット? ウェットのこと?)

「うまくなりたかったら、まずウエイクボードよ」

(あんなのから始めるやついるのか・・・?)

「ハワイはみんな貧乏だから、発泡スチロールの板で始めるのよ」

(ん? ウエイクボードはむしろ金持ちのスポーツ もしかして・・・)
「もしかしてウエイクボードって、日本で言うボディボードのこと?」

「そう言うの? そのボディボードで波に乗る感覚を覚えるのよ 日本人はダメ かっこつけてショートボードからやるでしょ」

(ぎくっ!(汗))


歩道の真ん中で話しは続きます。 ニューヨーク大学でヒッキーと友達だったこと。 おじいちゃんの代わりにキャサリン妃に会いに行って赤ちゃんを抱いたこと。 クリス松村にひ・・・ あっ これは内緒って言われたから内緒。 麻生副総理のナチス発言 etc


そろそろ夜もてっぺんになろうとしていたのでお開きに。 別れ際に、名乗り損ねていたので

「俺はSんごっていうんだ じゃあね!」

「See you!」

堅い握手。 不思議な夜の出会いでした。


本文と動画は、まったく関係ありません

他のサーファーブログはこちら







スケートボードの組み立て トラック編



スケートボードの組み立てプロセスの紹介、第二回目はトラック取り付けです。 デッキはデッキテープを貼り終えたところです。 表面からはトラック取り付け用の穴が、どこにあるのかわからないので、裏面からとがったものを突き刺します。 




穴の位置がわかったら、デザインナイフで穴を拡大します。 物憂げな午後に眠たくなる作業です。 地味です。




地味な作業は滞りなく終わりました。




デッキテープにエアが入っていたので、針でつついてエアを抜きます。




穴にビスをぶちこみます。




ライザーパッドを取り付けます。 




ガシャーン! トラックを取り付けます。 ガルウィングのランダルタイプのトラックです。 うにうに曲がります。 




ビスのチョイスが勘だったので、ちょっと長かったようです。 でもまあ、トラックの動きに干渉しないので、特にこのままなにもしません。 




前後ともに取り付け完了です。




今回は、前後ともに同じランダルタイプのトラックをチョイスしました。 ひたすら、うにうに曲がる想定です。




次回は、ウィール取り付け編です。


今回のパーツはこれ

■SECTOR 9 GULLWING CHARGER Truck x1■Posished/Blk■キレ味抜群のNEWトラックGULLWING CHAGER!

価格:2,580円
(2013/4/8 23:21時点)
感想(0件)



■SECTOR 9 1/4インチ FLAT RISERS■セクターナイン純正ライザーパッド!

価格:525円
(2013/4/8 23:23時点)
感想(0件)







他のサーファーブログはこちら







スケートボードの組み立て デッキテープ編



サーフィンの陸トレ用に買ったスケートボードの、組み立てプロセスの紹介をします。 なにせ完全なる初心者。 ネットの情報を見ながらの組み立てなんで、「おいおい」と、突っ込みどころもあるかと思いますが、そんなときはコメントにでも残していただければ加筆修正いたしますので、ご協力ください♪

第一回はデッキテープを貼っていきます。 このデッキテープ。 まあひとくちに言ったら紙やすりですね。 #100ぐらいでしょうか。 シールになっていて、裏紙をはがしてデッキに貼っていくわけです。 まずは下準備で、デッキテープの貼りつきをよくするために、デッキにやすりがけします。 やすりがない? 大丈夫。 デッキテープがやすりですから、きれっぱしを使ってやすりがけしましょう。




いまいちわかりませんが、やすりがけが終わったデッキ面です。




裏紙をちょこっとめくり、デッキのはじっこにだけ、デッキテープを貼ります。 ここでデッキテープとデッキがうまく合っているか確認します。 合ってなかったらはがしてやり直しましょう。 ここは慎重にやりました。 あとで合ってないと哀しいので。 大丈夫となったら、少しずつ裏紙をはがして、デッキテープを貼り付けていきます。

 



空気がなるべく入らないように、中心から周辺部へむけて押さえていきます。 全体的に貼り終えました。




ウィールとドライバーを使って、ころころころがしてデッキテープの密着を高めます。 




デッキテープの押さえが終わったら、余分なデッキテープの切断作業に入ります。 ドライバーの軸をデッキの角にこすりつけます。 すると、デッキテープのやすり成分が剥がれ落ちます。 




全周こすり終わったところです。 やすり成分のこなこながあたりに散らばるので、風の強い日は窓を閉めるとか、はじめっから外でやるのがよいでしょう。 




こすってやすり成分がなくなったところをめがけて、カッターで余分なデッキテープを切っていきます。 余分な部分は、こんな風にしておくよりも・・・




こうしておいた方がきれいに切れました。




その事実に気づく前に、下手を打ったのがこれ。




気づいた後に、うまくいったのがこれ。  




この日は風が強く、窓を閉めて作業していたら暑くなってきました。 ええい ノンアルのんじゃえ♪ 別にアルコールが入っていてもよかったのですが、冷蔵庫にはこれしかなかったので仕方ありません。




ああ こんなに天気がいいのに・・・ 海は強風でジャンク・・・




デッキテープを貼り終えたのでさっそく乗ってみました。 すばらしいグリップ感です。 




時間がたつと気泡が入ってしまったところがぷっくりしてきますので、針でついてエアを抜きます。 次回はトラック取り付けです。



今日使ったパーツはこれ

POWELL MINILOGO GripTape幅10.5 x 長さ35.5インチBlackワイド&ロングなデッキテープ!

価格:900円
(2013/4/24 23:35時点)
感想(0件)




BLANK/ブランク【DECKデッキ10X33】オールドスクール

価格:4,900円
(2013/4/24 23:38時点)
感想(0件)



他のサーファーブログはこちら







sk8始めました 近所で練習



スケートボードを手にいれて、陸トレができるようになったのですが、さて練習をどこでやろうかって話です。 本来ならスケートパークでやるのが安全なのでしょうが、スケパーに集まった子供たちを危険にさらすことになるので、近所の歩道で安全(?)に練習することにしました。

ということで、家の近所をカラカラすべってみる。 幸い我が家の近くには、住宅に面していない坂道があり、そこの歩道がコンクリートブロックと植え込みによって、完全に隔離されているという、なんて好都合な場所なのでしょう♪

ただし、坂のエンドは往復4車線の県道に向けてオープンになっているので、そこへボードを飛ばすと、えらい騒ぎなのですが・・・

練習は、その坂道の歩道を左右にターンを繰り返し下がっていくだけ。 初めのうちは、坂のいちばんゆるやかな部分から下ります。 ガラガラガラー 舗装があまりよくないので、少し音がします。 左、右、左・・・ おぼつかない足取りでの滑降を繰り返します。

一定の高さから下りているのですが、そこからうまく下りれるようになったら、少しずつ高い位置へ移動します。 高い位置へ動くに伴い、徐々に坂の角度が急になっていきます。 移動直後はその角度の変化による、スピードの増加に対応しきれず、ターンができないぃぃぃぃ 

ジャーーーーーーー

そしてさらにスピードアップ! やば! 緊急脱出!



レールを入れたターンを心がけているのですが、荷重移動をきれいに一発で決めることができません。 うにうにっと数回の加重になってしまいます。 特にバックサイド側のターン=かかと加重がうまくいきません。

「ひざを深く曲げて」とか「視線を行きたい方向へ」とか、試行錯誤の繰り返しですね。 上半身の先行動作でリズムよくやると、うまくいったりもします。

おそるおそるやっていたのですが、ちょっと思い切って動いてみたら、レールを入れたターンを、ぎゅんぎゅんできるようになってきました。 左ターンで、右足加重とし、前足となる左ひざが伸びています。 これはレギュラーの波のトップターンの足さばきでは?



数日後

止まるにはどうすればいいのか?

練習を始めて数日たちましたが、いまだに止まる時はボードから飛び降りるか、植え込みにつっこむしかできないでいます。 どうすれば止まれる? 

パワースライドという方法を知りました。 後輪をスライドさせて止まる方法です。 車でいったらサイドブレーキターンですね。 スケートボードにはサイドブレーキはついていないので、「おりゃあ」とテールを力技でスライドさせるようです。 だからパワースライドなんでしょう。

見た目はかっこいい技です。 ぜひ会得したい技なので、意を決してやってみることにしました。 いつもの坂道の舗装の滑らかなところへ行きます。 ここなら多少ウィールが滑りやすそうです。

デッキに乗ってトロトロ進みます。 

「おりゃ」

テールを右に振り出そうと試みましたが、その力はボードを前にけり出すだけに働きました。 残されたぼくは、けつから落下・・・ 

まったくできる気配がしない! 

ランダルタイプのトラックは、車で言えば4WS。 後輪もステアリングされるわけだから小回りはきく。 そのかわり、スライドさせようとする横方向の力が、ウィールのころがり方向へ少し逃げてしまうのでは? パワースライドさせるには、ノーマルトラックがいいのかなぁ? よくわかんないけど・・・

もう少しボードの感覚を自分のものにしてからでないと無理そうです。 これはしばらくやめておきましょう。
 


ぼくのスケートボードのパーツセッティングは、「初滑り編」をご覧ください。

他のサーファーブログはこちら







| 1/2PAGES | >>