main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

始めて2年の動画



サーフィンを始めて2年がたちました。 まあこんな感じです。



台風19号のうねりが入りだした、鵠沼海岸殿網前あたりです。 撮影隊長マイハニーが仕事だったので、三脚を浜にぶっさして撮影しました。 波が三脚に届くぐらいの場所に設置しましたが、この大きさでしかとれませんでした。

次回は隊長の出動を要請します!

他のサーファーブログはこちら







2014サーフィン検定



2014/9/28

鵠沼 スケパー前
晴れ
頭オーバー
スプリング

あれから1年がたち、鵠沼にサーフィン検定の日がやって来ました。 今年は4級を受験します。 4級の合格条件は・・・

波を横に乗り、プルアウトする(波の裏側に確実に戻ること)

たったこれだけです。 まあ文章にすると簡単ですが、ぼくの実力だとプルアウトするには、腰腹程度のキレた波がこないとまず無理です。 さらにちょっとタルければなお安心です。 

スマホのアラームが朝を告げています。 そいつを止めながら、そのまま波情報をチェック。 

「銅像前 胸〜肩 セット頭」

ア・タ・マ・・・(´Д`;)

台風17号のうねりがしっかり入ってきたようです。 波がないのは絶対にダメですが、頭までなくてもいいのに・・・ 気を取り直して、家の前の海へウォーミングアップへ行きましょう。 朝のひんやりした空気に、ジャーフルで出動です。

海風のテラス前は、胸ぐらいのうねりがほどよく入ってきているのですが、厚い波が多く、ボードの上に立てたのは30分で1度だけでした。 でもここは気にしなくても大丈夫。 あくまで、肩がまわるようにしておけばよいのですから。

家に戻って、いざ検定会場のスケパー前へ向かいます。 忘れ物がないように。 検定に必要なものは・・・

  1. NSA会員証
  2. クラス認定証
  3. 写真(両面テープを貼っておくのがベスト)
  4. 検定料金2000円
  5. 合格した場合はさらに3500円




受付開始は6時半からですが、おそらく混んでいるでしょうからのんびり6時50分ごろスケパー前に到着。 10人も並んでいない列の横で、申込書に必要事項を記入。 受付で申し込みを済ませると、すぐに今日のスケジュールが発表されました。 

ショートボードは3級から始まり11ヒート。 次が4級で8ヒートです。 ぼくはその8ヒートなので、3級のスタートから数えると19ヒート目となり、1ヒート15分として4時間半後にようやく出番です。

帰りましょう。


念のため11時過ぎに様子を見に行ってみると、ちょうど3級が終わるところでした。 波は朝よりも激しさを増していて、セットは強いオフショアを受けて、頭オーバーのホレホレワイド。 砕けた波の飛沫が、白煙となって舞い上がっています。 ここはハワイか?

自分の出番は1時10分になるとわかったのでいったん帰宅。
 

夏みたいな日差しになってきたので、スプリングをチョイス。 30分ほど前から、砂浜でスタンバイして、検定の様子を観察します。 かなり流れが強いようで、受験者たちは、どんどん辻堂の方へ流されていきます。 そしてしばらくすると、浜にあがって歩いて戻ってくるのです。

アウトはハワイ、インサイドはももぐらいのダンパー、ミドルはトロそうですが、なんとか右にキレています。 今受けている人たちは、インサイド勝負のようですが、ぼくはこのダンパーを抜けることはおろか、波の向こう側にプルアウトすることなんてできるとは思えません。

今日、ぼくが成功するためには、あのミドルで割れている波をつかまえるしかないでしょう。

前のヒートが始まり、8ヒート目のぼくらにもゼッケンカラーのTシャツが渡され、注意事項が伝えられました。

「インサイドでいいですからね」

「はい」(いえ、ミドルまで行きます)

「流れが速いので気をつけてください」

「はい!」

7ヒートの終了の合図を聞いて、海へ入っていきます。 8ヒート目はぼくを含めて3人だけです。 その背中を押すように8ヒートスタートの放送が入りました。

インサイドは砕けた波で真っ白です。 押し寄せる波を、ふたつ飛び越えてからパドル開始。 うねりをひとつ乗り越えて、次はドルフィンスルー。 太陽がまぶしい。

続く波もドルフィン。 さらにもう一度。 このままドルフィンフェスティバルかと思われたが、なんとなくめざしていた位置に到着していました。 一度ボードにまたがって、周囲を観察します。

岸側を振り向くと、他の二人がほんの少しインサイドで、波に上下に揺れされているのが見えました。 沖に向き直って、波を観察すると、やはりもう少し沖が良さそうです。 迫ってきた波をくぐって、もう少し沖へ移動します。

うねりは次々にやってきて、ボードにまたがったぼくを上に下にと動かします。 ここで初トライ。 しかし割れずに通り過ぎていきました。 

流されていないか?

浜辺のテントを確認します。 大丈夫、それほど流れはきつくない。 なんとなく乗れそうな波が来ました。 しかし厚い波でつかまえられず。 次のチャンスを待ちます。

浜の方に数秒間目をやり、沖に振り向いた瞬間に割れそうな波が横を通過していきました。 

「しまった・・・ 油断した」

その波を誰かが乗っていったように見えます。 しかしすぐに同じような波が近づいてきます。 レギュラーの波です。 すでに右の方から割れ始めています。 

パドル開始。 ボードが波に押され始めました。 右下へノーズを向けながらテイクオフ。

しかしこの波は消えてしまいそうです。 ごく小さいアップダウンを1度して、すぐにプルアウトさせました。 どうみえてるかなぁ?(笑) これじゃ甘いかなぁ?(^_^;)


次のチャンスの時にパーリングしてしまいました。 ボードの上に戻って自分の位置を確認すると、今の出大きく辻堂よりに流されたようです。 でも波の割れている様子を見ると、ここはまさに浜から見ていたときに狙っていた場所。 よしよしここでがんばろう。



よせるうねりに揺られ
夏を思い出したかのような日射しに照らされ
潮の流れに押されていく
何度も何度も振り返り
自分の位置を確認する
よい場所をさがしてパドル 
「あのふくらみの向こう側では?」とパドル
その場所についたら
せまる波をにらみ全力で回復に努め
波が来たら力の限りパドル


おもしれぇ! サーフィン!



15分はあっという間に過ぎ、浜に上がり審査テントに向かいました。 あのライディングで合格にしてくれないかなぁ と思いながらゼッケンシャツを返すぼくにスタッフさんが

「いやあ、どこにいるかまったくわかりませんでした」


(-o-;









他のサーファーブログはこちら







今できること まだできないこと



サーフィンみたいなことを始めて、ちょうど1年と8ヶ月がたちましたが、今日は、「今できること まだできないこと」について書いてみます。



もも〜腹程度の波の場合
最近はよほど速い波でなければ、30分に1本ぐらいはアップスンらしき動きができます。 ファンボだとその確率はかなり高まります。 さらにファンボの場合は、今までには感じることができなかった、スピード感を得られるようになってきました 

これは、テイクオフしてすぐにボードを行きたい方向に向けられるようになってきたからです。 立ち上がりながら、行きたい方向の手に加重し、レールをいれるようにしています。 大事なのは、とにかく行きたい方向を見ることだと思っています。 これがうまくいくと、波の高い位置から斜めに滑り降りていくので、スピードが出るようです。

残念ながらこのスピード感を、ショートボードでは感じることができません。 ショートでは、どうしてもファンボよりテイクオフが遅れるせいか、はたまたバランスをとるのが難しいせいか、ファンボよりもまっすぐ目に滑ってしまいます。 波のフェイスが残っていれば、アップスンらしきものを繰り出せるのですが、そこに「加速」という2文字はありません。

自分としては、スピード感があり、あまりバタバタしない、「大きなマニューバ」を描きたいと思っているのですが、理想と現実は大きく乖離しています。 


ショートでもファンボでもそうですが、いまだに明確にノーズを沖に向けたプルアウトができません。 そもそも失速するまで、プルアウトという文字が頭に浮かぶことはありません。 失速して動けなくなって沈むか、途中でワイプアウトするかです。 それでもごくたまに途中でプルアウトしようと思って、ノーズを沖に向けようとするのですが、波に当たって止まるか、跳ね返されるかです。

プルアウトできない最大の原因は、ボトムターンができないからだそうです(ネット調べ)。 確かにぼくはボトムターンができません。 フロントサイドなら、なんとなくできますが。 うっすら向きが変わるターンや、危険を回避するための急激なターン(これは右のみ)はできます。 しかし、波に垂直に戻るボトムターンはできないのです。

なぜボトムターンができないか? ボトムターンをしようとすると、たいていノーズがささって沈没します。 どうしても前足に加重してターンをしてしまうからです。 後ろ足加重を意識すると、ノーズを中心にした、くるっとターンになってしまいます。 今まで横に乗ることだけを意識して練習してきたので、これからボトムターンの練習を多く行っていこうと思っています。



胸を越える波の場合
このサイズの波だと、今まではテイクオフしてボトムに滑り降りて、レギュラーなら減速するようなターンをしておしまい、グーフィーなら気持ちは曲がってボードはまっすぐでボードから落ちるというのが定説でした。 しかし先日、久しぶりの肩ぐらいの波で、グーフィー方向に斜めにテイクオフでき、即ワイプアウトになることはありませんでした。

この時は結局、ボトム辺りでじたばたしているうちに波が消えてしまったのですけどね。 ちょっと成長できているのかもしれません。



パドル・ドルフィンスルーについて
当初はすぐにつかれていたパドルですが、だいぶパドル力がついてきたように思えます。 パドル筋を鍛えるために、以前はトレーニングをしていましたが、昨年暮れに肩を痛めてからは、いっさいのトレーニングを中止しました。 そして3月に鵠沼に引っ越し。 4月からは、波があれば朝夕はいるようになったので、それがトレーニングになっていると思います。

ゲッティングアウトに、パドル力とともに大事なドルフィンスルーですが、以前は2回もやれば3回目はありませんでした。 今思うと、そんなんでよくやっていたなと思います。 今は10連発でも行けます(確か)。



そんなこんなで少しずつ成長はしているのですが、その進み具合はなんとも遅いものです。 空を跳べる日は、いったいいつになることでしょう。




他のサーファーブログはこちら







テイクオフのスピードコントロール



出勤前に30分だけ海に入る。 まだほの暗く、朝日がのぼる準備をしている空気が蒼い。

裸足で入る水はまだ冷たいけれど、そう感じるのは1分もない。





たった30分ですが、これが結構充実しています。 朝は風がない。 あってもオフショア。 人が少ない。 場合によっちゃいない。 小波でもきれいに割れる。 いやむしろ小波で! ゲットに体力使うと、一応仕事行くわけだし^^;

その日は、ひざ〜ももぐらいの日でした。 ボードはファンボです。 

レギュラーの波がきました。 ちょっと右をにらみながら全力でパドル。 ボードが波に押されます。 上半身を起こして立ち上がりかけたところで、ノーズはすでにボトムに。 立ち上がりきってボードを右に向けたころにはブレイクした波に包まれました。

「まあ、ひざじゃね 仕方ないでしょ」

と思いながら沖(と言っても20mほど)へ戻って考えます。 小波で横に走れないのは、テイクオフのときに波を降りきっちゃってるからだよね。 腹とか胸だと横に走れるのは、きっと同じことしてるんだけど、ボトムまで距離の余裕があるからだよね?

上半身を起こすために手をついたときに、ボトムに向かって加速してるもんなぁ。 波の上に居続けるように、うまくコントロールしたらいいんじゃないの?

こんなことはわかっていたつもりですが、なんだか今、急に胸に落ちた気がします。

「よし 次は気をつけよう」

次はグーフィーでした。 いいタイミングで切れ目をとらえられそうです。

パドル

波にボードが押されます

滑り落ちないように軽く減速するぐらいの気持ちで上半身を起こしましました。 なんとか波の上にボードを残せています。 そのまま左に向かって、さらに降りきらない気持ちで走らせます。

シュワー

ブレイクしてくる波のカールを、切るように進んでいきます。 これは波が大きければチューブ?(^-^)

今のはうまくいきました。 スピードも出ていました。 自分小波史上最速です。

次はレギュラーです。 これまたいい感じで切れ目をとらえられそうです。 もりっとした右のうねりをにらみながらパドルします。 なんだかすごいいい感じです。 波に対するアプローチが完璧な気がします。 上半身を起こしてスピードコントロール。 足をするするっと、忍びテイクオフ成功です。

ところがボトムターンで前に前にという気持ちを出しすぎて、体がボードを追い越し、左前にワイプアウト。 ターンは後ろ加重という基本がまったくできていない(トホホ)

なんだか見えてきたんだか、やっぱり見えないんだかっていう朝練の風景でした。



他のサーファーブログはこちら







サーフィン検定受けました 47回目のサーフィン @スケパー前



サーフィンを始めてちょうど1年がたちました。 1年たってもたいした進歩はみられないような、それなりに進歩はしているような・・・ 客観的に評価してもらうにもちょうどいいかなと思い、サーフィン検定を受けてみることにしました。 上手になったら大会とかにも出てみたい気もするし・・・

場所は鵠沼スケパー前。 一人でサーフィンをした記念すべき1回目の場所です。 駐車場開場の5時半にあわせ、スケパー駐車場に行くと長蛇の列。 日曜とはいえ、こんなのみたことなし。 車の列はサーフビレッジ駐車場までつながっています。 

どうしよう? 

離れたところで考えます。 開場が遅れているようですが、もう少ししたら開くでしょう。 そうなればスケパー駐車場にいれようとしているのか、サーフビレッジ駐車場にいれようとしているのかよくわからなくなっているこの現状も、はっきりしてくるでしょう。 そうなってから列に加わることにしました。

6時10分ほど前に、駐車場のほうへ向かいます。 サーフビレッジ駐車場は開いたようで、車が入っていきますが、スケパーの方へのびる列は一向に動く気配がありません。 そればかりかパトカーが一緒に並んでいます。 

「なんだぁ?」

なんのタイミングか、パトカーの前に車を停めました。 するとパトカーから

「路上に車をとめないでください 今すぐ車を動かしてください」

げげっ 真後ろからものすごいプレッシャーです。 このプレッシャーに耐え続け、スケパー駐車場までいけるとは到底思えません。 仮に待てたとしても、駐車場にいれるまでにかなりの時間がかかりそうです。

「ええい サーフビレッジ駐車場へいれちゃえ!」


サーフィン検定の集合時間が6時半からなので、それまでに一本乗っておこうと、Bicをかかえて急いで海に向かいます。 台風のうねりが入り、波はそこそこの大きさです。 ゲットがつらい・・・ おととい飲み会から帰ってきて、あほみたいに筋トレしたのがよくなかったのか、朝から両肩の筋肉痛に悩まされていた上に、先々週は下痢でゆるサーフ、先週はノーサーフと完全になまり果てていました。

ようやくゲットしたものの、まったく波をつかまえることができずに集合の時間がせまってきて、不完全なウォーミングアップを終了しました。

サーフビレッジ駐車場から、スケパー前に向かいます。 じゃっかん遅刻なので小走り。 到着したスケパー前には、大勢の人が設営されたNSAのテント周辺にごったがえしていました。 

「うわぁ こんなに受けるんだ」

感心しながらまわりを見渡すと、用意された机の上で受験票に記入している人たちが目に入りました。 その人たちはなにやらカードを見ながら記入しています。 あれは・・・

「しまった! NSAの会員証、車に置いてきちゃった・・・」

もう時間がないのに、なんてアホなのでしょう。 サーフビレッジ駐車場はとなりとはいえ、歩くとそこそこかかります。 

「うわぁ もう受けるのやめよっかなぁ」

ウォーミングアップで乗れなかったからか、すっかり後ろ向き。 テントに行ってスタッフにきいてみると、まだ始めるまで30分以上あるからとっておいでとのこと。 ああよかった。


駐車場にいって会員証と、受かったときの認定料3000円を持って帰ってくると、ごったがえしていた人たちは、テントの前にぎょうぎよく列をつくっていました。 右にショートボード、左にBBとロングボードに分かれています。 

BBとロンボの列はこじんまりしていますが、ショートの列はぎっしり長々と並んでいます。 ショートは1・2級、3級、4・5級と3列あり、受験票に必要事項書き込み、4・5級の列の最後尾に並びます。


ここでポイント
受験票に写真を貼るものは用意されていません。 ぼくは受付時にスタッフの方にホチキスでとめてもらいましたが、手間と時間をかけさせてしまうので、自分でよういしておきましょう。 事前に写真の裏に両面テープ貼っておくのがベストでしょう。 また、写真を用意してこなかった人のために、500円でポラロイド写真を撮ってくれるので、ある意味その日の思いつきで受験も可能です。


列の後方から並んでいる人を見渡すと、みな若い人ばかりです。 おっさんはいませんねぇ おっさんでも2級受験ならかっこいいんですが、5級じゃねぇ・・・ 4級といっしょの列で良かった。 と思っていると前のほうから

「5級の人はいちばん右に並んでくださ〜い」

と声が。 ええー さらしものかよ と思いながら右に出たのですが、その人数の少なさにびっくり。 10人もいませんでした。



受付が終わりタイムスケジュールが発表されました。 5級の試験は2級と1級のあとに行われます。 2級が10ヒート、1級が2ヒートあり、1ヒート15分ですので、単純に3時間以上あとになります。 今7時半ぐらいなので、11時近くになるのでしょう。 

それにしても、目の前の海にはおおぜいの一般サーファーがいます。 こうしているあいだにも、あらたに海に入っていく人もいます。 この人たちにまじって試験をおこなうのでしょうか? 波をとれるかさえ心配になってきました。 

するとNSAの人が拡声器でサーファーたちに

「これから検定を行うので、一般サーファーは海から上がってください」

と声をかけました。 西へパドルする人、岸へ上がる人、それぞれの動きで、スケパー前の海は無人になりました。 すごい・・・ 


検定がはじまり、様子もわかってきたので練習に行くことにしました。 検定が行われているエリアの西側の海に入ります。 人数はそれほど多くないのですが、競争ははげしく、なかなか波に乗ることができません。 ようやく一本納得したライディングができたのは30分後。 疲れすぎるとうまくないのでこれで終了。 検定会場へ戻ります。 あいかわらず行われている2級の検定を見ながら待つことにしました。



おにぎりを食べながらのんびりみていると、波は次第にダンパーになってきました。 セットは200mぐらいの幅でブレイクしています。 鬼ダンパーです。 切れ目など一切ありません。 2級合格の課題はよくわかりませんが、それなりの技をきめなければいけないのでしょう。 そんな技を繰り出せるようには思えません。

「この波じゃ 俺なにもできる自信ないよ・・・」

うしろで若いお兄ちゃんが話しています。 2級の人たちがあんなに苦労しているのに、5級のぼくはどうすればよいのでしょう? 

波を相当選ばないとだめでしょう。 セットはスルーです。 セットの後のあわあわのうねりは、大きくてもパワーとスピードがなく、テイクオフできません(言い切っちゃう) そのあとの2つ目から3つ目あたりの波がねらい目か・・・

そんな心配の中、検定はすすみ、長かった2級が終わり1級のヒートが始まりました。 ふと気づくと、爆裂していたダンパーがなりをひそめ、ずいぶん落ち着いてきました。 よしよし。

1級は2ヒートで終わり。 ついに5級の検定が始まりました。 ぼくは5級の3ヒート目です。 名前を呼ばれたので、審査テントへ向かいます。

審査テントで受験票を渡し、検定の注意事項を聞きます。 

注意事項

  1. 泳力テストは沖に向かって泳ぎ、少し行ったら戻ってくること。 波が大きくあぶないので、あまり沖に行かないこと。
  2. 検定時間は15分間で、6本の試技の中で判断されます。
  3. テイクオフはスープでいいので、立ち上がってある程度安定していればよい。



そっかぁ スープでいいのかぁ それを聞いて今検定中の人たちの様子をみると、確かにスープ狙いです。 でもスープの方がばたばたしてテイクオフしづらく見えますねぇ。 ぼくはちょっと沖まで行って、うねりから乗ることにしましょう。


ついにぼくのサーフィン検定が始まりました。 このヒートは、男性二人、女性二人の四人です。 まずは泳力の試験なので、ボードを持たずに海に入ります。 

普段、ボードを使わずに泳ぐことはあまりありません。 リーシュが切れて戻るときぐらいです。 泳ぎ方に指定はないので、とりあえず首だしクロールで泳いでみます。 うんうん、これでいいね。 波を一つ越えたら、ずいぶん来た感じがしたのでここで戻ろうかなぁ・・・ と岸に振り返ると、ほぼ同時に男性はUターン開始。 女子二人は、まだこちらに向かってきます。

戻り始めてみると、めちゃくちゃ戻りづらいことに気づきました。 

「やべぇ ここカレントか?」

足がつくところまで戻ったのですが、潮に押されて前に進めません。 波がくるのを待ちます。

そこから二つ目の波をうまくとらえてテイクオフ。 ボディサーフィンで一気に岸まで進みます。 

「ゼッケングリーン(ぼくのゼッケンカラー)合格です!」

の声は聞こえませんでした。

ようやく岸に戻るも、すでに息があがっています。 ゼーハーゼーハー 後ろを振り返ると、女子二人が戻ってくるのに苦労しています。 がんばれ!

リーシュを右足首に装着し、ボードをかかえて海に戻ります。 ひざぐらいのところで、ボードについた砂を洗い落とします。 ふたつみっつ、波を乗り越えたところで、ちょいと乗れそうな波がやってきました。

「これにいってみっか?」

そのももぐらいの波に乗ろうと、岸へ向きを変えてボードに腹ばいになりました。 しかし体勢不十分のため、ボードと体の密着感が希薄です。 このままうまくいくわけはないので、途中でパドリングを中止。 波に押されながらバランスを左に崩して、軽くぶざまなことに。 これも一本に数えられてしまうのでしょうか?

今のは、そもそも波が悪かった。 あわてる必要はないから、ゆっくり波を選ぼう。 気をとりなおして、さらに沖へ向かいます。 すぐ左をもうひとりの男性がテイクオフに成功しています。 負けないぞ〜

波はまたすぐにやってきました。 さっき失敗した波より、少し大きめで手ごろです。 これだ!

パドルしてあっさりテイクオフ。 とろいのでパンピング。 ありゃ? ちょっと前に立っちゃったな。 パンピング4回目で、ノーズが沈んでしまいそのまま沈。 でもこれは、いいんじゃないの?

「ゼッケングリーン上がってください」

だろ?(にやり) 左手をあげて合図をして岸へ戻ります。

なぜだか鼻水がだらだら出てきて、どうしようもない中、審査テントで結果をききます。 合格です。 特に評価もないところをみると、言うことなしということと勝手に思いながらお礼をいって本部テントへ。 本部テントで認定料の3000円を支払って、すべて終了です。

結局、海に入っていたのは3分間ぐらいと、あっけない検定でした。 たぶん5級は、半年ぐらいのキャリアで受けるレベルなのかなぁ といったところでしたね。 次ぎの4級と5級のあいだには、ものすごい大きな差を感じますね。


1週間して、NSAから手紙が届きました。 中身は合格認定証(賞状とカード)でした。 これを見て決心しました。 1年に1級ずつすすんで、4年後に1級合格だ!




※合格の基準や、検定の受付方法などは、各支部で違いがあると思われますので、参考程度にしてください

他のサーファーブログはこちら







| 1/2PAGES | >>