main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

ミニとサーフィン



ミニが欲しいんだけど、サーフボード積めるのかな?

こんな不安から、ミニ購入をためらっている人、結構いるんじゃないでしょうか。 そういうぼくも何度か考え、その度あきらめてきました。 しかし今、その疑問にお答えしましょう。 なぜならミニを買ったからです!

ミニと言っても、Newミニの2世代目のクラブマン(R55)限定の情報です。

クラブマンはノーマルミニより240mm全長が伸びているそうで、通常状態でもトランク部分はそれなりの広さがあります。 ちなみにボディサイズは2代目フィットとほぼ同サイズです。

なぜフィット3がある今、比較が2代目なのかというと、フィット3は購入の候補にあがらなかったからです。 まだ中古でも高いですからね。

クラブマンはリヤシートを倒して荷室を広げることができます。 こうすることでショートボードならのせられるというネットの情報を見て、購入を決意したわけです。 実際にのせてみましょう。



荷室、かっこよく言うとラゲッジスペースに斜めに入れてみます。 ボードケースの先っちょが助手席の左に顔を出すぐらいです。 ちなみにボードは5'8のニューフライヤーで、ボードケースは6'3用です。 



荷室の長さは十分確保できたのですが、荷室後部左右にサスペンションのためとおぼしきふくらみが大きく張り出しているためにきっちりおさまらないのです。

これが初代フィットだと、すんなりのります。 フィット3がある今なぜ初代フィットかと言うと、サーフィンを始めたころに初代フィットをもっていたからです。 そのフィットは湘南移住を機に売り飛ばしたのです。 3万8000円でしたが。

車がなくても海には自転車で行けるし、休みの日のこのあたりの渋滞にうんざりすることもありません。 ちょっとした移動はバイクでいくので、ガチガチに混んでる七里ガ浜横の134号だってスイスイです。

そうは言っても車が無いのも不便はあります。 ゴルフに行っても会社のきたない車を車寄せにつけると、「業者は裏にまわって!」って言われます。

嘘ですが。


話しがずいぶんそれました。 

今回の遠征ではゴルフもやるので、キャディバッグを2つのせます。 この状態で後ろを振り返って見ると… 



後ろが見えない!

後ろが見えない不便さや危険さもさることながら、閉塞感が半端ありません。 これはダメです。

そこでキャディバッグの間のはさむようにボードケースをのせます。 運転席のシートから6インチほどはみ出ています。 これはジャマかもしれない。 運転席に座って確認してみましょう。

肩から腕にボードケースがあたっています。 でも悪くない。 いい風にとらえれば包まれている感覚です。 これでいってみましょう。

と以上がミニ(クラブマン)の車内にサーフボードを積むとどんな感じになるかの報告です。 6フィートぐらいのボードなら、ちょこっとはみ出してくる程度です。

上に積むとこんな感じになります。 



実は事前のチェックで運転席へのはみ出し具合が気になり、ルーフキャリアを買っていたのです。 ところが当日雨が降ってしまい、ボードケースをびしょびしょにするのもいやなので、車内にのせたというわけです。

このルーフキャリアはBMW純正品です。 すでに生産していないR55クラブマンですが、まだ純正品の新品が買えたのでよかったです。 専用だけにすっきりとしたデザインがお気に入りです。


今日の逸品はこれ


 


他のサーファーブログはこちら







ツインスタビライザー!




夜勤から帰ると、家に先日注文したフィンが届いていました。 さあ海へ行こう。




ニューフライヤーのフィンを換えたいと、ずっと探していました。 今ついているのは、ニューフライヤー購入時についていた、白いプラスチックの安っぽいフィンです。 ターンの性能が変わらないとしても、見た目性能はかなり低いものです。

思いつくと楽天でフィンを検索していました。 ただ、フューチャーは見た目グッドな安いものがあまりなくて、いいなぁと思うものはたいてい1万5千円ぐらいします。 「う〜む高い」そううなってブラウザを閉じていたものです。

つい先日もフィン探しの旅に出ていたところで、あるフィンを見つけたのです。 ツインスタビライザーと書いてあります。 トライフィンなのですが、サイドフィンが大きく、センターフィンが小さくなっています。 

「レトロ系やファット系のミニボードにもベストマッチする」

そんなことが書いてあります。 色は探していたオレンジ系ではありませんが、オレンジでなかったらと思っていたモノクロームです。 

「でも、ツインてどうなんだ?」

ツインフィンのボードに乗ったことはありません。 検索してみると、縦へのアプローチは鋭くないが、横へのマニューバには最適とあります。

「横へのマニューバ・・・」

近づいてきたサーフィン検定のことが頭に浮かびました。 4級の課題は横へのマニューバです。 値段もちょこっとお安目。 よし、これにしよう。 




届いたフィンと今までのフィンの比較です。 でかいです。 取りつけてみます。 



かっこいい・・・ イルカのひれって感じです。


いそいそと海へくると、平日の朝であることと、波もひざももなので非常にすいています。 夜勤明けなので念入りにストレッチをして海へ入ります。 ここのところ、最低気温が0度近くまで下がっていることと、最高気温が一桁になってきたこともあいまって、水温がかなり低くなっています。

早速2〜3本テイクオフするも、速いブレイクにまったく抜けることができません。 うーむ たいした違いはないのかぁ?

とりあえず今日の目標は、確実なプルアウトです。 まずは1ターンですぐにプルアウト。 次は2ターン、次は3ターンと、徐々にターン数を増やしてのプルアウトを実践しようと、波を待ちながら今日の課題をたてます。

成功の鍵は、バタバタせずに右斜めにスムーズにテイクオフすること、ツインスタビライザーにあるはずです。 

もも上のセットが入ってきました。 ダンパーではなさそうです。 パドルを開始します。

波はぼくに追いつき、そして押します。 走り出したボードの上で、右をにらみながら上半身を起こし、両足を静かに引き寄せます。 テイクオフに成功しました。 右斜め下へボードを滑り落とします。

「さて1ターンでプルアウトするか?」

ブレイクする波に対して余裕が感じられます。

「いやもう一気にいっちゃおう」

数ターン行ける確かな自信を感じながらボトムからトップに上がり、再度波の下へ降りていきます。

アップスンダウンスを4回繰り返したところで、逃げるように波裏へプルアウト。 波を越えたあたりで、ボードが足から離れた感がなくはないですが、とりあえずは4級の課題をクリアです。

「波を数回上下して、プルアウトする」

この課題をクリアすべく、今まで練習を重ねてきましたが、数回の成功しかありませんでした。 前回成功したのがいつだったのかすら覚えていません。

「もしかしてツインスタビライザーのおかげ?」

そう考えながら沖へ戻ります。 そして数回のライディングのあとのことです。 再度、波を数回上下してプルアウトに成功したのです。 しかも今回は、波裏へ戻るときもきれいにきめました。

これはもうツインスタビライザーの性能と思って間違いないでしょう。 今まで、フィンを取り換えて違いなんか感じたことはありませんでしたが、あきらかに走りが違います。 

なんだか自然にトリミングみたいなこともやってたし、乗りやすくなっています。 ワンサイズ上のボードの余裕度を感じます。

「これで4級合格だ」

しめしめなのでした。




今日の逸品はこれ




他のサーファーブログはこちら







ウェットのほつれとイメージトレーニング



カーテンレールにぶらさげて干してあったウェットをみてびっくりしました。 股の部分がぱっくり口をあけています。



まあそういわれていみると、海に入ると、お尻のあたりに水の侵入がすごいと思っていたところでした。 ほかの部分を見ると、ひざの裏がぱっくり。



あらあら・・・ とりあえずウェットボンドでくっつけておきましょう。


しかし、1回入ったら元通り。 これはもうだめだ。 買おう。 なんてったって、サーフィンを始めて3年と1か月。 始めたときに買ったウェットです。 よくもった方でしょう。

ということで新しいウェットを買おうと物欲サーフィンをしてはみたのですが、よくよく考えれば、3ミリジャーフルを使うのはあと半月程度です。 新しいウェットを買うのだったら、次の3ミリジャーフルの出番である4月だか5月でいのではないでしょうか? いや、そうに違いない。

でもこのままであと半月使うのはきびしいので縫って直すことにしました。 



ぱっくりしたところにウェットボンドをすりこんで、そのまま針と糸で縫い合わせていきます。 よく見ると、けっこう口をあけていたので、はしから直していきます。 

あれ? ここまでやると、まだまだ使えそう?(笑)


話は変わります。 サーフィンを始めて2年間は、筋トレなんかもやったのもあるのですが、沖に流されたときに生還するための強制筋トレがきいているおかげで、パドルをするための筋肉はそこそこついています。 しかしもともと細い上に、海上でトレーニングできるほどボードの上に立ててはいないので、脚の筋肉はまったく変わっていません。

スクワットかぁ・・・

でもただスクワットするのはつまらないので、波に乗るイメージトレーニングをしながらのスクワットをすることにしました。 スクワットと言うか、アップスンのひざの伸び縮みを極端にやる感じです。

海で実際にボードの上に立つと、ひざがのびていてワイプアウトすることがままあります。 そんなことがないよう、ひざをしっかり曲げたボトムターンをイメージします。 

嫁がそれを見て笑っています。


そんなイメージトレーニングは、まだ脚の筋肉の発達に効果があるかはわかっていませんが、海でのライディングにはあきらかな効果を感じられました。 グーフィーでのライディング中に、きっちりひざを曲げ、上半身をねじって波を見ることができたのです。 

うんうん

これからもつづけていくぞ!



今日は素敵な夕暮れでしたね






他のサーファーブログはこちら







ゴーグル for 目が弱い人



カツオドリという鳥をご存知でしょうか? 海にダイブして、イワシとかを捕らえちゃう鳥です。 その鳥は、海へのダイブを繰り返すことによって、目の粘膜を痛め、最後には失明してしまうのだそうです。 この前、テレビでやってました。

それを見てぼくは愕然としたのです。 

「俺も失明するかも・・・」

前にも話したことがあるかと思うのですが、ぼくは海に2時間ほど入っていると、海からあがった2時間後ぐらいに視界が白くぼやけて、物が見づらくなってしまうのです。 正直字なんか読めません。

これは相当目に負担をかけている。 常々そう思っていたところにカツオドリ。 うわ まじかよ・・・ 


そんなカツオドリのことを知る以前に、やばい自覚はあったのでスイミングゴーグルを試したことがありました。 よく競泳選手が使っているようなやつです。 

全然だめでした(+_+)

視界が超不良でした。 沖に出て一回テイクオフして速攻はずし、二度と使うことはありませんでした。


その後は、いい対策を見つけられないまま過ごし、最近になりカツオドリのテレビを見た次第です。 これはやっぱりやばいということで、楽天を隅から隅まで探して見つけたのがこれです。



トライアスロン用のゴーグルだそうです。 イタリーのやつです。 視界良好と書いてあったので買ってみたのですが、まさに視界良好でした。 フレームはほとんど視界に入りません。 そして特筆すべきなのはその装着感。 やわらかなフレームが吸い付くように密着するので、普通のスイミングゴーグルのように、キュウキュウにしめる必要がありません。

なんてったって、ドルフィンスルーが快適です。 目をしっかり開いていけるし、海面に上がってからも顔をふく作業は必要ありません。 グラスの曇りも、いまのところほぼ無いと言っていいです。 ただしこの点は要経過観察ですがね。

今回これを購入しようと思ったきっかけが、以前紹介したサングラスを海でなくしてしまったからです。 バンドをゆるめにしていたときに、波を後ろからかぶってぬげてしまいました。 浮くはずだったんですが発見できず・・・ スノボーでも使っていたのでショックでしたねぇ


装着した見た目はこんな感じです。



ごらんのとおり、スイミングゴーグルとは違います。 むしろサングラスみたいでしょ? これからの紫外線がきつい季節に向けてのUV100%カットもうれしいところです。 とにかく目が弱いサーファーには必需品なのは間違いないのです。


今日の一品はこれ


他のサーファーブログはこちら







Newボード購入



プレセボタブレットはとっても気に入っているのですが、気になる点がふたつあります。 ひとつは、波が頭ぐらいまであがってくると、ドルフィンスルーが厳しいこと。 もうひとつは、波待ちでボードにまたがっているときに、体が出過ぎて恥ずかしい(全沈めで水面はへそのちょい上)ことです。

もう少しうすっぺらいボードって、どうなんだろう? おっさんはだまってタブレット乗ってればいいんだろうか? 

藤沢のムラスポで、プレセボのV3ロケットがをちょっと安くなっていました。 これいいなぁと見ていたら、店員さんが

「それはFCS2になる前のなんで安いです 中級者向けです」

と釘をさしてきました。 そっかぁ まあこんなの買う金ないけどなぁ・・・

そんなある日、発見してしまったのです。 ヤフオクで安いボードを。 ノーブランドですが、ぼくの1枚目のボードと同じショップから出ているので、悪くないものだとは想像がつきます。 終了間際に1発入札してそのまま落札。 1万円台でNewボードをゲットしました♪



Newボードのスペック
5'11
18 1/2
2 3/8

タブレットより1インチ長いですが、幅も厚みもずいぶん控え目です。 ロッカーは普通って感じですが、ボリューム感は皆無です。





フィンは普通にトリプルです。

早速浸水式とまいりましょう。

台風19号のうねりが、なんとなく入っていて、腰腹トロワイドのテラス前です。 デッキパッドをチープなものにしたのと、ちゃっちぃプラスチックのフィン、汚れのまったくないデッキのワックスと、今日がサーファーデビューですみたいな感じが丸出しなので、そそくさと海に入ります。

ボードに腹這いになってびっくり。 ボードからの反力がまるで感じられません(^_^;) お腹の下でゆらゆらうごめき出しそうです。 まじかぁと思いながらパドルして沖をめざします。 

ラインナップに合流、ボードにまたがります。 うぉぉ 沈むぞぉ 全沈めで乳首のちょい下です。 これはちょっとやり過ぎたか・・・? つかんだボードの幅の狭さに、まったく頼りにならないものに頼らざるを得ない不安感が湧いてきます。 しかし波待ちが安定します。 あこがれの、腕を組む波待ちも楽々です。 そんな気がしてたんだよなぁ 沈んでる方が安定するよなぁ。 試しにテール出し波待ちもやってみましたが、これはまだ慣れが必要のようです。

波がやって来ました。

厚めの小さめで、半信半疑なパドルでトライするもやっぱりだめ。 沖へ戻ろうとボードを立てて反転しようとしてまたびっくり。 言い過ぎてしまえばタブレットだったらボードにぶら下がる感じです。 それがこのボードだと、すこっと沈んでしまいます。 例えれば、階段を上がろうと踏み出したのに階段はなく、がくっとなる感じです。 不安がよぎります。

また波がやって来ました。

ダンパーっぽいですが、今日はどれもこんな感じ。 選ばずこれをいってみましょう。

と、トライした波をあっさりテイクオフ成功。 速い波にフェイスに戻ることは叶いませんでしたが、斜めにミドルライド。 なんだ全然問題ないじゃん!



2時間ほど乗ってみてわかったこと
テイクオフの早さは、当然タブレットに負けるのですが、それほど違いは感じられませんでした。 もっと波が小さい、例えばひざぐらいだと、まったく勝負にならないでしょうが、このボードはひざの時に使うつもりはないのでよいでしょう。

ボードの幅が狭いので、パドルで腕を深く入れ、がっぽりかくことができます。 これはすごいメリットに感じられます。

最大の利点は、ドルフィンスルーのしやすさです。 イルカになれます。 ボードを沈ませるのって、こんなに簡単だったんだってぐらい簡単に沈みます。 普段手をつくあたりを持っても沈みます。 沈ませるときのHPの減少は0.6程度です。 ちなみにタブレットは5です。

これだけ沈むと、沖からライディングしてくる人のじゃまにならないように潜るのも自由自在です。 


初乗りに満足して浜に上がってきて、ボードを見て少しブルーに。 もうフットマークが2〜3か所できていました。 だからポリって嫌なんだよなぁ・・・ 乗るたびに3こずつフットマークができたら、あっという間にぼこぼこだ(T_T) カラーリングとかしようとしていた気分がすっかりしぼんできました。

やっぱりボードはエポキシだね♪



こうして今夜も、次のボードはなにがいいかと、ネットの海へゲッティングアウトするのでした。


他のサーファーブログはこちら







| 1/2PAGES | >>