main
楽しいレジャーが、悲しいことにならないように・・・
離岸流(リップカレント)について、もう一度勉強するべきなのかもしれません 海上保安庁によるリガン竜のページ

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

波情報サイト

蝋人形とブーツ



例年になく寒い冬ですが、みなさま元気で海に通っておりますでしょうか。

湘南に移住してそろそろ4年になりますが、こちらにきてからは基本的には冬でもノーグローブ、ノーブーツで過ごしています。 理由は、「素足素手の方がカッコイイ」からです。 たんなるやせ我慢ではありますが、湘南はそれほど水が冷たくならないのでなんとかやれています。

ただし、海から上がったとたんに話は変わります。 足首に吹きつける風は、針がささってくるかのような痛みです。 氷のように冷たい砂浜を歩き、短いゴム靴を置いてあるところまでたどりつくと、一度なみうちぎわに戻り、足の砂を落として靴をはきます。 

自転車で家へ帰りつくまで、靴の中の水と落としきれなかった砂は、アイスシャーベットのようにじゃりじゃりとしてげんなりしてきます。




他のサーファーブログはこちら







2018初乗り


2018年になったのに、海に入れない日々が続いていました。 波がないというのが最大の理由ではありますが、数少ないチャンスを正月の呑みすぎでつぶしてしまったのが悔やまれるところです。

そんな折、強い南風で、クローズアウトの日が続いていました。 これが北風に変われば… 期待をこめて仕事の調整を行い、北風に変わった日に午後の半休化に成功。 急いで家へ帰ります。

家に着いたのはすでに3時半。 波情報を見ると「ミドルからの割れづらいもも腰」となっています。 勢いこんで帰ってきたものの、残念な波。 しかしここで行っておかないと、次いつ行けるかわかりません。 ファンボで遊んできましょう。



他のサーファーブログはこちら







サーフィンらしきことをやってる2年目のこと



サーフィンを始めて1年がたち痛感していたのが、波に乗る回数を増やしたいということでした。 どうすれば波に乗る回数を増やすことができるのか? ぼくが出した答えは長く浮力のあるボードを手に入れることでした。

そして手に入れたのがBILL JHONSONSでした。 このボードのスペックは6'5×19 3/4×2 15/16です。 この長く厚い板は、想定通りの働きをしてくれました。 まちがいなく波に乗る回数を増やしてくれて、ぼくの成長を助けてくれたのです。

ただ、あまりの浮力の大きさに、ドルフィンがことのほか苦手で、結局手放すことになったのですが、サーフィンを始めてすぐに、このようなボードで経験を増やすことは間違いではなかったと思っています。


2年目には生活の上でも大きな変化がありました。 湘南は鵠沼に引っ越したことです。 休みの度に海へ通う生活は、家でのことがほとんどできませんでした。 海が近ければ、他のことにも時間が当てられる。 それが大きな理由でした。

問題もあります。 会社は東京にあるので、通勤が大変になることです。 慣れない電車通勤。 不安もありましたが、結果的には移住は成功でした。

当然海はすぐそばなので、入る回数が増えます。 春夏なら出社前に入れますし、なんなら会社から帰ってきても入れます。 それ以上に大きいのが、休みがサーフィンだけにならなくなったことです。

朝起きて2時間海に入って、帰ってきてもまだ10時。 日常にあっさり戻れます。 やらなければいけないことを片づけて、また夕方海に入れたりもします。 海が日常になるのです。

波がなかったら浜にいすを置いて海を眺めながらビールをのむ。 ただ湘南は波が無さすぎて、ビールばっかりになってしまうのですけどね(笑)

そんな中、波のあまりのなさにミニロングを買いました。 でも自分にはあまり合わなかったので半年ほどで手放してしまいましたが。



まだサーフィンを始める、ずっとずっと前のことです。 会社の同僚が言いました。

「サーフィンは人生を変えるって言われてるよ」

そのときぼくは、「なにを大げさな」 そう思っていました。 でもぼくはサーフィンのために引っ越しをしました。 これこそまさに人生を変えているではありませんか。 


そう サーフィンは人生を変えるのです



そんな2年目でした。 

他のサーファーブログはこちら







クリスマスに海でつかまえた



クリスマスの朝。

前日の日曜日に出勤したので今日は代休です。 波浪情報サイトだと高波になると思われていたのに、波情報サイトによると、「割れづらい腰腹」

平日の大波を満喫しようと思っていたのに残念です。 仕方なくファンボを持って海へ向かいます。

湘洋中歩道橋に上がって海をみてびっくり。 でかい! しかも沖からバンバン割れているではありませんか。 まいったなぁ こりゃあファンボじゃ沖に出られないかもなぁ

すぐさま引き返して、ボードを替えてこようかと思ってのですが、せっかくだからちょっとだけでもやってみましょう。 歩道橋を降りて海へ向かいます。

他のサーファーブログはこちら







サーフィンらしきことを始めた1年目のこと


ドルフィンを繰り返すと頭がツーンと痛くなる季節になってきましたが、みなさま変わりなく波乗りを楽しんでいらっしゃいますか?

46歳から始めたサーフィンも、今年の10月で5年がたちました。 おっさんながらも続けてこれたのは、サーフィンの素晴らしさとぼくの向上心のおかげですが、このブログがここまで続けられたのは、ひとえにみなさま方の応援や、時にはきびしいお言葉のおかげだと感じております。 まことにありがとうございます。

今回から数回で、この5年を振り返ってみたいと思います。


他のサーファーブログはこちら

続きを読む >>






| 1/41PAGES | >>